最新おすすめ
インフォメーション
作品名・カテゴリ別検索(開閉式)
月別アーカイブ
記事検索
スポンサードリンク
bandicam 2018-12-12 20-19-00-785
bandicam 2018-12-12 20-21-58-370
bandicam 2018-12-12 20-22-18-172
bandicam 2018-12-12 20-23-22-859
お気に入りサイトの更新記事
カテゴリ:機体・機種単体 | 作品タイトル:超時空要塞マクロス
gedrsryj
VF1って紙装甲なの?


元スレ/http://futabalog.com/thread/a9a86e7ec68edb2765fa34178b8ad9d8

名無しのろぼ
VF1って紙装甲なの?

gedrsryj




名無しのろぼ
変形で硬さが変わるよ





名無しのろぼ
ビルにぶつかっても平気なくらいには頑丈
でも敵の火力が高すぎる…






名無しのろぼ
劇中みるとめちゃくちゃ頑丈に思える





名無しのろぼ
戦闘機として考えりゃ滅茶苦茶硬い





名無しのろぼ
ビルぶち抜いてたしバトロイドではめっちゃ堅そう





名無しのろぼ
エイリアンのオーバーテクノロジーで機体強度は見た目以上にはある
相転移装甲とかなんかそんなんじゃなかったっけ






名無しのろぼ
戦闘機としては破格なれど敵を考えれば正直不足なのでアーマードが開発された
という設定があったはずだ






名無しのろぼ
歩道橋に突っ込んでもびくともしない程度には頑丈だから現代の銃火器じゃ装甲抜ける気がしない





名無しのろぼ
エンジン回ってたらエネルギー転換装甲で硬いよ
ファイターだとそれほどでもないかもだけど






名無しのろぼ
戦車みたいな強度あるって子供の頃読んだ図鑑に書いてた





名無しのろぼ
戦車程度だと変形合体する強度に満たない気がする…





名無しのろぼ
相手と同じサイズなら占領がやりやすい!とかそんな理由があったはず
歩兵ではゼントラーディ相手だと手も足も出ないし






名無しのろぼ
練習機として⊿の時代でも継続生産されてるんだっけVF-1
近代生産型だと強度も上がってたりするのかな






名無しのろぼ
マクロスシリーズは基本的に火器の火力が超高いから装甲を超テクノロジーにしても撃ち抜かれてしまう傾向





名無しのろぼ
VF-1の時点で数発の至近弾には耐えられる装甲はある





名無しのろぼ
エネルギー転換装甲を使えるのはスレ画の世代だとバトロイド形態だけ





名無しのろぼ
OTMでよっぽど簡単に変形できて強度もあるならそりゃ変形させて便利に使うよ





名無しのろぼ
バトロイドの時は明らかに固くなってる気がするけどあまり大事なことではない





名無しのろぼ
エネルギー転換装甲効いてるからな





名無しのろぼ
あんまり硬いと柿崎ィできないから適度なやわさは必要





名無しのろぼ
TV版はどんなに頑丈でも助からない気がする








RG 機動戦士クロスボーン・ガンダム クロスボーン・ガンダムX1 1/144スケール 色分け済みプラモデル
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ) (2019-05-31)
売り上げランキング: 2,586

HG UFOロボ グレンダイザー(INFINITISM) 1/144スケール 色分け済みプラモデル
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ) (2019-04-27)
売り上げランキング: 143

他ブログのおすすめ記事

同カテゴリの最新記事




[ 2019/5/14 12:05 ] 機体・機種単体 コメント:124 はてなブックマークに追加

コメント一覧

  • 1:コメントげっとロボ 2019年05月14日 12:14 ID:q82w30CY0
  • エネルギー転換装甲ってどゆこと?
  • 2:コメントげっとロボ 2019年05月14日 12:18 ID:I7.FJnkp0
  • 昔「愛おぼえていますか」公開の頃、
    てれびくんの付録に完全変形VF-1Sのペーパークラフトが付いてたのを思い出した。
    何気に良く出来てた。
  • 3:コメントげっとロボ 2019年05月14日 12:20 ID:T5KN3XdK0
  • んー初期のテレビ放送時は戦闘機に毛が生えた程度の強度だけど後付けでエネルギーナンチャラ装甲とかにして戦車程度の装甲にはなったはず
    ま、それでもガンダムとかの装甲に比べたら屁みたいなもんだが(笑)
  • 4:コメントげっとロボ 2019年05月14日 12:22 ID:jJZSLS310
  • ※1
    ガンダムで言うと、SEEDシリーズのフェイズシフト装甲みたいなもん。
    装甲に通電中、強度が大幅向上する。
  • 5:コメントげっとロボ 2019年05月14日 12:23 ID:XVFlx.mS0
  • たとえどんなに装甲が堅くても、
    ガラス張りのコックピットが
    機体の前面に有るVF1のバトロイドで
    接近戦はしたくない。
  • 6:コメントげっとロボ 2019年05月14日 12:24 ID:cWwUjzE70
  • 10メートル程度の巨人のパンチでへこむ装甲ですw
  • 7:コメントげっとロボ 2019年05月14日 12:26 ID:ZxJT4ncV0
  • MOT由来の新素材「ワモリウム」(通称ダークフェイス)で装甲車程度の強度ってのは当時明言されてた気がする。
    戦闘機としては高強度で従来の対空火器程度には耐えるけど、陸戦兵器としては紙同然、陸上戦では旧TV版のOPみたく回避と火力集中が前提で、地べたでの長居や増してや敵兵との取っ組み合いは避けたい、ってのが共通認識だったと思う。
    ガウォークで歩道橋を破壊したり駐車車輌を主翼で切り裂いたり、バトロイドがビルに突っ込んだりしてるのは、ガンダムが至近距離でザクマシンガンに耐えたりしてるのと同様、スーパーマシンっぷりをアピールする為の「演出」。何でもかんでも「劇中描写がこうだからこうだ!」ってドヤ顔すんのは短絡思考すんのはアホだろ。

    「エネルギー転換装甲」は最近の後付でしょ。
  • 8:コメントげっとロボ 2019年05月14日 12:30 ID:xFNATbEy0
  • エネルギー転換装甲ってこっちの世界の何年頃からある設定なんだ
    seedのPS装甲のパクりか?
  • 9:コメントげっとロボ 2019年05月14日 12:34 ID:1tvA89mo0
  • TFにワンパンで倒されそう
    変形もあっちの方がイカスし
  • 10:コメントげっとロボ 2019年05月14日 12:36 ID:Ui7E5BhE0
  • >>8
    初出は定かではないがマクロスプラスの頃には既に有ったはずだからこちらが先
  • 11:コメントげっとロボ 2019年05月14日 12:38 ID:J6COJCHx0
  • ※1
    SEEDのフェイズシフト装甲みたいなもん
    それを全機体に搭載してるのが統合軍やゼントラーディ軍やバジュラ
  • 12:コメントげっとロボ 2019年05月14日 12:39 ID:J6COJCHx0
  • >>8
    パクった云々言い出したらガンダムの方だぞパクったの
  • 13:コメントげっとロボ 2019年05月14日 12:40 ID:T5KN3XdK0
  • あくまで戦闘機でバトロイド形態自体が緊急時の接近戦仕様だったんだよな
    それをマックスがバトロイド形態で空戦したり宇宙での振り回しはこちらの方がいいと戦法を発案したんだよな
    それから宇宙空間でもバトロイド形態で戦闘するパイロットが増えた訳だ
    だからそもそもはそんなに装甲強度は必要なかったはずなんだよね
  • 14:コメントげっとロボ 2019年05月14日 12:42 ID:J6COJCHx0
  • >>13
    バトロイドは巨人相手との戦いに合わせるための歩兵の兵站の役割担ってるから元々の運用思想だぞガウォークが偶然の産物
  • 15:コメントげっとロボ 2019年05月14日 12:44 ID:dC6lGBoW0
  • >>5
    バトロイド時はキャノピー部はシャッターみたいに装甲板で覆われるからある程度の防御性能はなかったっけ?
    まぁそれでもVF-19以降の胸部にコックピットが格納される方式の方が安全そうだけど
  • 16:コメントげっとロボ 2019年05月14日 12:48 ID:JHi4WC.U0
  • >>8
    転換装甲自体昔からある概念やで
    ワープはパクリと言うのと同レベル
  • 17: 2019年05月14日 12:50 ID:T5KN3XdK0
  • このコメントは削除されました。
  • 18:コメントげっとロボ 2019年05月14日 12:57 ID:Qbpxg.eT0
  • TV第一話で撃墜された輝にバトロイドになれと変形指示出したのは
    そのころから強度が上がる設定があったから?
  • 19:コメントげっとロボ 2019年05月14日 12:59 ID:mMQ9p1Jc0
  • ロボ形態の足、スラスターみたいのだけでも総重量乗せられる厚みがあるのか気になってた
  • 20:コメントげっとロボ 2019年05月14日 13:01 ID:T5KN3XdK0
  • >>17
    バルキリー形態×
    バトロイド形態○
    ミスりましたm(_ _)m
  • 21:コメントげっとロボ 2019年05月14日 13:02 ID:7X.WV8R10
  • >>7
    どや顔って言い方で全否定は短絡的じゃないんですかね
    気持ちよくなりたいだけでしょそれ
  • 22:コメントげっとロボ 2019年05月14日 13:04 ID:vKDaHqQZ0
  • ガンポッドの55mm口径で落ちるはずだから
    堅くても50mm口径までの防弾性が良いところだろ
  • 23:コメントげっとロボ 2019年05月14日 13:16 ID:Evld.B0V0
  • 変形に耐えられる程度

    非公式&同人誌の捏造が公式と思われちゃってる
  • 24:コメントげっとロボ 2019年05月14日 13:26 ID:ZxJT4ncV0
  • そもそもVF-1の「可変形戦闘機」ってコンセプトにしてからが、統合軍内部の主導権争いから出て来た、謂わば瓢箪から駒っていう設定だからなぁ・・・

    >>21
    何が何でも画面の描写が正しい!って虚仮の一念で「秒速300mの120ミリ弾」なんてアホウな事言い出す奴など「ドヤ顔」で沢山だw
  • 25:コメントげっとロボ 2019年05月14日 13:26 ID:Cfl3Eaof0
  • >>9
    ジェットファイヤーの方が強そうだよなぁ
  • 26:コメントげっとロボ 2019年05月14日 13:36 ID:hRDc.I8w0
  • >>5
    実はマクロスの大艦橋前面などに用いられているガラスみたいな物質は、「エネルギー転換装甲として最も効率が高い」という設定があったりする。
  • 27:コメントげっとロボ 2019年05月14日 13:50 ID:hRDc.I8w0
  • >>22
    A-10のアベンジャーですら30mm。
    それを遥かに上回る55mmで撃ち合う機体の防弾性を侮るか?
  • 28:コメントげっとロボ 2019年05月14日 14:08 ID:8RzqvcoL0
  • 生身のブリタイ司令に叩き潰されたが、
    あの人は生体兵器であるゼントランの中でも別格の強化仕様の司令官タイプだからな
  • 29:コメントげっとロボ 2019年05月14日 14:18 ID:6w3xPP1R0
  • 描写によってまちまちです
  • 30:コメントげっとロボ 2019年05月14日 14:18 ID:sCpSs4nc0
  • 空中降下から舗装路着地後でんぐり返し受け身でリガードを撃ちまくれるくらいは頑丈
    なお中の人はミンチ

    つうか装甲はともかくフレームや関節が間違いなく逝くやろ
  • 31:コメントげっとロボ 2019年05月14日 14:22 ID:8xpGX4MU0
  • 1992年に発売された、マクロス2のムックには、既にエネルギー転換装甲について書かれてるね。
    厚さ2mmで戦車並の強度があるらしい。
  • 32:コメントげっとロボ 2019年05月14日 14:45 ID:ZxJT4ncV0
  • ※28
    確か昔のみのり書房のマクロス本では身長1350㎝って表記だったなブリタイ。バトロイド形態のVF-1が12m、一般のゼントラ兵が実はバトロイドより小柄で10mくらいだったっけ。
    あのブリタイの活躍で
    「バトロイドで敵兵との取っ組み合いはヤバイ」
    という認識が生まれた。映画版のフォッカーでダメ押しされた感じ?
  • 33:コメントげっとロボ 2019年05月14日 14:55 ID:m9eqrcee0
  • 機首部分が取れて、もう一機のVF-1の腕に付けられる 万能性だぞ
  • 34:コメントげっとロボ 2019年05月14日 15:07 ID:YmyUVuQq0
  • 実際あの大きさの機体があのスピードで変形できるならその素材の強度は尋常じゃないだろう
  • 35:コメントげっとロボ 2019年05月14日 15:12 ID:yXGpbGbi0
  • 本当に紙装甲だったら、ブリタイに脳天から竹割り食らったときに、あの程度で済むわけが無い
    真っ二つになって無きゃおかしいっつーの。
  • 36:コメントげっとロボ 2019年05月14日 15:16 ID:446V01w20
  • >>30
    エネルギー転換フレームとか
    エネルギー転換関節とか
    エネルギー転換パイロットとか
    使われてんだろ
  • 37:コメントげっとロボ 2019年05月14日 15:21 ID:HDRbm5Ak0
  • >>8
    何をどう考えたらSEEDが先だと思えるんですかね・・・
  • 38:コメントげっとロボ 2019年05月14日 15:22 ID:HDRbm5Ak0
  • まあマクロス自体が劇中劇設定だから多少のことはエンタメ映像作品的な演出ですってことで許されちゃう
  • 39:コメントげっとロボ 2019年05月14日 15:55 ID:Jv4rOe7X0
  • 以前のガンダム勢とマクロス勢でどっちのほうが強いってスレあって
    マクロス勢のほうが単体で大気圏突破できるから装甲厚いって
    書き込みしてゆずらないバカがいたが、
    紙装甲だったからバルカンでΔのメッサ―は死んだじゃん?

    ガンダムだったらバルカン当たっても無傷だぞ(なおケンプファー)
  • 40:コメントげっとロボ 2019年05月14日 16:01 ID:NroaF12J0
  • 描写の矛盾はエンタメ重視の映像演出というのが公式見解だからね
    とはいえファイターでもそれ以前の戦闘機とは比べ物にならないほど堅牢でバトロイドだとそれをはるかに上回るというのは作中でも最初から明示されていたはずよ
  • 41:コメントげっとロボ 2019年05月14日 16:17 ID:hRDc.I8w0
  • >>39
    VF-31の時代だと、基本的に「ビームガンポッド」なのだが?
    しかも出力が余るバトロイドモードだと、ビーム兵器すらバリアで弾くという。
  • 42:コメントげっとロボ 2019年05月14日 16:23 ID:92d9RYUB0
  • 放映時は
    従来の戦闘機とは違い装甲を持っていて
    戦車並みに硬いて書いてた気がするが

    エネルギー転換装甲はファイター時の弱さを説明するものやないの
  • 43:コメントげっとロボ 2019年05月14日 16:42 ID:FxGZVJ8.0
  • マクロスプラス辺りで後付けでエネルギー転換装甲の設定出来たけどそれまでは公式で紙装甲だった
    ぬえの設定書にもデストロイドシリーズに比べて遥かに装甲に劣るって書いてある、ちなみに公式設定の話するとVF1は宇宙空間で全力機動すると1分でスラスター材使い切る
    スーパーパック付きでも3〜5分の活動で限界を迎える
  • 44:コメントげっとロボ 2019年05月14日 16:43 ID:Qbpxg.eT0
  • >>39
    やっぱガンダムにはギラドーガを粉砕できるバルカンよりヒートホークやな
  • 45:コメントげっとロボ 2019年05月14日 16:45 ID:cu7aApTe0
  • >>39
    そもそもファイターモードでコクピットのキャノピーを直撃だから紙装甲どころか
    非装甲部分じゃないか
    それに命中したのはバルカンじゃなくてレーザー砲だ
    ネット情報の聞きかじりで本編は見てないんじゃないのか?
  • 46:コメントげっとロボ 2019年05月14日 16:51 ID:jVBet8dV0
  • >>39
    バルカン?ドラケンのあれはリニアレールかビーム機銃だろ。
    急にガンダムとか何を基準に語っとんねん。
  • 47:コメントげっとロボ 2019年05月14日 16:53 ID:J593nIc80
  • ピンポイントバリヤーの発展転用した装甲、分かりやすく言えば装甲の上にバリヤーはってるのが転換装甲だったと思う

    意外と材質は強度でも中身はけっこうスカスカ、VF-1は意外と軽いのが解る、それで強度持たせるアーマードバルキリーができたのも解る、VF-27あたりだと付けたまま変形して飛んでる
  • 48:コメントげっとロボ 2019年05月14日 16:54 ID:HQYM7Zrb0
  • 劇場マクロスでフォッカー機が素手のカムジンに引き裂かれて
    相討ちだった気が
  • 49:コメントげっとロボ 2019年05月14日 16:56 ID:cu7aApTe0
  • >>43
    3~5分で燃料切れになるのはバトロイドのバックパック部分のロケットモーターだよ
  • 50:コメントげっとロボ 2019年05月14日 16:57 ID:0fJCCfK70
  • >>7

    VF-1のバトロイドは、墜落した宇宙人の戦艦を調査したら巨人が乗ってたらしいと分かったので、巨人と戦えるように作られた。
    ・・・と初代の劇中でフォッカーが煇に説明してた。
  • 51:コメントげっとロボ 2019年05月14日 17:06 ID:cu7aApTe0
  • >>47
    エネルギー転換装甲はピンポイントバリヤーの登場以前から存在しているし、
    装甲の上にバリヤーを張るのではなく素材そのものの強度を増すものだよ
    新世代のVFではフレームにもエネルギー転換装甲材を使用して軽量化と耐久性
    向上の両立をさせている
  • 52:コメントげっとロボ 2019年05月14日 17:18 ID:lMRZRrZK0
  • 地球の兵器には余裕の装甲でもゼントランの兵器の威力にはそれは当てはまらないからな。

    結果的に紙装甲に見えるかもしれんが弾の威力がでかすぎて装甲が意味をなさないのはゼントランも統合軍も変わらんしな
  • 53:コメントげっとロボ 2019年05月14日 17:19 ID:07atvFUV0
  • SWAGエネルギー転換装甲はマクロス世界の時系列で行けばVF-0で既に搭載されてたとか
    フォッカー少佐が言ってた気がする
    それより前は分からない
  • 54:コメントげっとロボ 2019年05月14日 17:25 ID:HcLSsXHz0
  • 戦闘機とか現用戦車と比べられてる時点で、標準的な巨大ロボットにはかなわないって事だけどね。
    でもまあスコープドッグよりは硬いんだろう。

    ※18
    ファイター形態じゃ胴体着陸になるとか、街中で降りる場所がないからかもしれないけど、それならガウォークの方が良さそうではある。
    でもビルに突っ込ませるつもりで変形させたわけでもないだろうからね。

    ※47
    ピンポイントバリヤーは初代劇中のマクロス艦内で開発されたから、それだとVF‐1には無かった事になる。
    後には転換装甲とは別にピンポイントバリヤーパンチなんてのも出て来るし、ピンポイントバリヤーはダメージを完全に防げるんじゃなかったかな。別物のような気がする。
  • 55:コメントげっとロボ 2019年05月14日 17:26 ID:IpTb0.bS0
  • VF-0の段階でエネルギー転換装甲が採用されて戦車並みの強度を保持してると、
    フォッカーさんがマクロスゼロ第一話で述べてます。
  • 56:コメントげっとロボ 2019年05月14日 17:27 ID:FDCArrUs0
  • 通電して強度を増すとかいう何気にフェイズシフト装甲じゃなかったっけ?
  • 57:コメントげっとロボ 2019年05月14日 17:28 ID:eh7s5D8x0
  • VF-1は余剰電力の都合上
    バトロイドモードとガウォークモードでしかエネルギー転換装甲が使えなくて
    装甲厚は見かけ上バトロイドモードで当時の非OTMの統合軍地上戦車レベルだから
    200~300mmってことでガウォークモードだとその半分以下だから100mm~150mmくらいで
    余剰電力に余裕が出てエネルギー転換装甲自体も第二世代に更新されたVF-25以降では
    その数倍の防御力だから700mm~1200mmってとこ。
    リアルの最新式戦車砲のAPFSDS弾で貫徹力が大体1000mm程度だから
    ギリギリ破壊できるかできないかくらいだな。
  • 58:コメントげっとロボ 2019年05月14日 17:43 ID:eh7s5D8x0
  • ※47
    ピンポイントバリヤとエネルギー転換装甲は全く別の技術。
    エネルギー転換装甲は金属板に大電流を流すことで分子結合を密にする技術で
    ピンポイントバリヤはフォールド技術を応用した
    局所的にフォールド空間を作り出す技術で実用化されたのはVF-19以降。
    あと、ネットで流布してるVF-1は核兵器に云々の話は
    初代の放送の数年後に出た同人誌の同人設定で
    しかもその同人の見かけ上の装甲厚が1000mmを超えて
    180mm砲でも貫通ができなくなって核兵器の撃ち合いになったという記述を誤読してる。
    その同人でも至近弾になら耐えられると書いてあるだけ。
  • 59:コメントげっとロボ 2019年05月14日 17:56 ID:eh7s5D8x0
  • ※30
    VF-0の時点で関節部にもエネルギー転換装甲が使われてる。
    これの装甲換算での強度がガウォークモードで100mmだから
    ティーガー1のもっとも装甲の厚い部分くらいの強度はある。
  • 60:コメントげっとロボ 2019年05月14日 18:00 ID:eh7s5D8x0
  • まあ、圧縮や引っ張りに対する構造としての強度と
    装甲としての強度は必ずしもイコールじゃないけどな。
  • 61:コメントげっとロボ 2019年05月14日 18:05 ID:92d9RYUB0
  • >>47
    アーマードはもともと
    バトロイド時の余剰出力を活かすため
  • 62:コメントげっとロボ 2019年05月14日 18:26 ID:nNaLoVkU0
  • >>12
    マクロスとかファーストのパクリやぞガイジ^^
  • 63:コメントげっとロボ 2019年05月14日 19:11 ID:mz7.Oo1o0
  • 用廃時に破壊するのが困難なぐらいには強度があるらしい
  • 64:コメントげっとロボ 2019年05月14日 19:13 ID:UzuDcDRy0
  • 相対的には重装甲の兵器じゃないだろうな
    楯となって他の兵種を護るとか、攻撃を跳ね返しつつ肉薄する用途じゃない
    現代の武器と比較すると非常識に重装甲だけど
  • 65:コメントげっとロボ 2019年05月14日 19:16 ID:xFNATbEy0
  • ※10
    少なくともプラスか
    一応見はしたんだけど全くそういう話出てた記憶にないな
    バルキリーの足首の動きがなんかすごかったとか脳直で動かせるシステムとか擬似人格が自我みたいなもの持ち始めたとかは劇中でも扱い良かったのに比べるとだいぶかるかったのと違うか?
  • 66:コメントげっとロボ 2019年05月14日 19:17 ID:3KDR5rPQ0
  • >>7

    演出っていうのは、脚本家の書いた台本だから確かに演出だが、現実にはVF-1が実在しない以上は、番組内でビルに突っ込んで壊れないならビルに突っ込んで壊れない装甲強度があるというのが劇中での事実だろう。

    番組内容をどう捉えるかは各人の自由だが、ドヤ顔すんのは短絡思考はアホだろ、と他人にドヤ顔するのはアホだろ。
  • 67:コメントげっとロボ 2019年05月14日 21:11 ID:sorIIezj0
  • 放映当初は本当にただのヒコーキだったが通電装甲の設定が追加された
    ただのヒコーキといっても陸戦形態に変形するし
    そもそも近接攻撃機としての性格が強いんで
    コクピットとかはA10的な装甲バスタブだろうね
    (恐らくバトロイド時の胴体モノコックフレーム兼用)
  • 68:コメントげっとロボ 2019年05月14日 22:02 ID:oh3WgCgY0
  • まあ現用戦闘機レベルの機体強度だったら変形の時点でバラバラになるだろうからな
    ミノフスキー粒子と一緒でマクロスから得られたOTを使用しているとでもしなければ説明がつかない描写が多々ある
  • 69:コメントげっとロボ 2019年05月14日 22:34 ID:bA7Pnpoj0
  • 少なくともマクロス初代の分厚い設定本ではその辺は書かれて無いな
    ただどのような形態でもどのようにでも飛べるくらいの
    物理力を携えることはできるらしい
  • 70:コメントげっとロボ 2019年05月14日 22:45 ID:E5jmO2740
  • 劇場版の時点ではエネルギー転換装甲という単語はないけど、マクロスの技術を応用した装甲を用いることで、それまでの航空機ではあり得ないほどの強度を得ている、という解説ならあるよ。
    ビッグウェストが90年代に何度か改訂を繰り返しながら出版した、マクロス大図鑑がソース。
  • 71:コメントげっとロボ 2019年05月14日 22:58 ID:eh7s5D8x0
  • ※66
    演出云々は置いとくとしても
    VF-1のガウォーク形態で見かけ100mm程度の装甲強度はあるから
    たとえば1話の後半で墜落しそうになりながら
    ガウォークで二階建てくらいの建物にぶつかって
    ほとんど損傷がないのは描写的にもおかしくはない。
    あの程度の建物ならリアルの現用戦車でも余裕で突き破れる。
    そもそもよく見れば分かるけどあれかなり壁がペラいしな。
  • 72:コメントげっとロボ 2019年05月14日 23:08 ID:b.LrS.2B0
  • ゼントランやメルトランが素手で戦って勝てちゃうくらい柔らかい
  • 73:コメントげっとロボ 2019年05月14日 23:30 ID:ortBfX0V0
  • バトロイドだと電力余るってのも意味分からんけどな
  • 74:コメントげっとロボ 2019年05月14日 23:44 ID:GhKGDh0l0
  • ※73
    電力が余るっていうかファイター形態よりエンジンの余剰出力が大きくなる=発電に回す容量が増える、じゃないかな。
    要はエンジン出力(推力)のリソースをどこに回すかの違いだと思う。
  • 75:コメントげっとロボ 2019年05月14日 23:52 ID:ortBfX0V0
  • ※74
    熱核エンジンやろ?
    推力と発電能力、全く別やん
  • 76:コメントげっとロボ 2019年05月15日 00:24 ID:GzrTZoqX0
  • そのまま大気圏突入できるぐらい頑丈です
  • 77:コメントげっとロボ 2019年05月15日 00:28 ID:HhsWHf5t0
  • >>36
    パイロットまで・・・。間違いなくteam R-typeが関わってますね~。
  • 78:コメントげっとロボ 2019年05月15日 00:36 ID:9Io0pCa40
  • ※70
    その頃なら特殊な金属をつくる技術だろうとか思ってしまうだろうな
    超合金Zだのガンダリウム合金だのを経た時代だし
    超弾性金属みたいな変り種もあったか
  • 79:コメントげっとロボ 2019年05月15日 00:38 ID:MQtM.vxR0
  • 本来、戦闘機は装甲で攻撃を防ぐ仕様にはなってない

  • 80:コメントげっとロボ 2019年05月15日 00:46 ID:HsQ9ZCpA0
  • ※72
    あいつら銀河規模の文明が作った超兵器だから
    単なる金属装甲のMSくらいなら素手でグチャグチャに出来るんじゃないか?
  • 81:コメントげっとロボ 2019年05月15日 00:52 ID:55fnpCDI0
  • 敵の航宙艦に直接に機甲兵力を送り込むのがVFの設計思想だから
    被弾さえしなければファイターモードでの装甲の脆弱性はそこまで問題じゃない。
  • 82:コメントげっとロボ 2019年05月15日 01:00 ID:.WDEz2xs0
  • ※72
    普通に頭を上から潰されてフォッカー先輩は・・・
    ブリタイとか生身で宇宙空間出ても無事なのもおかしい
  • 83:コメントげっとロボ 2019年05月15日 01:07 ID:55fnpCDI0
  • 色的に劣化ハルクみたいなもんだと考えればそうおかしくもない・・・か?
    みんな超人血清打たれてると思えば。
  • 84:コメントげっとロボ 2019年05月15日 01:10 ID:55fnpCDI0
  • まあ、たとえ力が強くても血が出るなら殺せるはず(シュワ並感
  • 85:コメントげっとロボ 2019年05月15日 04:34 ID:nFqsgI1X0
  • 宇宙人の技術を使ってるから初代VF1でさえもガンポットの威力は
    ガンダムをを紙くずのように撃ち抜けると聞いたことがある。
  • 86:コメントげっとロボ 2019年05月15日 05:32 ID:ZdPlneQ.0
  • >>62
    どこが?
    そう言いだしたら大抵のリアル系はファーストのパクりになっちまうじゃねーかよ
  • 87:コメントげっとロボ 2019年05月15日 06:18 ID:6gtQNNy70
  • 恒星間航行可能な文明の産物と、惑星間航行でひいひい言ってる文明の産物を比べて、ガンダムの方が強い(キリッ)とか、笑わせんなや。比べんなら∀あたりにしとけ。
  • 88:コメントげっとロボ 2019年05月15日 06:19 ID:MDC6XQf30
  • >>7
    ドヤ顔で説明するキミ

    ホモだろ

    ホモはいつもドヤ顔
    勘弁してくれ
  • 89:コメントげっとロボ 2019年05月15日 06:20 ID:MDC6XQf30
  • >>21
    ホモだから快楽を求めるんだよ
  • 90:コメントげっとロボ 2019年05月15日 06:32 ID:lxVttTi30
  • ※84
    血は出せたけど、死んでくれなかったよ。シン・ゴジラ
  • 91:コメントげっとロボ 2019年05月15日 07:06 ID:Bs39vfnE0
  • >>56
    PS装甲は強度を上げるとかじゃなく、外部からの衝撃を0にする謎技術。
    多分「相転移」という単語からして、水を加熱しても100℃を超えない
    (加えられた熱量は、液相(水)から気相(水蒸気)への相転移に消費される)
    ような原理なのだと・・・思う。

    >>75
    熱核反応炉の熱量を「推進剤の加熱」に使うか、「MHD発電」に使うかの違い。
  • 92:コメントげっとロボ 2019年05月15日 07:24 ID:Bs39vfnE0
  • >>82
    人間のサイズを巨人サイズ(約7倍)にした場合、体積=質量は7の3条倍
    そしてそれを支える筋力は断面積に比例するから、7の2条倍。
    つまり、普通にスケールアップしただけなら筋力不足で動けない。

    逆にそれを何とかしているということは、巨人化の際にヒトの持つ各器官は
    全くの別物に変更されているという事。
    最低でも単位断面積当たりの筋力や骨格強度は7倍以上必要だし、戦闘用なら
    より一層強化されて然るべき。
  • 93:コメントげっとロボ 2019年05月15日 07:49 ID:1gMg5gXd0
  • >>3
    いや、テレビ版の一話でぶつかったビル壊して頑丈さをアピールした上で
    超テクノロジーでメチャクチャ硬いと言ってるんだが
  • 94:コメントげっとロボ 2019年05月15日 11:55 ID:xlRJy1M80
  • VF-1のエネルギー転換装甲とかいう設定っていつ後付けされたの?
    ファイター形態の推力と出力がバトロイド形態では余剰になるっていうリアルさ溢れる欠点がVF-1の魅力のひとつだったのに
  • 95:コメントげっとロボ 2019年05月15日 12:39 ID:R574pclT0
  • ※87
    プロトカルチャーの技術がガンダムとかと比べると別次元なのは確かだけど、VF1の時代だとすごい技術だけど使いこなせないので地球産の戦闘機の強化に技術の一端を使用しただけだろう
    本当に技術力がやばくなったのはゼントラーディの技術者と合流してから
  • 96:コメントげっとロボ 2019年05月15日 12:54 ID:JT2cFMEi0
  • ゼントラン相手のド突き合いならスパルタンの方が打たれ強そう
  • 97:コメントげっとロボ 2019年05月15日 12:57 ID:55fnpCDI0
  • ※85
    VF-1のGU-11ガンポッドは口径55mm初速2000m/secの非OTM弾芯だから
    貫徹力はリアルの120mmの現用戦車砲より低い。

    ※93
    VF-1のガウォークモードでも見かけの装甲厚は圧延鋼板換算で100mmはあるから
    普通の二階建ての建物の薄い壁に突っ込んだくらいで損傷がないのは描写的にも矛盾はない。
  • 98:コメントげっとロボ 2019年05月15日 13:07 ID:55fnpCDI0
  • ※87
    設定資料も読まずにそういう単純化した話をされるのは迷惑。
    それに恒星間航行というか星系間航行自体は長時間噴射させ続けられる推進装置と
    亜光速まで加速したときに星間物質の衝突から船体を守るシールドがあれば出来る。
    ガンダムで言えばたとえば00なんか定義上十分に星系間航行が可能な文明。
  • 99:コメントげっとロボ 2019年05月15日 15:50 ID:Bs39vfnE0
  • >>98
    そりゃGN粒子なんてなんでもありを持ち出せばねぇ。
    GNフィールドの前には55mm弾なんか無力ですとか、量子テレポーテーションでELS母星までひとっ飛びとか?

    で、それは惑星間すらギリギリなUC世界と何か関係あるのかね?
  • 100:コメントげっとロボ 2019年05月15日 17:25 ID:Y4zoF07a0
  • >>92
    ゼントラーディ人がマイクローン化した時、余分のお肉や骨はどこに行っちゃうの?
    (もしかして、フォールド空間?)
  • 101:コメントげっとロボ 2019年05月15日 19:03 ID:ubuDK29q0
  • ※100
    普通にカプセルの液体の方に生ごみっぽく残るんじゃないかな
  • 102:コメントげっとロボ 2019年05月15日 19:09 ID:ubuDK29q0
  • 最近の作品が設定荒くなっただけで、ロボットの強度が非常識なのは当時は常識だったと思う
    ガンダムがガンダリウム(無重力冶金?)でマジンガーZが超合金なように

    オープニングのファイターモードから前回り受け身とか見たら
    あー異星人技術だなぁと思った
  • 103:コメントげっとロボ 2019年05月15日 19:14 ID:55fnpCDI0
  • ※99
    >量子テレポーテーションでELS母星までひとっ飛びとか?

    GN粒子には慣性軽減効果はあるが量子化を利用しての長距離ワープは実用化されてない。
    ただ一般に天文学者に星系間航行に必要なものはと訊けば
    亜光速に達するまで噴射し続けられる推進装置と
    その速度での星間物質との衝突を防護または回避するための何らかのバンパーという回答になる。
    俺が言った定義はそういう意味。

    >で、それは惑星間すらギリギリなUC世界と何か関係あるのかね?

    ※87の書き方ではUCに限ってないからアナザーも含めてだろ。
    それに宇宙世紀でもNTで光速飛行してるしな。
  • 104:コメントげっとロボ 2019年05月15日 19:58 ID:R.ET3rMy0
  • >>101
    どれだけの量の生ごみよ…。
  • 105:コメントげっとロボ 2019年05月15日 20:44 ID:TZv5nz9D0
  • NTの光速飛行はクソ推力というより世界認識というか観測に介入してんじゃないのかねアレ
  • 106:コメントげっとロボ 2019年05月15日 20:48 ID:TZv5nz9D0
  • ※104
    当然リサイクルされます(宇宙船の基本)
  • 107:コメントげっとロボ 2019年05月15日 22:49 ID:RECVzXIW0
  • エネルギー転換装甲って、スタトレシリーズの「構造維持フィールド」が元ネタじゃないだろうか?
    船の構造材にフォースフィールドを張り巡らせて強度を上げる、ていう技術。
  • 108:コメントげっとロボ 2019年05月15日 23:06 ID:55fnpCDI0
  • ※107
    違うんじゃないの?
    エネルギー転換装甲はべつにフォースフィールド類似の技術は使ってないしな。
    電流を流して金属の分子結合を密にする技術でそれ以上でもそれ以下でもない。
    ピンポイントバリヤのほうがまだそれっぽい。
  • 109:コメントげっとロボ 2019年05月15日 23:47 ID:ubuDK29q0
  • むしろUFOものに良く出てくる異常な性質を持つ「地球上のものではない金属片」
    LSI以前のイメージなのでサイコフレームみたいな説明はないが
    あり得ない原子構造なんかで異常に強靭
  • 110:コメントげっとロボ 2019年05月16日 00:50 ID:qv8o27860
  • ※101
    狐が化ける時に対象の体重と同じくらいの油揚げ使用するって話思い出した
  • 111:コメントげっとロボ 2019年05月16日 08:59 ID:zOZTFgr80
  • ※109
    たぶんそうだろうね、あれだけ瞬時に変形する事に耐えられる金属(複合素材)は現状存在しないし
    もし音速状態で変形できるとしたら、現在のどんな兵器でも傷一つ付かんだろう
  • 112:コメントげっとロボ 2019年05月16日 11:57 ID:qdslvtiv0
  • ※111
    だから関節部もエネルギー転換装甲と同じものを使ってるんだよ。
    変形も好きなように出来るわけじゃなく
    VF-25以前の第一世代のエネルギー転換装甲の機体は
    フレームへの負荷が大きいから通常一回の出撃に一度の変形までと内規で定められてる。
    エネルギー転換装甲はアダマンチウムでもヴィブラニウムでもない。
    設定資料も読まずに妄想を書き込むな。
  • 113:コメントげっとロボ 2019年05月16日 12:12 ID:qdslvtiv0
  • 変形の対気速度も音速以下の制限があるし
    VF-25以降の機体は慣性制御装置(ISC)が付いてるから
    最大27.5Gを120秒間までは打ち消せる。
  • 114:コメントげっとロボ 2019年05月16日 12:16 ID:qdslvtiv0
  • 正確に言うと消すんじゃなく慣性キャパシタなるものに貯めてるだけだから
    後でゆっくり解放する必要があるけどな。
  • 115:コメントげっとロボ 2019年05月16日 12:26 ID:qdslvtiv0
  • ぬえのDr.千葉が頑張って設定考えてるのに
    ろくすっぽ設定資料読んでるやつがいないんだから
    報われないな。
    マクロスほど設定資料が充実してる作品もないのに。
  • 116:コメントげっとロボ 2019年05月16日 12:44 ID:SQoMfDaG0
  • >>115
    そういうのは分かる所で晒してこそで、見えない所でやられても仕方ない
  • 117:コメントげっとロボ 2019年05月16日 19:54 ID:NoHGyKYG0
  • 例えばバネが2mストロークするはずのところ、動かずに運動エネルギーを吸収するんだろ
    ちゃんと組み上げれば慣性制御や半重力に準ずる効果があるはず
  • 118:コメントげっとロボ 2019年05月16日 21:41 ID:qdslvtiv0
  • ※117
    エネルギー転換装甲のことを言ってるなら
    根本的に間違ってる。
    エネルギー転換装甲のエネルギー転換ってのは
    運動エネルギーを吸収するという意味じゃなく
    電気エネルギーを装甲強度に‘転換’するという意味。
    装甲板に大電流を流して金属分子の結合を密にする技術だからな。
  • 119:コメントげっとロボ 2019年05月16日 21:49 ID:D07Z.yIT0
  • >>105
    福井が天界から無限の力を得ていると最近のインタビューで言ってたぞ
  • 120:コメントげっとロボ 2019年05月17日 12:39 ID:ImjFqdhx0
  • ※119
    だったらプギャーだなぁ
    サイコフレームとNTの組み合わせはそれこそ冥界の門というか
    機体そのものが幽世の存在かになるのか
    ほぼ光速まで加速すなると
    エネルギー取られた方の天界がちと心配だなぁ
  • 121:コメントげっとロボ 2019年05月18日 18:17 ID:Oa.9VSda0
  • 恒星間飛行が普通に出来るマクロスの世界のtechnologyと、
    太陽系内でやっとのガンダムでは、どうしようもない開きが有りますね(-_-)。
    ガンダムの世界が、ゼントラーディーの大艦隊に勝てるなんて、普通に考えませんからね(-_-)…………………。
    ゼントラーディーと戦うなら、せめて、バッフクランに協力を求めないと……………
    地球ごと殲滅されそうです。(-_-)
  • 122:コメントげっとロボ 2019年05月18日 18:35 ID:Oa.9VSda0
  • マクロス世界は先ず、敵の本星を砂漠の砂程の数の大艦隊で徹底的に破壊(-_-)。

    ガンダムは、モビルスーツ戦主体(-_-)………………。

    ●(-_-)フリーザが、ナメック星を破壊して、スーパーサイヤ人の悟空を
    倒そうとしたのに似て、規模が違い過ぎます。

    ガンダム世界は先ず、地球ありきで脆いですね(-_-)。
  • 123:コメントげっとロボ 2019年05月18日 23:00 ID:i.gtNHB00
  • 全VFの中でいっちゃん弱いからしゃーない
    VF-0とsv-51は試作品だから除く
  • 124:コメントげっとロボ 2019年05月19日 08:17 ID:aeBy88.a0
  • 紙で追加設定の例のインチキ装甲なくても半分陸戦兵器なんで
    コクピット周りに25mmぐらいの機関砲弾に耐えられるぐらいの
    複合素材のプレートでも入ってそう
    (想定される巨人エイリアンのパーソナルウェポンの口径このくらいかね)
    F16サイズの小型のSF戦闘攻撃機としてはバリアやフォースフィールド展開出来る連中除けば
    十分に重装甲なんじゃないか



コメントする

名前
 
 
≪ 前ページ | HOME | 次ページ ≫
ブログパーツ アクセスランキング