2005年12月20日

「国家の品格」

藤原正彦著「国家の品格」(新潮新書)を読みました。
遅読の私でも、三日で読めました。早い人なら一日で読めるでしょう。

読んでいた本が他にあったのですが、この「国家の品格」が本屋さんに積んであるのを、なにげなく手に取り買ってしまい読み始めてしまいました。

書いてあることはいちいちうなずけ、爽快そのものです。

でも、私としては、「でもねえ、そういう精神を取り戻すために具体的にどうするの」という突っ込みが浮かんできて、最後まで読んでも、「だからこうするしかないのだ」という提案がなかったので、「やっぱりね」というのが、感想と言えば感想です。

だって、これは民主主義否定の本だからです。

私はよく「国家の統制」「国家の強制」ということを書きますが、それは人々には絶対に拒否されます。
でも、効率よく国家を運営するには民主主義はやっかいなものです。
賢い王様が統治してくれればそれが一番良いのでしょう。

もちろん、「民主主義の否定」も「国家の統制」も、「ある種の」「ある程度の」という但し書きは当然つきますが。

しかし、考えてみれば、「そういう精神を取り戻すために国家が強制力を持つ」なんてことはできないのが当たり前のことであって、そもそも、国民が国家をつくるわけだから、自らを律するために国民自身がそのことに気づくことがなければ、品格ある国家を作ることなんて始めから無理なのです。

つまり、結論を言えば、国民全員がこの本を読めばいいのです。そして世論形成すればいいのです。国家の品格を取り戻したければ。

でも、もう世界を見てしまった、世界経済にどっぷり浸かってしまった私たちには、「過去の美しさ」は到達できない「憧れ」でしかないだろうなあ、とは思います。でも憧れを持つことは良いことですから。

この本に関して書きたいことは山ほどありますが、読んだ人がいたら、感想を聞きたいです。

先月出版で、もう6刷になってるので多くの人に読まれていることでしょう。

どなたか読んだかたはいらっしゃいませんか?
____

因みに、中断した本は、「二人で紡いだ物語」。「サロンのススメ」でちょっと触れた物理学者米沢富美子さんの自伝です。

さ、続きを読もう。たぶん今年中には終わらないと思うけど。


人気blogランキングへ




robita_48 at 16:22│Comments(2)TrackBack(4)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 電脳卸をご紹介します。  [ 行き詰まったらアフィリエイトガイド ]   2005年12月20日 19:29
『電脳卸』をご存知ですか? 私もこのアフィリエイトを知ったのはブログを始めて、しばらくしてからでした。 何なんだろ???と思ってバナーをクリックしてみました。 すると、ちょっとしたネットショッピングモールがそこにありました。 それが『電脳卸』。 商品をみ...
2. 『国家の品格』 藤原正彦 (新潮新書)  [ 不二草紙 本日のおススメ ]   2005年12月21日 08:48
 数学の先生からお借りして読みました。いやあ、わが意を得たりって感じで、あっという間に読んでしまいした。痛快でしたね。つまり私もこういうスタンスの人間だということです。どちらかというと保守であり、なんとなく右派。  昨日、本屋さんでまず最初
3. 「国家の品格」  [ それ、いいかも? ]   2005年12月30日 13:57
「国家の品格」 藤原 正彦(著), 新潮新書 過去5世紀にも渡り、世界を支配し続けてきた西欧的な論理、近代的合理精神は、漸く綻びを見せ始め、国際的には核拡散や環境破壊の問題、そして各国内でも犯罪の多発、家庭崩壊、教育崩壊と、先進国はどこもみな荒廃している。 日本...
4. 藤原正彦「国家の品格」  [ ポロと旅する~あさちゃん。と一緒 ]   2006年01月05日 02:27
藤原 正彦「国家の品格」(新潮新書) 出版社/著者からの内容紹介 日本は世界で唯一の「情緒と形の文明」である。国際化という名のアメリカ化に踊らされてきた日本人は、この誇るべき「国柄」を長らく忘れてきた。「論理」と「合理性」頼みの「改革」では、社会の荒廃を食い....

この記事へのコメント

1. Posted by きつね   2006年04月06日 15:49
「国家の品格」よりも、幸か不幸か専業主婦サンの方が、ズーッと爽快。読んで、数学者って、バカなんだ。と率直に思いました。そのご、この本が売れている様で、ちょっと、心配していたんですが、感想を読ませていただいて、ホッとしました。ズバリその通りと思いました。
2. Posted by robita   2006年04月13日 11:20
>きつねさん、

コメントありがとうございます。
引越ししてこっちのブログを見ることはあまりなくなりましたので、返事が遅くなって申し訳ありません。

いやいや、藤原先生はバカではありませんよ。
「理想」を書いていらっしゃるだけなんです。

理想を並べたてることで現実の難問は解決はできませんが、「理想を語る」こと自体は非常に大切なことだと私は思います。

引越し先にも是非お越しください。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔