2020年02月02日

2月2日(日)#DRAGONGATE@福岡/アクロス福岡/夜~TRUTH GATE 2020


【第0試合】
問題龍
マーティン・カービー
vs
ホーホー・ルン
マイケル・スー
▼マーティンがスーの腕を取る。問題龍はタッチと同時にルンに一撃。ロープに走るとスーがカット。ルン&スーでダブルドロップキック。ルンがフェイスカット。
スーの攻撃をかわした問題龍がモンネル。マーティンはルンにネックブリーカーから串刺し攻撃。
スーも呼び込み、ルンを使って急所攻撃。問題龍と共に連続串刺しから問題龍がロープギロチン、マーティンがフィッシャーマンズスープレックス。
串刺しをかわしたルンがミサイル。香港コンビが連続串刺しからダブルブレーンバスター。
問題龍とスーがエルボー合戦。スーがカウンターで延髄斬り。問題龍もカウンターで世界のランニングネックブリーカードロップキック。
スーがカウンターでのトラースキックから抱え上げるも、問題龍が切り返しての丸め込みで3カウント



〇問題龍
(4分48秒 横入り式エビ固め)
×マイケル・スー





………………………………………………………………………

【第1試合】
◎闘龍門 vs DRAGONGATE◎
《闘龍門》
ドン・フジイ
斎藤了
vs
パンチ富永
ドラゴン・ダイヤ
《DRAGONGATE》
▼ダイヤがヘッドロックから斎了とタックル合戦。ダイヤはアームホイップからドロップキック。
フジイがリングインし、斎了に耳打ち。パンチも登場。ロックアップからフジイが逆水平。
これをよけたパンチだったが、フジイはチョップから場外に出される。フジイが追いかけるも、パンチはリング下に隠れて逃げる。
だが、場外からフジイがパンチを倒し、鉄柱を使って急所攻撃。お客さんにも手伝ってもらう。
チョップ合戦では優勢だったパンチだが、フジイは張り手一発でダウンを奪う。
斎了もナックル、顔面踏みつけ歩行からエルボードロップ

5分経過
フジイがパイルドライバー。斎了がダイビングフットスタンプ、ブレーンバスター。
フジイは急所キック。パンチはフジイにPTキック。斎了のフロントスープレックスも食らうが、こちらにもPTキックを決めて逆転。
ダイヤは斎了にダイビングヒップドロップ。フジイにはスペースローリングエルボー。
ダイヤはラリアットも食らうが、パンチのPTロケットからその場ムーンサルト。
斎了はパンチを倒し、サイクリングヤッホーを叫ぶ。実際には決めさせなかったパンチがコーナーからPTロケット。
フォールに入るとフジイのカットが誤爆し、ラリアットも誤爆。3発目は決める事に成功し、斎了もスパインバスターで続く。
ダブルクロスをかわしたパンチがPTキックも、斎了はカウンターでキャッチして投げ捨てジャーマン。最後はダブルクロスで3カウント



〇斎藤了
(10分58秒 ダブルクロス)
×パンチ富永





………………………………………………………………………

【第2試合】
Ben-K
ジェイソン・リー
vs
望月成晃
Gamma
▼Ben-KとGammaがお互いに筋肉自慢。タックル合戦はBen-Kに軍配。望月とジェイソンは蹴り合い。望月の水面蹴りはジェイソンがかわす。
握手と見せかけて攻撃した望月だが、ジェイソンはカウンターのドロップキックで迎撃。
Ben-Kはベアハッグ。望月はフロントスリーパーに切りかえるが、Ben-Kは自軍のコーナーに戻す。
ジェイソンはコーナーからの攻撃を狙うが、望月はミドルで迎撃。
望月、Gammaと連続で竹刀攻撃。Gammaはツバ攻撃。ロープにまたがせてロープを揺らし、望月は汚水攻撃と見せかけて「飲んじゃった」。
Gammaはツバ攻撃。望月はローキック、逆片エビ固め。ジェイソンはGammaへのフェイントキックで逆転し、Ben-Kが登場。
望月のカカト落としやフロントハイキックを耐えるが、ランニングミドルでダウン。
それでもブレーンバスターを逆に決め、ジェイソンがフェイントでのカンフーナックル、ダイヤモンドカッター。
Gammaのツバ攻撃はかわすが、そのままDDTを食らう。Ben-Kは望月に俵返し。望月は耐えて逆に放つ
Gammaが串刺し2連発。望月も串刺しフロントハイキック。
Gammaはアックスボンバー。ジェイソンがGammaにバズソーキック。望月のアシストからGammaがフィニッシュを狙うが、逆にBen-Kがスピアを決めて3カウント



〇Ben-K
(11分14秒 スピア)
×Gamma






………………………………………………………………………

【第3試合】
◎闘龍門 vs R・E・D◎
《闘龍門》
ウルティモ・ドラゴン
ドラゴン・キッド
堀口元気
vs
石田凱士
ディアマンテ
KAZMA SAKAMOTO
《R・E・D》
▼R・E・Dが奇襲を仕掛け、R・E・Dが場外で大暴れ。リングに戻り、キッドと石田がエルボー合戦。
石田が優勢もキッドはコルバタからトペフェイント。ディアマンテはウルティモを挑発。リングインしたウルティモはディアマンテを翻弄。
堀口は石田の腕を絞るがKAZMAがカットに入って髪の毛を掴む。すると堀口も掴み返す。
そのままキッドが手刀を落とし、ニー&ニーも決める。
堀口はスイングDDT。フェースロックを決めると、ディアマンテがカットに入ってボディースラム、串刺しエルボー。
KAZMAは更に髪の毛攻撃。ディアマンテは風車式バックブリーカー。反時計回りでも決める
石田が串刺しを狙うと堀口はかわすが、スイングDDTは読まれる。だがニールキックを放ってウルティモとタッチ

10分経過
ウルティモはKAZMAとディアマンテをまとめて投げ飛ばす。
石田のキックを耐えたウルティモはドラゴンスクリュー、ジャベ。
キッドはKAZMAにクリスト、スタナー。619をかわしたKAZMAは顔面への膝蹴りからディアマンテと同時キック。
石田はキッドに雪崩式狙いも、堀口がカット。キッドがスーパーフランケン。ウルティモはロー、ミドル、ソバット。堀口は垂直落下。
KAZMAはキッド、堀口に掌底2連発。ディアマンテ、KAZMAの連続串刺しからディアマンテはリフトアップスラム。
石田がタイガースープレックス狙い。逆さを切り抜けた石田が前からのローからアンクルホールド
脱出した堀口がバックスライド。石田はレッグラリアット。さらにキックを狙うが、かわした堀口が再びバックスライドを決めて3カウント



〇堀口元気
(15分16秒 バックスライド・フロム・ヘブン)
×石田凱士




堀口『H.A.G.Eに逆さの神が舞い降りたぞ! 堀口元気、絶好調。本日、昼夜2連勝でございます。
しかもその1勝はブレイブゲートチャンピオン石田凱士からだ。
おい石田、今までな、歴代のブレイブゲートチャンピオンな、お前みたいなな、卑怯な奴はいねえんだ。
確かそのベルトは享から取ったもんだな。闘龍門世代の借りは俺がキッチリカタつけてやるよ。
おい石田、そのベルトに俺を挑戦させろ!』



石田『おいお前よ、今日たまたま2連勝したからって調子こいたこと言ってんちゃうぞ。
お前みたいな賞味期限切れのおっさんレスラーにタイトルマッチで負けると思ってるのか?
今の会場の空気見たらわかるやろ。誰もお前らみたいなおっさん世代が挑戦するところなんか見たくないんじゃ。
でもちょうどいいわ。お前みたいな奴、俺のこのブレイブの防衛回数を重ねる相手にもってこいや。お前の挑戦受けたるわ。
その代わりなタイトルマッチ本番覚えとけよ。今日以上にいつも以上にボッコボコのギッタギタにしてやるから覚悟しとけ』



堀口『挑戦表明した時点で覚悟はできてるんだ。お前に勝ってそのベルトを巻いてみんなに夢を見させてやるよ。
場所は2月末の大阪チャンピオンゲートだ。覚悟しとけよ。
福岡のみなさん、ボクは21年前に熊本からメキシコに行きました。
ウルティモ・ドラゴン校長がいたからレスラーになれました。
21年経った今、九州のみなさん、そして校長に恩返ししたいと思います。
次帰ってくる時はあの白いベルトを巻いて帰ってきますのでみなさん応援宜しくお願いします!』






………………………………………………………………………

【セミファイナル】
◎DRAGONGATE vs R・E・D◎
《DRAGONGATE》
ヨースケ♡サンタマリア
奥田啓介
vs
吉田隆司
H・Y・O
《R・E・D》
▼奥田とH・Y・Oが互角の展開。荒れ狂う吉田はマリアを引っ張り出す。
マリアのチョップ連打やタックルにもビクともしない。
ラリアットも耐えるとその腕にチョップを振り下ろし、「オカマ野郎!」とタックル、噛みつき
だが、マリアはH・Y・Oを捕まえ、奥田はローキック、クロスフェイスロック。
マリアはH・Y・Oにストンピングを決めただけでなく、吉田やセコンドにも攻撃。
奥田登場で合体キック。串刺しを狙うが、吉田がカットし、チョーク攻撃、場外乱闘。
リングに戻り吉田がマリアの顔面こすり。H・Y・Oは腕を痛めつける

10分経過
マリアはH・Y・Oのエルボーに前のめり。エルボーも逆に放ち、カウンターでドロップキック
奥田が登場。パンチ連打。吉田のプレスを誤爆させ、吉田を踏み台にH・Y・Oに串刺しニー。吉田には串刺しドロップキック。
吉田を肩に担ごうとするが、耐えた吉田がパイナップルボンバー、投げっぱなしジャーマン。
奥田はパワーボム狙いをスリーパーで切り返す。H・Y・Oがカット。
マリアとH・Y・Oがチョップ合戦。H・Y・Oが頭を掴んでマットに叩きつけるが、串刺しをかわしたマリアはミサイル。
奥田、マリアの連続串刺しから奥田の連続キック、マリアのスカイラブが次々と決まる。
吉田はロープに振られながらも合体攻撃を回避し、地獄突きを連発した上でまとめてブレーンバスター、パイナップルボンバー。
マリアに串刺しパイナップルボンバーから地獄突き3連発、地獄突き。

15分経過
H・Y・Oが吉田のホイップでセントーン。吉田もセントーンからパイナップルボンバー。カウント2
H・Y・Oにはキスから丸め込みもカウント2。再びキスと見せかけて張り手、狙い撃ちで3カウント



〇ヨースケ・サンタマリア
(16分2秒 狙い撃ち)
×H・Y・O



マリア『これでわかっただろ。トライアングルゲートチャンピオンになるのは私と奥田啓介、ストロングマシーン・JのDRAGONGATE世代。
闘龍門もいるけど、知らねえ。お前らぶっ潰してやるよ。
今年のマリアはちげーんだよ。絶対にトライアングルゲートチャンピオンになるから覚悟しとけ(と再びR・E・Dに襲いかかる)』






………………………………………………………………………

【メインイベント】
◎3軍対抗6人タッグ3WAYマッチ◎
《DRAGONGATE》
YAMATO
Kzy
KAI
vs
土井成樹
吉野正人
横須賀ススム
《闘龍門》
vs
Eita
BxBハルク
ビッグR清水
《R・E・D》
▼吉野とYAMATOがいがみ合いながらEitaへの連係を狙うが、Eitaが回避し、同士討ちさせる。
ここでYAMATO対吉野の構図とり、お互いにやり合う。
KAIはハルクにタックル。ススムはKAIにエクスプロイダー。土井、Kzy、清水の戦況で清水が「2人でやったらええ」と高みの見物を決め込む。
土井も「下がっとけ。2人でやったる」。清水がエプロンに出て2人が組み合うと見せかけて2人で攻撃を見舞い、土井とKzyが一進一退の攻防。
Kzyがロープに走ると場外から清水が足を引っ張り、場外乱闘へ。
3軍が入り乱れる。カウント19で土井、Kzy、Eitaがギリギリのリングイン。Eitaに対して闘龍門チームがコーナーから腕に攻撃。
土井吉が合体プレーを決めると、YAMATOがすぐにフォール。Eita&清水がススムに股裂き。ススムは清水を捕らえ、DRAGONGATEチームのコーナーに投げつける。
Kzyを除くDRAGONGATEチームが踏みつけにすると土井吉らも加勢。
KzyのシルバーブレッドからYAMATOがトップロープに飛び乗ってのストンピングを浴びせると今度は土井がフォール。
清水がKzyを自軍のコーナーに連れ込むと、今度はR・E・D全員で踏みつけ。

10分経過
ハルクはKzyに攻撃すると見せかけてコーナーのKAIに一撃。EitaはKzyに指折りから金具剥き出しのコーナーにホイップ
吉野を挑発しながらR・E・D全員でコーナーからKzyの腕に攻撃。
だがススムにロープを揺らされて清水は落下。KzyはEitaにエルボースマッシュ。
KAIはハルクにハイキック。吉野、土井にもタックル。ススムにはドロップキック。YAMATOが登場。ススムとエルボー合戦
YAMATOがエクスプロイダー。何度もブレーンバスターにトライするYAMATOだが、ススムが逆に投げる。
土井はEita&清水の誤爆を誘い、土井吉で合体フェースバスター。ハルクにはYAMATOが串刺しドロップキック。
ナルシストポーズはススムがカット。串刺しをかわし、Kzyがショットガン。DRAGONGATE世代が連続串刺し。
YAMATO&KAIでサンドイッチジャンピングキックからKAIが垂直落下
KzyはKZ time狙いも土井がカット。ススムは雪崩式エクスプロイダー。土井吉の串刺しから吉野がミサイルセントーン
YAMATOと吉野のチョップ合戦からススムがYAMATOにジャンボ
Eitaはススムの顔面に水噴射。Eita&ハルクにKAIがまとめてラリアット。Kzyはスカイデを狙うが、土井が切り返してバカタレ。
DOI555をかわしたKzyがスカイデを狙うが、これを更に切り返した土井が3カウント


〇土井成樹
(スカイデ・スクールボーイを切り返す )
×Kzy


20分経過
ススムはR・E・Dの3人に連続ジャンボ。吉野はEitaに照準もロープワークを邪魔され、R・E・Dが串刺しトレイン。
清水はライガーボム。土井&ススムにショルダーアタック。
清水のパワーボム、砲丸投げスラムを切り返す吉野。Eitaがロープワークをカットし、パウダー攻撃も、清水に誤爆。吉野がトルベジーノ十字固めで3カウント。



〇吉野正人
(22分4秒 トルベジーノ十字固め)
×ビッグR清水



土井『メインイベント3WAY戦は俺達闘龍門世代の完全勝利や。最後は吉野が決めてくれたぞ。
おいKzy、まずはお前やな。昼間お前から1本取られたけど取り返したぞ。これでチャラや。昼間の事は無かった事になってるからな
2月7日まであと5日や。俺達はな、この3軍抗争もドリームゲートもお前に譲る気は無いからな。
タイトルマッチ当日は覚悟してかかってこいうや。吉野、言うたってくれや』



吉野『DRAGONGATE世代のYAMATO、この3軍抗争はお前が言い出した事やぞ。
そのお前らがイチ抜けってどういう事や?
開幕して1ヶ月経ってないうちにもう失速してるのか? R・E・Dもそうや。この3軍抗争、メインで勝ったのは今年引退する俺やぞ。
お前らそんなんで大丈夫なんか?』



Eita『おい吉野、吉野、引退する吉野、お前のマイクなんて誰も聞きたくねえんだよ。
そうだろ。中途半端だな、お前らは。さっさと帰れ。吉野もそうだ。このリングに必要ねえんだよ。
この場で引退してくれ。それからYAMATO、KAI、お前ら昼なんて言ってた?どんな手を使ってでもこの3WAY勝つって言ったよな。
なのにお前らイチ抜けして情けねえな。まあ情けねえのは清水、お前もだよ。
こんなボロボロの吉野に負けて悔しくないんか。悔しいだろ。しっかりしてくれよ。
ちゃんとしてくれ。わかったか(分かったフリして睨む)』



YAMATO『Eita、よく聞いとけ。3軍抗争は始まったばかり。
後楽園での3WAYでも当たるな。
吉野、お前がそこまで言うんだったら2月7日後楽園ホールがお前の引退試合にしたっていいんだぞ。
遠慮はしねえからな。お前がそこまで言うなら遠慮しねえからな。
博多のお前らも吉野の引退試合が見たいんだったら東京まで来い!』




プロレスランキングへ

スポーツランキングへ

robeshisyo at 20:50│Comments(10)

この記事へのコメント

1. Posted by 山田   2020年02月02日 21:53
清水追放のふせんかな?
2. Posted by 影   2020年02月02日 22:15
2 確かに最近、清水-エイタの誤爆多いわ笑い
3. Posted by ヒロスケ   2020年02月03日 00:21
清水が追放と見せかけてEita追放のほうが面白いかも。
4. Posted by 戸澤帰って来んかな   2020年02月03日 00:58
戸澤帰ってこんかな
5. Posted by 山田   2020年02月03日 07:12
>>3
それも面白いですね😊
三軍抗争は案としてはかなり面白いと思うので、それをどう活かすのか・・・
6. Posted by 紫園   2020年02月03日 12:35
清水はかなり痛い負けだなー、コレ。
だいぶEitaキレてるし。
てか、今清水何連敗してるんだこれ(゚д゚lll)
そしてココ最近で何回直でピンフォール取られた!?
7. Posted by 来ない   2020年02月03日 16:31
>>4
戸澤を引きずりすぎ、未練たらったらだな笑
8. Posted by あ   2020年02月04日 03:35
清水はマツコデラックスなるから髪伸ばしてるのか?
9. Posted by     2020年02月04日 07:39
文章で見ても石田もマイクはしっかりしてるし、文章で見てもEitaのマイクは微妙
10. Posted by     2020年02月09日 21:41
>>9
maximum時代に土井ちゃんの下で勉強したんですかね?石田&山村なら土井吉、ひいてはクネスカを越えられるかも?って思ってたんで、石田には立ち位置が変わっても期待してます。

コメントする

名前
 
  絵文字