2020年01月04日

1月4日(土)#njwk14・新日本プロレス@東京ドーム/前半戦~WRESTLE KINGDOM 14 in 東京ドーム


◎第1ダークマッチ◎
~スターダム提供試合~
岩谷麻優
星輝ありさ
vs
木村花
ジュリア
▼花はTCSのメンバーと共に入場。岩谷&星輝がベルトを腰に巻いて入場。

花がジュリアを突き飛ばし、岩谷と花でゴング。
岩谷がリストロック。花が取り返して岩谷の腕をロープにからめて絞る。セクシーにロープをまたいでリングに戻る。
岩谷が時間差ロープワークからヘッドシザースホイップ。場外の花にトペのフェイント。
花がまたセクシーにロープをまたいでリングへ。その背中にジュリアがタッチし「チェンジ~!」と叫ぶ。そして「星輝来いよ」と手招き。
星輝が出てきてジュリアとの攻防。ハイキックをジュリアがかわし、フロントキックで吹っ飛ばす。
星輝が起き上がってミドルキックで倒すが、その背中にジュリアがフロントキック。ジュリアがヘアホイップ。
コーナーで顔面を踏みつけ、コーナーの花に一方的にタッチして「行ってこい!」
花が星輝にボディースラム。踏みつけフォールはカウント2。
ロープにからめて顔を踏みつけジュリアを手招き。ジュリアも一緒に顔を踏む。
タッチを受けたジュリアに星輝がカウンターのトラースキック。さらにカウンターの跳びヒザ蹴り。

5分経過
代わった岩谷が入ってくると花も入ってきてジュリアとのダブル攻撃狙い。
これを回避した岩谷がまとめてアームホイップ。2人にドロップキック。ジュリアの串刺し攻撃をかわし、てのキックをジュリアがかわし、STF。これは星輝がカット
代わった花が岩谷にブレーンバスターを狙うと、岩谷がフロントネックロックで切り返す。
そのまま花が起き上がってブレーンバスター。フォールはカウント2。花がコーナーへ。ミサイルキックで岩谷が吹っ飛び会場が沸く。
そこからパッケージドライバーへとつなぐタイガーリリーは岩谷が脱するが、花が卍固め。
ジュリアは星輝を蜘蛛の巣(変形卍固め)で捕獲。岩谷がロープ。
花とジュリアが岩谷に連続串刺し攻撃を狙うが、花のフロントキックがジュリアに誤爆。
岩谷の花へのジャーマンはカウント2。ドラゴン・スープレックスは花が回避。
ジュリアのミサイルキックが花に誤爆し、星輝がジュリアにオスカッター。花にはブラジリアンキック。
続いて岩谷が花にドラゴン・スープレックス。ホールドせずにコーナーへ。ムーンサルト・プレスで3カウント



〇岩谷麻優
(9分4秒 ムーンサルトプレス)
×木村花






………………………………………………………………………

◎第2ダークマッチ◎
真壁刀義
本間朋晃
辻陽太
上村優也
vs
トーア・ヘナーレ
カール・フレドリックス
クラーク・コナーズ
アレックス・コグリン
▼コナーズと上村の先発。上村がヘッドロックからタックルで倒すと、コナーズも直ぐに起き上がりヘッドロック
そこへコグリンが入り逆水平チョップを連発。上村も対抗していくがコグリンはフライングメイヤーからストンピング
替わったフレドリックスもエルボースマッシュ連発。そして走るが上村がカウンターのドロップキック
登場した真壁は連続タックルで相手を排除。フレドリックスをコーナー際に詰めたがコグリンがカットへ
だが真壁はコグリンを殴りノーザンライトスープレックス。だがコグリンもドロップキック

5分経過
替わった辻はドロップキックでヘナーレにダメージを与えると、真壁の串刺しラリアット→辻のボディスラム→本間が小こけし
ヘナーレも辻にエルボー連打から抱え上げたが、辻は着地して逆エビ固めへ
そこへコグリンが逆水平チョップでカット。ロープに走るが辻がカウンターのスピア
替わったヘナーレが辻に強烈なラリアット!返されてもTOAボトムで叩きつけ3カウント



〇トーア・ヘナーレ
(7分36秒 TOAボトム)
×辻陽太






………………………………………………………………………

◎第3ダークマッチ◎
天山広吉
小島聡
vs
永田裕志
中西学
▼テンコジの奇襲でゴング。しかし中西がすぐに2人を捕まえまとめてぶん投げる
それでも小島がタックルを決めれば、天山も永田にタックル→マウンテンボム!しかし永田もすぐにエクスプロイダーで投げ飛ばす
替わった小島が中西に串刺しマシンガン逆水平チョップからイッちゃうぞエルボーを狙うも中西は阻止
野人ステップからのラリアットを決めた中西はアルゼンチンバックブリーカー

5分経過
着地した小島が中西にタックル。中西もチョークスラムを狙うが、振りほどいた小島がラリアットをぶちかまし3カウント



〇小島聡
(5分47秒 ウェスタン・ラリアット)
×中西学






………………………………………………………………………

【第1試合】
◎獣神サンダー・ライガー引退試合Ⅰ◎
※特別レフェリー=保永昇男
獣神サンダー・ライガー
藤波辰爾
ザ・グレート・サスケ
タイガーマスク
withエル・サムライ
vs
佐野直喜
大谷晋二郎
高岩竜一
田口隆祐
with小林邦昭
▼小林邦昭が最初に入場。続いて田口隆祐。高岩→大谷が当時の入場曲で入場→佐野は本名名義。
さらにサムライが入場。タイガーはライガーとのハーフマスク。サスケもライガーとのハーフマスク、軽く拝むポーズを見せたがバラモン兄弟は居らず。
藤波辰爾に続きライガーが最後に入場


★ライガーと佐野の先発。ライガーがロメロスペシャルを決めれば、佐野はライガーを場外に出すとトペ・スイシーダ!
大谷が登場するや会場を煽り顔面ウォッシュ。セコンドのサムライ、さらにサスケにも同時に見舞う
ライガーも掌底を決めるが、耐える大谷に対して連発でダウンを奪う
高岩はタイガーにデスバレーで叩きつけ、佐野もストンピング!
大谷もエルボースマッシュ、高岩は串刺しラリアット→ダイビングエルボー
“2番目に若手 ”のタイガーもカウンターで捕まえタイガードライバー
替わった藤波はドラゴンスクリューを連発して排除するや、高岩にはドラゴンスリーパー。
佐野にカットされるが、サスケはラムジャムを狙うも恒例の自爆
それでも佐野を倒したサスケがコーナーに上がるも、佐野が雪崩式ブレーンバスター
替わったライガーは田口に掌底から雪崩式フランケンシュタイナー
分断され田口がライガーにヒップアタック。しかしライガーはサムソンクラッチ
返したライガーに再びヒップアタック→ジャンピングハイキック
滾ってケツイェはカウント2だったが、どどんを炸裂させ3カウント



〇田口隆祐
(8分52秒 どどん)
×獣神サンダー・ライガー



試合後、ライガーは田口を称える
ライガーの憧れだった藤波がライガーを称え退場していった







………………………………………………………………………

【第2試合】
◎スペシャル8人タッグマッチ◎
SANADA
EVIL
鷹木信悟
BUSHI
vs
ザック・セイバーJr
鈴木みのる
タイチ
エル・デスペラード
▼鈴木軍の奇襲で始まったが、EVILが鈴木にブロンコバスターを決め場外に追いやる
だが鈴木は鉄柵にEVILをぶつけ逆転すると、リングに戻してもスリーパー
ゴッチ式狙いは堪えたが、替わったデスぺがキャメルクラッチ。タイチもアシストして攻撃
EVILもブレーンバスターで投げて打開。替わった鷹木がデスぺ→タイチに交互に串刺しラリアット
タイチにバックエルボーを決めたが、タイチは鷹木の突進を回避して自爆させる
ショートタイツになったが鷹木がパンピングボンバー。2発目はタイチもアックスボンバーを合わせ相討ち、続けざまにタイチがジャンピングハイキックで両者ダウン

5分経過
替わったSANADAがザックにパラダイスロックを決めるが、外したザックは卍固め
エスケープしたSANADAはローリングクラッチにいくもザックも丸め込みにいく
BUSHIがコードブレイカーを決めるも、ライトニングスパイラル狙いはザックが切り返す
BUSHIもバックスライドにいくが、読んだザックが変形ジム・ブレイクスアームバーで締めあげギブアップ勝ち



〇ザック・セイバーJr
(8分39秒 変形ジム・ブレイクスアームバー)
×BUSHI






………………………………………………………………………

【第3試合】
◎スペシャル8人タッグマッチ◎
後藤洋央紀
石井智宏
矢野通
YOSHI-HASHI
vs
KENTA
バッドラック・ファレ
高橋裕二郎
チェーズ・オーエンズ
▼矢野がファレの恐怖に怯えながらも、いつものようにコーナーマット外しに専念。
だがYOSHI-HASHIらが勢いに乗ろうとしたがファレが強烈なタックルでまとめてBULLET CLUBを吹っ飛ばす
裕二郎のアシストからファレがボディスラムで叩きつける
それでもCHAOSが上手く裕二郎の動きを止めると、石井がパワースラム。だがファレに吹っ飛ばされる

5分経過
翌日のNEVER無差別級のタイトルマッチを控えたKENTAと後藤がやり合う
ファレが介入して後藤に串刺しベイダーアタック!裕二郎がフォールするがカウント2
石井がファレをブレーンバスターでぶん投げると、後藤&石井が裕二郎を捕まえサンドイッチラリアット
後藤が続けて牛殺し→GTRで3カウント



〇後藤洋央紀
(8分17秒 GTR)
×高橋裕二郎






………………………………………………………………………

【第4試合】
◎IWGPタッグ選手権試合◎
<王者組>
タマ・トンガ
タンガ・ロア
vs
ジュース・ロビンソン
デビッド・フィンレー
<挑戦者組>
▼G.O.Dの奇襲でスタート。花道上で攻防しているところでゴング
リングに戻り一進一退の攻防を展開。フィンレーが勢いに乗るがコーナーに上がったのをロアが阻止。アバランシュホールドで叩きつける
タマのブレーンバスターが決まると、ロアはロープ越えのセントーンアトミコを見舞う

5分経過
ロアはさらに串刺しラリアットを決めたが、フィンレーはカウンターでスピア
替わったジュースはラリアットで倒すと、コーナーに詰めて串刺しラリアット→キャノンボール。『モーイッカイ!』と叫び2連発
ロアも延髄斬り連発で打開すると、タマの串刺しボディアタック
ロアも続くが、ジュースはカウンターのスピンキック連発
場外に追いやったロアにフィンレーがプランチャ。リングに戻りジュースとの連携を決めたがタマがカット
G.O.Dが合体トンガツイストをフィンレーに炸裂させると、マジックキラーでダウンさせる
ジュースにもマジックキラーでノックアウトさせると、フィンレーにスーパーパワーボムを狙う
フィンレーは雪崩式フランケンシュタイナーで逆転するが、邪道の竹刀を浴び丸め込まれたがカウント2
復活したジュースがアシストしてフィンレーがPrima Nocta!
ジュースがロアにアメリカンナックル→パルプフリクション。そしてフィンレーがACID DROPを炸裂させ3カウント



〇デビッド・フィンレー
(13分40秒 ACID DROP)
×タンガ・ロア




プロレスランキングへ

スポーツランキングへ

robeshisyo at 18:30│Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by ニャー   2020年01月04日 20:02
高橋裕二郎…(´;ω;`)ウッ…
2. Posted by あ   2020年01月04日 23:26
さよなライガー(後1日)

コメントする

名前
 
  絵文字