サイエンスカフェや科学系の出版など、科学コミュニケーションの活動をされている方が13人ほど集まりました。理科教育で著名な左巻さんに声をかけていただき、参加させていただきました。サイエンスカフェの活動や出版関係の話題など、いろいろとお話をうかがうことができてよかったです。左巻さん以外は初対面の方ばかりでしたが、私がはじめて本を出版した出版社の方や、昨年取材協力をさせていただいた新聞社の方、SSH事業でお世話になっている機構の方などが参加されていたので、いろいろと話しがつながりました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ→サイエンスカフェというのは聞いたことはありましたが。

参加したことはないいので、いろいろとお話を伺い、参考になりました。全国的に統一された組織はないようですが、各地でいろいろな方々が活動されているようです。北大にそういった活動をされるような方を養成するところもあるようで、そちらで学んだ方も参加されていたので、お話を伺いました。教員でない方が、お仕事とはある意味、区別して、ボランテイア的に活動されている方が多いという印象を受けました。

私などは1週間に十数時間の授業をするだけでまずは満足なのと、いろいろと機材がないと、なかなかお話だけでというのも厳しいのですが、参加される方がコーヒーでも飲みながら、ねじの小話でもというのでしたら、おもしろいかもしれませんね。そうそう、6月1日(日)のねじの日にこちらで「ねじまつり」が開催されます。ちょっと参加できるかわからないのですが、お世話になっているねじあさいさんが私のねじ本ねじ図鑑を展示販売してくれるそうなので、できれば出向きたいと思っています。ねじに興味のある方はぜひいらしてください。

しかし、博士の研究がなかなか進まないのが悩みの種でして、実験やプログラムで連日つまづいております。今日もこれから実験です。