ぷちGarage

3Dプリンタ、2足歩行ロボットの作業日誌 最近は、3Dプリンタ(idbox)をやってます。 自分用のメモなので、結構間違いあるかも。

欲しいけど・・・

完成品としてはRobi2よりも1/8タチコマ欲しい・・・
Robi2は他力本願ではありますが、初代と同じように他のユーザーの方々がカスタマイズされると思うので、それが楽しそうではあります。
1/8タチコマを知ってから2か月くらいずっと気になっています。

https://info-blog.cerevo.com/2017/03/23/3418/



3分すぎからの説明では、サーバーに接続して音声認識し返答したり、カメラで認識した物体の追加情報を学習できるみたいです。
学習したものは、他の所有者と共有化(並列化w)されるみたい。


値段は、ノーマルで税込約17万。。。
いつまでサーバーとつながる事が出来るかが心配ではありますが、それの料金込みと思うと、月々支払う形でないのでお得なような気もします。

http://japanese.engadget.com/2017/03/22/1-8-6-15-7400/

本体サイズは352×391×249mm(幅×奥行き×高さ)。
B4サイズが257 × 364 ミリなのでこれより少し幅広?
重量は1.5kg。
バッテリー駆動時間は6時間程度。
割と大きいのでサーボは入る物がありそうだけど、15個のサーボ、6個のDCモーターで22軸が動くみたい。
電池は4つの足にあるみたいで工夫してあるし、構造が面白そうですね。
歩く時、足先の車輪用のモーター結構負担掛かりそうだけど、何か対策してるのかなぁ。


うーん・・・
ちょっと前のKHRやMANOI等と同程度もしくは少し安いお値段なんですがねぇ。
踏ん切りがつかない。

MKS TFT28 の変更

新しいファームV2.0.0があるらしく取ってきました。
https://github.com/makerbase-mks/MKS-TFT

ブルーとレッドにそれぞれ3つずつ(Classic/Retro/Simple)見た目の違うものがあるようです。
Simpleは画像が乱れるとのFacebookで書き込みあり。
私も最初の画面の表示が崩れていました。
ボーレートは、導入後の選択式でなく、ファーム導入時の「mks_config.txt」で選択。
#########Printer type setting############################
の項目で
#baud rate setting(1:9600;2:57600;3:115200;4:250000)
>cfg_baud_rate:3(4を3にする)

ヒートベッド有の場合は、一番上の
#########Printer type setting############################
の項目で
#whether has heated bed(YES:1; NO: 0)
>cfg_custom_bed_flag:1

##############Function customization####################
の項目で
#user-defined function1 and 2.(whether display this button . disable: 0; enable: 1)
>cfg_function_btn1_display:1
>cfg_function_btn2_display:1(0を1にする)
で動きました。
※>cfg_function_btn2_displayはV2.0.0ではヒートベッドの項目ではないかも。
レトロで>cfg_function_btn2_display:1と入力すると、何もなかった所の項目に「POWER OFF」の項目が出てきました。
33


RedのClassicの起動直後の画面はこんな感じです。
17


Retroのの起動直後の画面はこんな感じです。最初に表示される項目がClassicと違います。
46


赤があったので、起動時の画面をこんなことしちゃいました(笑)
カープ球団さんお許しを。
38


起動時の画面の変更は、BS01のWikiを参考に。
http://bs01.3dprinterwiki.com/index.php?title=BS01%E6%94%B9%E9%80%A0%E9%83%A8%E5%93%81#.E2.96.A0BS01.26idbox.21.E8.87.AA.E7.AB.8B.E7.B7.A8

https://github.com/makerbase-mks/MKS-TFT
にある「MKSTFT logo customization manual.pdf」を見て、
https://github.com/makerbase-mks/MKS-TFT/tree/master/UI
にある「Image2Lcd.rar」をダウンロード後、解凍してからImage2Lcdで画像を調整します。
LCD-1


iconia tab A200のOmnirom KitKat(4.4.4)導入

iconia Tab A200が使わなくなったとの事で私の元に戻てきました。
Androidのバージョンは、ics(4.0.3)です。
root取得済み&BootloaderUnlook状態なので、どうせなら新しいバージョン入れてみようかと、検索。
カスタムROMでKitKat(4.4.4)でありました。
http://www.acertabletforum.com/forum/acer-a200-roms/10043-rom-a200-omnirom-kitkat-4-4-2-a.html
カスROM入れるの初めてなので違いがよく分かりませんが、よく聞く Cyanogenmod でなく Omnirom みたいです。

※私はWin10を使っています。


まずは、
CWM (version 6.0.4.5) が必要みたいなのですが、私のは古いバージョン確か5.???だったので、CWMを更新します。
「fastboot flash recovery recoveryCWM6045.img」とコマンド書いてありますが、さっぱり不明なので検索。
http://andmem.blogspot.jp/2013/09/clockworkmod-boot.html
1.Bootloader(ブートローダー)を起動する。
2.「fastboot flash recovery recoveryCWM6045.img」とコマンドプロンプトで入力で完了。
Clockworkmodをダウンロードしたフォルダでコマンドプロンプトを起動する。
コマンドプロンプト上で、「fastboot flash 〜〜.img」と入力し、Enterキーを押す。
※〜〜にはダウンロードしたClockworkmodのファイル名が入ります。

とありましたが、ADBが動かなかったので(私はSDKのインストールフォルダをデフォルトのままパスを通しました)
ダウンロードした「recoveryCWM6045.img」をDドライブの直下に置いて
「fastboot flash recovery D:¥recoveryCWM6045.img」と入力しました。
※¥マークはWebでの表示上全角にしてます。
CWM-1

※上の画像の中央の失敗した恥ずかしいコマンドは、ぼかしてます。ご了承下さい(笑)

今回PC交換後、初めてADB等操作するので
http://andmem.blogspot.jp/2014/04/installjdkandroidsdkadb.html
を参考にJava(JDK)とAndroid SDKを導入します。
Javaは従来通りですがAndroid SDKが少し変わっていました。
https://developer.android.com/studio/index.html
へ行っても、ANDROID STUDIOしかなので、インストールしました。
インストール後、画面右下にConfigureという項目があったのでクリックすると、SDKマネージャー発見♪
AS-1

あとは従来通り、Android SDK Platform-toolsとGoogle USB Driverをインストール
SDK-1

もっと良い方法があるかも知れませんが、サッと検索した中では見つからず、やっつけでやってしまいました。要らない物もインストールしたのか結構時間がかかりました。
ただ、これだけでは、Bootloader起動時のドライバーが認識されてないので
(デバイスマネージャーではBootloader起動時は、「FastBoot」と書いてありましたが、▲!マークが付いてました)
http://andmem.blogspot.jp/2012/10/android.html
を参考にBootloader……Android Bootloader Interfaceを有効にします。
カスタムリカバリ(CWM/TWRP)……Android Composite Interfaceは今回は使いませんが勝手に正常に有効になってました。
これでようやく、CWM更新の準備完了。
コマンドプロンプトに「adb reboot bootloader」と入力してBootloader起動。
http://andmem.blogspot.jp/2012/10/bootloader.html


ようやく、本題のカスタムロムの導入です。
Now, you can reboot in recovery mode to flash the KitKat Rom....
First, don't forget to execute a 'Wipe Data/Factory reset'
Flash the KitKat Rom
Flash the Minimal Gapps
Do a 'wipe cache partition'
Flash the SuperSU zip file if you need it
Flash the Netflix workaround if you need it
And reboot System !

とあり、当たり前ですが、ワイプデータ、ROM、GApps、ワイプキャシュ、SU、と順番通り実行します。

GApps
We recommend installing the pico version of PA GAPPS from here:
http://forum.xda-developers.com/show....php?t=2397942
Don't try to install any of the larger packages, the system partition of the A200 is too small for that.

GAppsは、pico version以上を入れると、システムパーティションが小さいので入らない模様。
pico入れた後のシステムROMの残容量は19.4MBでした。
リンク先は閉じられていたので、検索すると下記にありました。
https://forum.xda-developers.com/paranoid-android/general/5-1-x-5-0-x-4-4-x-pa-gapps-mirror-t3069879
で4.4.4用のpicoをダウンロードしてCWM使ってZIPをインストール。
picoはPLAYストアとカレンダーくらいでYoutube等は入っていませんでした。

SuperSU is here: (needed only if you wish to have a full rooted access)
SuperSU is needed for root, get the latest CWM flashable zip from here:
[2014.02.06] SuperSU v1.93 - xda-developers

SuperSUはリンク先の安定版をダウンロードしてCWM使ってZIPをインストール。

無事インストール完了♪
Screenshot_2017-03-11-17-23-28


Google関連アプリを入れると、開発者サービスのエラー続出(開発者サービスをアップデートすると全くダメ)で使えない。無効にするとエラー表示がステータスバーに出るだけでクリックは必要ないようですが邪魔。

http://sanpogarden.hatenablog.com/entry/troubleshooting_googleplay_application
上記を参考にすれば、とりあえず治まります。
1. Androidデバイスマネージャーを「セキュリティ」→「端末管理者アプリ」で無効
2. 「設定」→「アプリを管理」→「Google Play開発者サービス」→「アップデートのアンインストール」(「キャッシュの削除」もすれば安心。)
3. Androidデバイスマネージャーを「セキュリティ」→「端末管理者アプリ」で有効に戻して元通り。

●動作確認
・Googleアカウント利用でサインインする項目があるアプリは開発者のアップデート必要と表示されます(-_-;)
・QRコードはカメラが悪いのか読めません。A200は元々ダメなんでしょうね。やっぱり200万画素はダメ?
・GPSはA200がWiFiのみなので元からかも知れないですが、室内ではほとんど受信しません。
・radikoも最新版は起動後場所探しですぐ落ちてダメでした。旧版3.2.1(ドコモ版?)は起動しました。※GPSがダメなのかは不明。
・DropBoxは、起動すらせず(T_T)
・Chromeは「問題が発生したため終了」で起動しませんでした。Firefoxは無事起動♪
・機器の不具合なのか、メモリの関係なのか分かりませんが、ネットからストリーミングしても、SDからでも音飛びあり。そういえば、戻ってきた時、音が〜とか言って様な気がするので、機器側の劣化等の問題かも。
・ROM自体は問題はないです。試したものは動きました。
・日本語入力キーボードがないので、PoBox5.4をインストールしました。
http://watiko.net/2013/01/19/how-to-make-pobox5-4-work-in-any-devices-without-rooting/
・このROMは、使い勝手が良いです!素晴らしい♪純正よりも起動も動作も速い気がします。
時計の位置変更などやナビバー右のマルチタスクボタンを長押しすれば、1個前のアプリに切り替わるし、XperiaZ(SO-02E)の時にXposedでやってたことが簡単にできます(カスタムロムなので当たり前?)
・セキュリティソフト・・・Avastは開発者のポップアップ出てダメ。どうしよう。
・Youtube・・・Firefoxで見ればよし。
・DropBox・・・ES File Explorer(ポップアップ広告がうるさいので旧版:データ盗んだ問題w前の奴だけど大丈夫かな・・・)で手動
・PushBullet・・・悩み中
・Sportfyは問題なし。
結局そんなにタブレットを使わないかも(笑)
Dtabの方が音が良いし。

●入れたアプリ
Screenshot_2017-03-11-22-51-32


■他のROM
・4.4.4
「Acer a200 KitKat Opt 4.4.4 100% 」はSUもGApps入ってましたがキーボードのエラーで何もできず。やはりこちらもGAppsはpicoっぽいです。
・4.1.2
http://www.acertabletforum.com/forum/acer-a200-roms/7315-cm10-jellybean-4-1-2-unofficial-acer-a200.html
ちゃんと動きましたが、どうも見た目に変化がないのでつまらないのでやめました。

DARSのプリント

「Form2の新材料「Grey Resin」を使いリアルな3Dプリントチョコレートを制作」という記事で森永製菓さんのDARSのプリントしてたので、やってみました。
http://idarts.co.jp/3dp/3d-print-chocolate-formlabs-form2/
「今回検証用に造形した3Dモデルデータはこちらへアップしたので自由にご利用ください。ただし、森永製菓さんとは全く無関係な素材のため、あくまで自己責任の範囲内でご利用ください。」
とあったので、リンク先からダウンロードしてみました。
D-S1

斜めにしないと上から見たときに綺麗な仕上がりにならないけど、リンク先のような綺麗なサポート付けるのも面倒だったので、まぁ1面は犠牲にして、下のような感じでプリントしました。
D-R1


出来上がり。
色々頑張ったんですが、うまく撮影出来ません(T_T)
実物はもうちょっとリアルっぽいです。誤飲注意(笑)
40


実物と比べると、かなり色が違いました(-_-;)
19

dTV会員向けVRスコープのベルト取り付け

dTV会員向けVRスコープをドコモショップに行って貰いましたが、視聴している間ずっと手で保持しなければなりません。
http://blog.livedoor.jp/robop/archives/52165871.html

ちょうど、ナイロンベルトの余りがあったのでVRスコープにベルトを取り付けてみました。

バックル(サイドリリースタイプ)は、設計が大変なのでネットで検索してダウンロードしてきました。
ちょうど見つけたのが手持ちのベルト幅(25mm)用でラッキーでした。
しかも、既にサポート付きもアップして下さってるのでそのまま印刷♪
取り外しが、やり難かったので少し削ったりして調整しました。
http://www.thingiverse.com/thing:312961
BC10-1


あとは、ベルト固定&調整のできるトリグライド?や一本コキ?というものを作図してプリント。
ついでに、調整した余りのベルトをまとめるサルカン(釣り具のサルカンとイメージが違いますが)も作図してプリント。
サルカンは↓コレを参考にザックリ作図。
lh_sg_main_01

BC10-2


■完成
VRスコープへの取り付けは、スマホの重さで下がってこないように本体の上部付近を段ボールをカットしてベルトを通しました。
中央縦方向にベルト付けないとズリ落ちてくるかと心配してましたが、段ボール+スマホの重量なので横1本のみで十分でした。
37

23


今の所、
●宇宙系
「A TIME IN SPACE VR CARDBOARD」
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.Creanet3d.com&hl=ja
「A TIME IN SPACE 2 VR FREE」
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.creanet3d.atis2free2&hl=ja
●ジェットコースター系
「Cedar Point VR」
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.CedarFair.CedarPointVR&hl=ja

上記が如何にもVRって感じで、疾走感のある映像もキレイでお気に入りです。
ただただ、短い時間しかないのが残念ですが、凄いです。


Time
記事検索
Recent Comments
QRコード
QRコード
Amazon
STARLIGHT mini
J-CASTニュース
Amazon

グリスです。BS01+の指定のちょう度は0〜2で、これはちょう度2です。
評判が良さそうなので使ってみています。メーカーサイト、MonotaROなどでも販売してます。


ネジの緩み防止剤です。酢酸ビニル系で、金属以外にプラスチック部品(アクリル等)をおかさないのでロビなどにも安心して使うことが出来ます。
タミヤのネジ止め剤を使っていましたが、アルミチューブのため出過ぎたり、保管中にキャップからあふれ出したりしたので、こちらをお試ししようかと思っています。リンクは透明ですが、(TB-1401:透明/ TB-1401B:緑/ TB-1401C:赤)の3色あります。
amazonだと何故か色で微妙に価格が違うw


タミヤのネジ止め剤は安価でホビーショップ等でも割と手に入れやすいので良いです。
濃い青色ですが、乾くと色が少し薄くなります。
ただし、まとめて生産するようで、時期によりホビーショップ等で長期間在庫がない場合があります。その場合は、タミヤ等のオンラインショップなら入手出来る場合もあります。
アルミチューブ入りなので、多量に出過ぎたり、保管時に漏れ出る場合があるので要注意。


アプリで
携帯本体にバッテリー残量も
表示されます。
音楽も聞ける。
時刻もワンプッシュで聞ける。
登録すれば、
誰がからの電話か
発声してくれる。
骨伝導で自分の声を拾って
解析してるようなので、
相手側に騒音も
あまり聞こえないようです。
やはり音の聞こえ方は、
携帯本体と比べ劣り、
使っているのは分かる
ようですが。
2年ちょっと経過しました。
たまに雑音も入ることもあります。
バッテリー持ちも良いです。
  • ライブドアブログ