小<小>ラーメン(150g)ニンニク少なめ・ザク切りさらしタマネギ(本日限定:無料トッピング)
image




 何ヵ月振りやねんw

 ホームの権利を剥奪された身ではありますが…それでも尚言いたい!

 ココ(下新庄本店)がホームであると!!



 今日の昼担当は勿論、社長!

 たとえラーメンを食えなくても今日のワシはここに来なくてはならなかったのですw



 先に所用をバタバタと済ませ…思ったよりもすんなりと片付いたので到着したのは午後2時チョイ前…コチラの客層は読みきれないので、正直どれ程ならんでるのか分からない?

 ビクビクしながら何時もの高架下角を曲がると…ありゃりゃ5人しかならんで無いじゃん? image

 コレはラッキー!と…店の前にある券売機で・・・ image
 食券を・・・

 って、何ですかコレわ? image
 本日限定無料トッピング?…ザク切りさらしタマネギ!?

 取り敢えずコレは頼んでみよう!…と食券を買ってヘタレバサミを付けてから外待ち列の後ろに接続します。



 約12分ほど外待ちし店内へ!…今日のホール兼助手は既にベテランの域に達したスーさんと新人らしい見慣れないお兄ちゃん!

 ゴツくてちょっとイカツめなのは彼も格闘技をやってるからかな?

 でも目元はカワイイw…ホモじゃ無いぞ!!



 セルフで箸・レンゲ・おしぼりにお冷やを用意し、カウンター高台へ食券を・・・ image
 麺場にいる大ちゃん(社長ですw)から「えっ?150g…ホンマにもうすぐ死ぬんとちゃいますか?」…って、死なないためにこんな事してるんだよ!!

 口が悪いのは何時もの事さw…それに彼はちゃんと判ってる!



 店内へ入ってからもまるまる1ロット待ちだったので、ちょっと時間はかかりましたが約16分でお待ちかねのコールタイムに!

 「ニンニク少なめ・タマネギで!」と伝えると…「え、それだけですか?」と答える大ちゃん…もうイイからwww

 そして「中にお祝い仕込んどきました!」と社長は言いながら(ヤック お祝い?)・・・トンッ! image

image
 お~ッ!まるで普通のラーメンみたいぢゃw (でも、スープ面の位置が麺量150gには見えないんだが?)

 記録を撮り、早速いただきます。



image
 如何にも醤油が効いた濃い褐色…そして背脂ゴッテリの社長スペシャルスープ!
image
 先ずはレンゲで一口、ズビィーッ!

 最初はアレ?って思うくらいサラッと軽く、やや甘口の醤油ダレだけが前面に出てたんですが…時間差で来た!!

 微乳化ながら花鳥さんによりガツンと底上げされた豚の旨味!

 この辺りのバランス感覚は、六甲道の"とにさん"や今は居ないけど"カズくん"それに新栄の"タケちゃん"がセンスを受け継いでいます!

 寺田町の"フクちゃん"や枚方の"クニちゃん"は…やっぱりちょっと違う!…他の修行先で受けた影響が大きいからね(それはそれで大事にして欲しいです)。

 一見、ジュニアミドルからミドル級に感じるスープ!…飲めば飲むほどガツンと来る重さ!…スーパーヘビーとは言いませんが、ジュニアヘビー~クルーザー級の破壊力を備えていて・・・ image
 このバランスだからこそ少なめにしたニンニクパンチが良く合います!



image
 ちょっと辛いですよ!と言われたザク切りのさらしタマネギでしたが、シャキッと小気味良い食感と玉葱らしい辛味の中に甘味もあって、ちょっと甘めな味付けのコッテリ濃味スープととても良く合ってて旨いです。



 デフォ量の控えめヤサイは・・・ image
 もう、見本のようなシャキクタ仕上げw

 僅かにしんなり…でもシャキプリとしたモヤシと、クッタリとした甘味たっぷりのキャベツ!

 スープも程好く馴染むし・・・ image
 ちょっと辛いくらいの、旨味たっぷりプリトロ濃味アブラと一緒に頬張ると堪りません。

 当然、サクッと瞬殺www



 ヤサイを片付けたら・・・ image
 スルリと天地本手返し!

 麺量自体は…注文通り・・・だったんだがw



 卓調のパフパフ一味を・・・ image

 軽くかけ・・・ image
 サッと麺に混ぜ合わせていただきます。



image
 ズシッとした重さを感じる平打ち極太縮れ麺…これぞ荘麺です!
image
 ガチムキ仕上げだと思い、短期決戦モードで力の限りズビビィ~ッ!と一気に啜り上げると・・・

 んん?…スルスルと啜れるw

 表面(麺肌って言うのか?)は仄かにデロったようなヌルリーフw…から、麺の中になるほどモチムチとした噛み応えある弾力を感じるモノ!

 先日の"これ好き"アルデンテ麺のように明確な芯はありませんが、全体的にはムギュウッと引き締まったヘビー級らしい強いコシがあって流石の食べ応えですw

 噛み締める度に感じるオーション麺らしい小麦の甘味と旨味に、スープとプリトロアブラがガッツリ絡んで堪らん旨い!!

 こんな事なら150gなんてしないで、せめて普通の小(200g)にすりゃあ良かった・・・なんて、とても思えませんw



 なぜならば・・・ image
 この"祝い"豚がwww

 バカデッカイのはヌードルジャングルの3ライン特典で出てきたモノと同じ・・・ image
 厚みも普通の3倍近くあって、こりゃあもうトンテキだよw

 ボリュームだけじゃ無くて食べ応えもガッチリとしたウデ肉らしい筋肉質なモノ!…でも、出汁ガラとかじゃなくて噛み締めるれば噛み締める程に肉の旨味がジュワジュワ!!

 断面の小さい方は…これも罠w

 断面幅と厚みがほぼ等しいウデ肉ヘタ肉塊!

 こちらは大判豚より味は濃く、若干ホロ柔な具合w…脂身もたっぷり付いてたんだけど、しっかりと煮込まれててクドさも無くてコッテリ美味しくいただけました!



 かなり麺量は抑えめにしてくれてたおかげでなんとか食べ切り、最後はスープをグビッと一口…最初は軽く感じたけどやっぱり重いわ・・・ image
 約7分40秒で無事に残飲完食です。



 いやぁ~やっぱり旨いわ!

 大ちゃん! スーさん! そして新人のお兄ちゃん! 今日もありがとうございます。

 どうも御馳走様でした!♪



 でも社長!…ちょっと気が早いですよw