機械技術教育の実践と研究

横浜DeNAベイスターズ応援を応援しています。台湾が好きです。

セリーグは3位争い=最下位争い

セリーグは3位争い=最下位争いという前代未聞の状況になっています。広島の次にヤクルトが出てくるとは予想外でしたが山田選手が復活したりチーム力は上向いています。ベイスターズはもう3位は無理という状況の繰り返しでしたが、他が負けてくれたおかげで何とか食らい付いています。今日の阪神戦は大事ですが、阪神には弱いので心配です。観客も動員できて、セリーグの営業としてはとてもよいことでしょうが、どこが3位になっても借金を10ほど抱えてということになるでしょうから、それで日本シリーズ出場などなるとまた賛否両論が出てくるでしょうね。

DeNA、41年ぶりの20本塁打4人!ロペスが5年連続20号

昨日の逆転負けはかなり痛かったですね。山崎が安定しないのでパットンをはさんだのがいけなかったか、今永があと一イニング投げられていたら...。など、結果論ですが、3位がかなり遠のきました。さて、タイトルにあるとおり、41年ぶりに20本塁打4人だそうです。打線はかなり強力なのですが、左腕が...。ところで、41年前の4人に名前は「田代、松原、シピン、高木」と、おそらく私が初めてハマスタに出向いたくらいの時期ですね。懐かしい。

太陽ホエールに

横浜駅の近くを通りがかったとき、「太陽ホエール」という看板に反応して入店してしまいました。お昼時で次の用事もあったので、お酒はやめておきましたが、餃子などを食べてきました。もちろん、まだ開店したばかりのようですが、今後、ベイスターズファンが集まるお店になるのではと思います。
ホットペッパーでの紹介はこちらに。
taiyou1s

taiyou2s

taiyou3s



東が好投で9勝目(現地観戦)

<横浜4−1中日>最下位争いの対戦になってしまいましたが、まだあきらめられません。ということでの観戦ははじめて見る東投手。小柄ながらのびのびと投球していてマウンドさばきも素晴らしかったです。筒香選手のレフト方向へのHRで試合は決まりました。中日も主軸の外国人が怖かったのですが上手く抑えてくれました。中日は浅尾や岩瀬など登場して懐かしさを感じました。浅尾投手はずいぶん投げ方が変わっていました。さて、まだ連勝すれば上が見えてくるので、何とかつなげていきましょう。
azuma

azuma2

azuma3

KANANOがKANOと重なって見える!

甲子園では金足農業の快進撃が続いています。農業高校が決勝進出するのは1931年(昭和6年)の第17回大会で、台湾代表として出場した嘉義農林以来とのことです。この時のエピソードの映画が『KANO 1931海の向こうの甲子園』で私が初めて台湾に出向いた2014年に台湾で、2015年には日本で公開されました。そして今年3月、嘉義に出向いたときに現地の中学校で野球部の顧問をされている楊老師に嘉義の野球場を案内していただきました。そんなご縁もあるので、金足農業のユニフォームの胸の文字の「KANANO」が嘉義農林のユニフォームの胸の文字の「KANO」と重なり、応援しています。これを機会に「KANO」のことや台湾のことに興味をもつ方が増えると嬉しいです。もちろん、ダルビッシュも、菊池も大谷も成し遂げられなかった史上初の東北勢初優勝を目指して。
KANO2

DeNAの不振は“エース”の不在。 石田、今永、雜トリオは甦るか。

こちらに記事があります。さすがに期待されていた左腕が壊滅状態だと厳しいですね。特に大きな故障はないというのも気になるところです。広島2戦目はあっさい敗れてしまい、3位が遠ざかります。

横浜8回に3連発で広島に逆転勝ち!

<横浜7−5広島>この3連戦、1敗でもすると3位争いから脱落と思われる厳しい状況でしたが、スカッとする三連発で逆転勝ちです。昨年の広島戦での3連発を思い出しました。まだまだ借金が10もあるので、安心はできません。まずは明日も勝利して連勝をいきたいものです。それにしても今季期待された左腕はどうしたのか…。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
 BLOGランキング
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
KADOTA BOOKS
TAKUJI
livedoor 横浜