2005年08月25日

どうすれば政界再編は起こるのか

私は、今度の選挙、とにかく「小泉自民党」に賭けてみよう、とついこの間まで思っていたのですが、ほんとにそれでいいのか、とまた揺れ出しています。


竹中大臣が「これは小さな政府を目指す第一歩なのです」と説明すれば、「ああそうなのか。それはいいことだ」とは思うものの、聞くところによると、民主党の郵政改革案もなかなか良いものらしく、でも、そうは言われても、われわれ素人には何が良いのかよくわからず・・・。困りました。

でも、目を閉じて思い起こしてみると;
私は小泉さんが「自民党をぶっ壊す」と宣言して首相になったものの期待を裏切られ、就任してから半年、一年とたつうち、「なんだ、この人は結局守旧派と妥協しているだけじゃないか。自民党を変えると言いながら一年もたって相変わらずドラスティックな改革など何も行われない。古い体質の自民党を延命しているに過ぎないのではないか。」と、批判的になってきました。
これは国民のほとんどが感じたことだと思います。

ほんとうに改革する気があるのなら、改革派を引き連れて自民党を飛び出すぐらいのことすればいいじゃないかと思いました。
そして、たとえ「寄り合い所帯」でポリシーの一貫性がなくとも、一度民主党に政権を担わせてみたらどうかと思うようになりました。
民主党の野田佳彦氏が「民主党も自民党も政策にさほどの違いがあるわけではない。ならば、民主党と自民党、どちらがそれを実行に移しやすいのか、それをこそ争点にしていくべきだ」と言い、私はいたく感じ入りました。まだ小沢自由党が合流する前のことです。

考えてみれば、民主党は、改革の志をもって自民党を飛び出した勇気ある人々を中心としてできた政党です。
たとえ、左翼が混じっていようとも、政権奪取が現実のものとなった時、それらの人々は転向または離党を余儀なくされるのではないでしょうか。
また、与党という責任ある立場が民主党を成長させるとも考えられます。
つまり、私たち国民は政党を育てる役割を担っているということです。

抵抗勢力を容赦なく排除する小泉自民党を応援していたけれど、この2・3日ちょっと待てよと思うようになったのは、自民党は自発的に離党した場合は将来的に復党もあり得るとの見解を示した、という報道を耳にしたからです。
なんだかこれでは、すっきりした二大政党になりそうもありません。

また、ふだん政治のことにあまり触れられない珍獣さんのブログで、冷静なご意見を読み、共感しました。

ことを前に進めなければいけない時には強権発動もやむを得ないと私は思いますが、このままでいくと別の強権自民が出来上がるだけだ、という声も聞かなければ、と思います。

やっぱり自民党の中にいては改革は無理なんじゃないでしょうか。
「自民党」というブランドにこだわってるのは小泉さん自身なのかもしれません。

9月11日に向けて、政治の何が見えてくるのか、私たちの心も揺れ動き、意見もまた変わるかなとは思いますが、少なくとも関心は持ち続けようと思います。


robita_48 at 15:00│Comments(7)TrackBack(1)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 郵政民営化は誰のため?  [ あんなこと、こんなこと。どんなこと? ]   2005年09月04日 21:30
先日日経新聞の郵政民営化を訴える論説を読んだ。その他色々目を通した。だが、私の疑問には応えるものではなかった。結局、改革は外国、つまり米国が望むために必要という印象を受けたのだが、それは正しいのだろうか?   日本の政治家は日本国民に対して責任があ.

この記事へのコメント

1. Posted by 珍獣   2005年08月31日 03:12
robitaさん、こんばんわ。
拙記事とりあげてくださって、ありがとうございます。

その後、もう一度選挙について思うところがあったので、書いてからTBしようと思っていたのに、だんだん選挙に勢いがつきはじめて流れが早いですね…翻弄されてるうちに投票日にならないよう気をつけるので精一杯になりつつあります。

政治に疎いなんて言ってられないので、このドンチャン騒ぎを見届けようと思います。
2. Posted by robita   2005年08月31日 09:44
珍獣さん、こんにちわ。
>政治に疎いなんて言ってられないので<

そうですね。
でも、やっぱりよくわかりません。
私などワイドショーとかほんの少し政治ブログ読む程度ですから、本当のところ、なにが正しいのかわからないというのが本音です。こうなったらもう「顔」で決めちゃおうか・・、なんて。
3. Posted by 珍獣   2005年09月01日 13:15
robitaさん、こんにちわ。

>こうなったらもう「顔」で決めちゃおうか・・、なんて

眼やら鼻のバランスという意味での「顔」で決めたとしても、30歳超えたら、人生にじみ出てる気もするので、それでもいいか… なんて(笑)
4. Posted by robita   2005年09月02日 11:46
>珍獣さん
そうですね。中身って結構外にあらわれるかも。顔の良し悪しは別にして。
だって、私、亀井さんや綿貫さんの顔きらいじゃないもの。

でも、選挙関連のニュース、なんか飽きてきちゃって・・・。
公示前のフィーバーが凄すぎたんでしょうね。
5. Posted by さなえ   2005年09月04日 21:37
こんにちは。TBさせていただきました。二者択一というのはどうも怪しい、おかしいという気分がどんどん講じてなんだか過激になってきています。その先のことを何ら語らない政治というのはおかしいのではないでしょうか。おまけにIQの低い女子供、老人向けのマーケティングですって!まったく。よろしければ一度ご訪問ください。
6. Posted by robita   2005年09月05日 10:22
さなえさん、はじめまして。
>その先のことを何ら語らない政治というのはおかしいのではないでしょうか<

語ってないんですか?それはおかしいですね。
でも、語られても私そんなに熱心に聴かないかもしれません。
だって、毎日の晩ごはんの献立で頭がいっぱいで・・・。
郵政民営化の何が問題でどうすれば一番いいのかさっぱりわからないのです。
でも、「改革する」って言ってるんだからやってもらおうじゃないの、とは思っています。
・・・やっぱり、IQの低い女子供ですかね?
7. Posted by さなえ   2005年09月06日 06:55
たしか野田聖子さんのHBだったと思いますが、郵政民営化特別委員会の実体のことが書いてありました。確認しようと思ったのですが、選挙のため閉鎖されていたのでできませんでしたが、大事な法案だというのにあまり議論はしていないのですよ。反対意見の委員は辞めさせ、賛成派だけで可決したらしいです。
米国からの郵政民営化の要望書がダンナの屋根裏部屋さんhttp://danna.fukucat.pussycat.jp/?eid=212852#trackbackで提示されていますからご覧になれば、びっくりなさるでしょう。だから、理由をいわず二者択一を迫っているんですよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔