う〜たんぺ

「考えさせられる」で終わらずに、「考えて動く」ための掃き溜め。 大阪左遷からのシベリア送り。 社畜バンザイ 出過ぎた杭は打たれない(引っこ抜かれる)

境界を超えて。

どうも、ロビンソンです。

更新が滞っていて、珍しく私生活もバタバタしています。
本格更新をどこかでしたいけど。。。。


都市を取ると、できることが増える。
小さいころに行けるところなんて縛りプレイみたいなもので、
財力とか信用力の限界からできないことが多い。


そんな話がありますが、
そんなことを意識したことがない幼少時代でした。

実際は、田舎ということもあり、
やろうとしてもできないことが山ほどあったでしょう。

境遇の不遇さに気づかないデメリットと
自身の限界に気づかないメリットとどちらが良いか。

そんなこんなで、地方は残酷だと思うのでした。
頭が働かないー

嗚呼To Do list

どうも、錆びついた放置ブログの更新です、ロビンソンです。

社会人になって、久々に6連休が手に入りそうなので、
どこへ行こうか迷ってます。(9月最初の3連休に休み追加)

伊豆大島とか、長野きのこ狩り遠征とか、
ちょこちょこ予定は入っているのですが、まとまった休みが久々なので、
どこへ行こうかと。。。。
アイディアが多すぎて困りますねー


.泪瀬スカルへ飛ぶ
▲愁灰肇蘚腓愴瑤
セブ島へ飛ぶ
ぅ肇ラ列島行く
ト丈島あたりでダラダラ
Σ縄でえっさほいさ
与那国島あたりにとぶ
┻伊半島ぶらり旅(ダイビングと漁港めぐり)
東北レンタカーで周遊(恐山と水族館めぐり)
北海道西側ダラダラ
パラオ再渡航
ニューカレドニア行く
グレートバリアリーフへ行く
インドネシア島巡り

うーん、いろいろとアイディアがありすぎて迷います。

│ア→→→い阿蕕い陵ダ菘戮覆鵑任垢、
さてさてどうしたものか。
明日から、航空券探しでもがんばりますかね。


(そうです、この記事を見ているあなたが便乗してくるのを、待ち望んでいるのです)


さてさて、引っ越しの雑務が片付かないですが、
諦めて不貞寝しましょう。
引っ越しの荷物まとめは日付が変わってからが本番です。(引っ越しは来週日曜日)

ではでは。


ああ数千里

どうも、記事の下書きをなんど消したことか、ロビンソンです。


更新頻度をあげるべきなんでしょうけど、投稿ページを開いて・消しての繰り返しの3ヶ月でした。



NEWS 
帰国しました。やっぱり牛丼が食べられる国は最高だぜ!

所詮、外国では外国人なので、故郷の国の方が何かと楽です。
ストレスすくなーい。仕事は大変だけど。


久々に読書(紙の本)を満喫しています。
中古書も買ったし、図書館も早速予約や!


今年度のやること、100個ぐらいリストアップしようと思ったけど、
面倒なので、断念してしまいました。。。。

今年度は、少しずつ、怠惰な自分のお尻を叩きつつ、いろいろガンバリマス。

仮想通貨と余暇と就職と

どうも、最近の記事は雑記感強まってます、ロビンソンです。


少し昔の話を。

2013年の4月1日、修士2年になったばかり。
当時は就活の面接の真っ只中。

面接をいくつかこなして、ヨタヨタと渋谷へ向かっていました。
当時はあまり有名でなかったビットコイン愛好者の会合に向かうためです。



就活のとき、どんな企業で働きたいとか、強いこだわりはなかったけど、
新しいことができそうなネットの企業で働きたい、と漠然と思ってました。

でもネットで就活生を受け入れている企業はすでに収益の軸があって、
他の事業には易易とは手を出せない。
出せたとしても新入社員が入って、関わるような事業にはならない。

そういうことが薄々わかってから、いろいろと思い悩んでいた時期でした。
(どうせどっかの企業の企業が拾ってくれるという根拠のない自信がなぜかありましたが)


そのとき、楽天ポイントやポンタ、Tポイントが既にあり、
ネット発のお金ってどうして無いのだろう、とずっと疑問に思っていました。
そんで、就活の目線も「この企業はネット発の”お金”を発行しないのか」という目線がありました。


そんなとき、たまたまネットを見ていて、Wiredというウェブ媒体のビットコインの記事を
見つけてしまいました。
2013年の記事でした。衝撃でした。

よくよく考えたら、一企業なんかに頼るよりもP2Pベースの方が安全な仮想通貨が作れるはずですよね。

そんなわけで、就活の傍ら、Bitcoinの会合に参加しつつ
使用可能性やらを聞いていました。
そんで、Bitcoinに関する英語サイトの翻訳をしてました。

大学生だったので、Bitcoinに投じる余剰資金もなく。
おかげでマウントゴックスに巻き込まれずに済みました。
あくまで、技術は信仰してますが、まだお金を預けるまでは信頼できなかったのが功を奏しました。。。。


なんだかんだで、某ネット決済会社の内定をもらいましたが、
上記Bitcoinとの関わりで満足して、他の会社でも十分そうと判断して、
内定を辞退しました。

某なんとか衛隊を辞退したのは、海を上だとネットが通じなくなる。。。。という
切実な理由だったわけで。。。。




大学生時代には、時間がいくらでもあって、情報をいくらでも取りに行けて。

社会人ではそうもいかないので、仕事中心に回っていて
少しずつ時間を削り取られている感があります。
働き方改革で少しずつマシになることを祈るばかりです。


そんな中で、旅行(特に移動中)はとてもいい時間です。
雑務とかから開放してくれます。
とはいっても、食用昆虫やビットコインみたいな面白いネタは早々出てきそうにないですが。


18切符の長旅やロシアのサプサン号、エアアジアの東南アジア旅、
トラックの荷台で国境を何度も越えたタイ・ラオス往復渡航。。。。

どれもこれも懐かしく思えてきます。



引越かどうかはさておき、またまた移動の時間がやってきます。

では、良いお年を。


※例のBitcoinの記事を見つけてから、雑誌wiredはいつも愛読してます。
最近音楽絡みの記事がやたら多いけどw

引越の達人(ミニマリストは田舎では育たない)

どうも、顔認証するためには画面内に顔を収める必要があります、ロビンソンです。


個人的にAppleを恨んでいましたが、
現状、Iphone SEを使っています。顔認証とか、認証されなかったときが怖いのでやめて欲しいです(^q^)


さて、最近もまた引越をしました。日本から再度プーチン国へとやってきました。
毎年引越してるのにもかかわらず、引越作業は未だに慣れず、一夜漬けですw
ただ、必要なもの、捨てるものの区別はつきやすくなりました。

当方、ミニマリストの対局(マキシマリスト?)なので、
荷物は多いです。

某学科の人に、「荷物が多い人は背負っているものが多い」とかなんとか言われましたが、
単純に整理できないだけです。


そもそもそも、
.潺縫泪螢好箸辰討金持ちの道楽
葬式で喪服を要したり、あの本がもう一度読みたいとか、
冬用のコートを持っていたりとか、

ミニマリストはそういう必要なときに買う必要があるわけで、
「要らないように」生活するにしても限度があるので、
そういうときに出費を強いられるのミニマリスト。

金持ちの道楽感がありますね。
まあ余計な出費を強いられる生活をしないっていう概念には共感するんですけど。

持っている本はPDF化したり、不要な物は買わないようにしても、
必要なものだけで、かなりの量にはなってしまいます。

近藤麻理恵さんの、「人生がときめく片付けの魔法」って本をだいぶ前に読みました。
一昨年くらいに、Forbesの100人に選ばれててびっくりしましたが、
断捨離とかミニマリスト思考を上手くマイルドにまとめている感じの本でした。

それはさておき、、、、、、


▲潺縫泪螢好箸賄垈餮け
ミニマリストは田舎暮らしと対極です。

・物を少なく
→物が多ければ別の部屋か倉庫に置けばいいじゃない♪

・身軽に
→どこへ行くんじゃ(意味深)


田舎生まれなので、都会のスペースの無い生活に馴染めないのはわかるんですが、
スペースがないなら田舎に置いておけばいいじゃない!って思考になります。
身軽?(一時的とかはさておき)どうせ戻って来るんだろ?って思考もあります。


人生の拠点として、実家の存在はありがたいもんです。


このように、ミニマリストに対する精神的嫌悪がありますが、
実態としてミニマリストに近づきつつはあります。
決して、ロシアにまともなものが少な(プーチン検閲により削除されました




黄金の国っていうのはあながち間違えでもなかったり

どうも、日本満喫、ロビンソンです。

Twitterとinstaとブログでは使い分けがあって、
instaは写真メイン、Twitterは他愛ないこと、ブログは考えを書き留めたい時、って
勝手に使い分けてます。そうすると困るのが、facebookの扱い。


ネタ投稿するには上司がいるので、、、、、、
うーん、まあinstagramにも上司はいるので、問題ないと言えば問題ないのですが。


今から7年前、某本の著者の新刊記念トークショーに行ったときのことを思い出します。



さてさて、この記事は日本から書いています。
やっぱり日本明るい、食べ物旨い、治安いい、と良いこと尽くめです。
食欲が尽きないです。減量中ではあるので、思う存分食べれない状態ですが。


あとは焼肉と中華と鍋と。。。。わらび餅でも喰って、
再渡航に備えますかね〜


話は変わりますが、最近の自分の物欲の無さに驚きます。
社会人2年目で欲しいものを大体揃えたというのもありますが、
消費→体験という世の中のシフトと一致してきてるんですかね〜

欲しいものはあるけど、プーチン国への再渡航を考えると購入できないって面もありますが、
買いたい物の数<<行きたい場所の数 が圧倒的すぎて。。。。。


国内旅行で行きたいところがかなり多くて、
鹿児島、山形、長崎、沖縄とか、いつ行こうかと計画を練りに練っています。
(実際に行けるかは別にして。。。笑)

ダイビングときのこ狩りと、釣りと、、、、、、
特に場所を限らず、遊びの妄想は広がります。。。。




あんまり人には言わないですが、私はとても祭好きです。
でも、祭を作りあげるとか、中でワイワイするのが好きであって、
何かお祭り事を「観にいく」ことはあんまり好きじゃなかったり。

好きじゃないってのは不正確で、人混みとか他のマイナス要因が
邪魔してるだけなんだけど。
やっぱり祭は作り上げるものであって、自分は観客じゃないんだよなー。

祭に行くと感じる疎外感は、創る側じゃないことに起因してる気がします。
我ながら厄介な性格してると思うのは、クリエイターでも企画者でもないのに、
目立ちたいとか、盛り上げたいとか(潜在的に)思ってること。


純粋に祭りに行って楽しむ人にはなれないと思うけど、
それなりに楽しめるようになりたいなー。
誰かと行くと楽しくなるのか?





そろそろ、投資をしたいと思ってます。
株でもするかー


訪問者数

    アクセスカウンターつけました。

    最新コメント
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    プロフィール

    ロビンソン

    • ライブドアブログ