ダイキ ロボットプロジェクト

ロボット(主に2足歩行ホビーロボット)に関する情報や記録をブログ形式でアップしていきます。

あいち次世代ロボットフェスタ3rd 出展

2011.12.22-23と「あいち次世代ロボットフェスタ3rd」に出展してきました。
場所は名古屋市駅近くのウインク愛知です。

00001
今回の出展はAndroid端末によるロボット制御をテーマとしました。

00000
こちらが当日のロボット(CAT FACE)です。
先のブログにも書きましたが、設備の不具合により頭部の変更が出来ず既存の頭をそのままつけています。
カメラに関しては、股の間に搭載しました。干渉もなく意外としっくりと収まっています。

【出展メンバー】
001002
左が12/22、右は12/23の精鋭たちです。
これまではメカ設計のメンバーが担当していましたが、今回はSE/PGメンバーで固めました。

【出展アイテム】1
0001000011
0001200013
今回メインのスマートフォンです。
ロボット制御用にAndroidアプリを開発し実装しました。

【出展アイテム】2
0002000021
0002200023
Androidタブレット端末(ARROWS Tab)です。
こちらはアプリの開発が間に合わずVSTONE製のフリーアプリを搭載しました。

【出展アイテム】4
0007
同じくAndroidタブレットに、ちょっとしたゲームとして「迷路探索アプリ」を実装しました。
ロボットを主人公とした3D迷路ですが、まだ開発途中ということもあり、ちょっと難しかったです。

【出展アイテム】5
0003000031
0003200033
昨年から出展しているサイコロロボットです。
なじみのあるプレイステーションのコントローラということもあり、子供たちに人気がありました。

以上5点が出展内容です。
地味な内容ですが、バリエーションに富んでいて、これからの発展に期待できそうです。

【会場の様子】
0006100060
0004000041
12/22(木)は平日ということもあり、人通りは少なかったです。
12/23(金)は祝日でしたが、やはり例年に比べると入場者数が少ないように思えました。
やはり土日の方が集客しやすいのではないでしょうか。

また来年に期待しようと思います。
関係者の方々、お疲れ様でした。

あいち次世代ロボットフェスタ3rd 前日

12/22-23と名古屋のウインクあいちで「あいち次世代ロボットフェスタ3rd」が開催されます。

今回はAndroidアプリがメインなので、ロボット(CAT FACE)はその受け皿なのですが、先の日記の通り少し改造が必要でした。
CF111207
結局デザインは当初の落ち着いたものに変更しました。
地味ですが機能性重視ということで。

あとは加工するだけだったのですが、今になって加工機MODELAの調子悪く、新ヘッドは断念せざるを得なくなりました。
残念ですが、旧ヘッドのまま出展します。


あとロボットを操作するAndroidアプリにも問題が発生しました。
ずっとスマートフォン(AndroidOS2.2)で開発を行っていたのですが、それをタブレット端末(AndroidOS3.2)に載せ替えたところ、エラーが発生してしまいプログラムが上手く走らなくなってしまいました。

OSのバージョン違いによるエラーだと思いますが、こちらも前日ギリギリの対応になりそうです。

あいち次世代ロボットフェスタ3rdに向けて

2011.12.22(木)-23(金)に開催される「あいち次世代ロボットフェスタ3rd」に向けて、出展ロボットの準備が追い込みの時期になってきました。

今回はスマートフォン(タブレット端末)からのロボット制御(アプリ開発)をメインとしているので、ロボット本体はほぼそのまま使います。
ただ先の日記の通り、頭部の改造が必要なので、少しずつ設計を進めていました。
機構はインターンシップ生に設計してもらっていたので、詳細設計を進めつつ、残るはデザインだけでしたが、そこが一番苦労しました。
結局時期がクリスマスということもあり、ちなんだものにしようとの意見を反映したのですが。
CF111202
かなり無理がありますが、トナカイのつもりです。
頭の上に載っている黒い物はカメラになります。
付け焼刃で足したので、全体のバランスも苦しいものになりました。

デザインもそうですが、あちこちガタも出ているので、時間が取れれば一度綺麗に設計し直したいと思います。

2011年インターンシップ受入れ後期

2011.08.22(月)〜09.02(金)までの2週間、インターンシップ生にCAT FACEの頭部の改造をお願いしました。
今回は製作まで間に合わなかったので、図面作成までで終わりましたが、その後その図面を基に3D化を行いました。

CF110902h
元々頭部にはコントローラー用の受信機が入っていましたが、今回はBluetooth用の受信機も入れたく、裏表に配置して共用出来るようにしました。
コネクタは一つなのでひっくり返して差し直します。
固定はユリヤネジ一つで止めているので簡単に交換できる、はずです。

CF110902
イメージはこんな感じです。
まだ肉抜きも何もしていないのでのっぺりしていますが、製作に入るまでにデザインも詰めていこうと思います。

お披露目は、あいち次世代ロボットフェスタ3rd(2011.12.22-23)を予定しています。

スマートフォンとロボット

Vstone社から「Bluetoothシリアル通信モジュール」が発売されましたので、スマートフォンと合わせて購入しました。

20110427-3
20110427-2
元々CAT FACEの頭にはゲームパッド用の受信機が入っていたので、マイコンボードからのコネクタを差し替えた後、その下段に通信モジュールを入れました。

20110427-1
合わせて、アンドロイド用のアプリもダウンロードしてきました。
スマートフォンはauのIS03です。

さっそく通信のペアリングを行いロボットを動かしてみました。
当たり前ですが、問題なく動きました。
ただ、タッチパネルの感度によるとも思いますが、レスポンス遅れや誤操作も少し起きたりしました。
それを考えると、急や正確さを要する動作にはまだ不向きかもしれません。

101106_1423_01
機会があればサイコロロボットに通信モジュールを組み込んでみようと思います。
livedoor プロフィール
カテゴリー
アーカイブ
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
協賛リンク
アールティロボショップ

ヴイストン株式会社

株式会社エイチ・ピー・アイ・ジャパン
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ