ラーメン+ライス(1杯)
image




 永く喉奥に引っ掛かって全然取れない魚の骨のようなモヤモヤサマ~ズな気持ち・・・

 2014年3月始めのしょんべん横丁火災でお店は焼失…そこから約2年半・・・

 元の店舗から言えば、駅を挟んで反対側になる""昨年8月に復活オープン!



 はるか昔…大体20年前にベロベロに酔っ払った〆に行ったきりでよう覚えて無いんですが…何故か妙にホッコリとする味だった事だけが記憶に残っています。

 火災で全焼し、もはやコレまでか?…こんな事ならもっと行っとけば良かった!…なんて思いつつ、復活オープンされたって事で昨年の8月末のお昼に伺ってみたんですが…閉まってる・・・

 そう、コチラは夜営業専門のお店だったんだよね?




 そこから行こう行こうと思いつつ…なかなかタイミングが合わなくて (´д`|||)・・・

 今日遂に!…"やっと願いが叶うのだな・・・"と言う事で・・・
image
 やって来ました!

 到着したのは開店寸前の午後6時ホンのちょっと前・・・
image
 外待ち4名様…って、ここ外待ち出来るんや?



 定刻になりご主人が暖簾を上げて開店、先客さんに続いて店内へ進みます。

 カウンター奥よりの席に2人ならんで着席して先ずは恒例の卓調チェック!
image
 ドンッと丼に入った紅生姜・ニラキムキそして白菜キムチ!

 宮っ子のように蓋付きのSUS容器には・・・
image
 おろしじゃなくて刻みニンニクが!…後、粗挽き黒胡椒もありますが…うっすら残る記録を紐解いてみても・・・変わらないなぁ~・・・

 因みにコチラにはメニューなんぞ一切無くて、厨房上の壁に"お代 700.ー"とだけ書いてありますw…席に着いた瞬間にオーダー完了w

 コチラ特有のローカルルールとしてはライスが2杯までサービスで付いて来るのでライスの有り無しだけ伝えるシステムです。

 麺の通い凾(箱)には・・・
image
 大弘軒の焼き印?

 中崎町にある老舗製麺屋さんの麺を使用してます?



 厨房内は麺場に立つ店主さんと奥さまらしき女性お2人で…先のお客さん達は少なからず常連らしく店主さんもスッカリ馴染んだ口調でやり取りされてて…ワシもいつかそんな風になりたいのぅ~・・・

 急いでる風でも無いのに無駄の無い動きで調理を進める店主さん!…トッピングの段取りやサイド(ちゅうても白飯しか無いけどw)を絶妙のタイミングで出す奥さま!…さすがです。

 結構ユッタリしたタイミングだと思ってたんですが、実際には4分チョイで・・・
image
 ら~めんと・・・
image
 小サイズのライスが登場!

 記録を撮り、早速いただきます。



 先ずはら~めんから!
image
 何となく天下一品のコッテリスープのようにも見えるビジュアル!

 実際には全く異なりますが・・・



image
 色的にはほら…天一っぽく見えねぇ!?

 レンゲでスープを掬ってみると・・・
image
 サラッと抵抗無く救えるモノ…なんですが、色的にはやっぱり天一w←(シツコいな)

 ズビィ~ッ!と一口…怒られるかな?…最初に頭の中を過ったのは"フクちゃんラーメン"それもジンワリ優しくなったような味わいに感じました。

 サラッと軽く仕上げられた豚骨ベースのライト白湯スープからは何処と無く甘味も感じる優しい風味もあるので、香味野菜の他に鶏ガラも使用されてるような・・・

 醤油ダレもどちらかと言えば控えめな感じですが、過度な甘味も無く自然にスッキリとした味わい・・・それよりも昆布出汁のような旨味が思ったより強くて…結構花鳥さんバリバリな感じですw

 でも、コレが旨い!!

 1歩間違えればライトなスープ故に、スープは薄ッぺらく花鳥さんのクドさだけがどうも突出した感じになり兼ねない所を見事なバランスで纏め上げています!…ちゅうか、実のところライトだライトだと言ってもかなり骨太で丁寧に取られたスープだからこそ為せる業だと言う事は直ぐに解りました。m(_ _)m←(ホンマは"フクちゃん"や"げんこつ"もスゴいねんで!)



 薬味はサクサクと細かく刻まれた葱・・・
image
 ちょっと乾いてパサ付きが出てるようですが、風味は飛んでないしスープに浸せば問題無しw



 普通の太さの…コレは緑豆もやし!
image
 丼縁に沿ってバラッと散らすようにトッピングw

 チョイヤワしんなり仕上げでコイツがスープとメッチャ合うんやで!



 チャーシューは復活初期のモノ(とよつねさんブログ参照)とは異なる・・・
image
 大判のモモ肉チャーシューが2枚!

 適度に脂身の乗ったしっとり柔らかで噛み応えとジュワッと湧き出る肉の旨味!

 プリサクとした脂身からはコクと甘味だけで無く煮込み過ぎた脂身では出ないちょっとクセはあるけど赤身とは違う独特の旨味が!

 コレは旨い!…ちゅうか、もっと食いたい!!…因みに奥さま大絶賛のチャーシューですが、ワシもそう思うよ!



 そして麺・・・
image
 中細のストレート麺で、箸で掴み上げた感覚はとってもしなやかw

 某板では賛否両論の麺なのですが、食わない事にはどうにも言えない!…って事で・・・
image
 ズビィ~ッ!

 かなりしっかり茹でで表面はヌルッとした感じもあります…が、伸びてデロデロなんて事は全くありません。

 ちゃんとエッジの立った麺はしなやかなコシとシュルッとキレのある喉越しでスルスルと気持ち良く啜れるモノ!

 確かに柔らかめと言えばそうなんだけど…麺のアップを良く見たら糸一本分くらいの芯が…決して柔茹ででは無く、コレがこの麺を一番美味しくいただける茹で加減なんだ!!

 実際、スープとも相性もバッチリだしあまりの旨さに、麺だけ先に無くなりそうになって焦ったモノw



 デフォでの旨さを確認したら、やっぱりやらなアカンやろ?
image
 紅生姜とニラキムキ!

 合わせると旨味の強いライト系スープに辛味とコクが加わって…でも、もう一推し欲しいゾ!…ってな訳で・・・
image
 ニンニクパンチ!!

 フクちゃん度3割増し(爆)!



 でももっとフクちゃん度がアップする白菜キムチは・・・
image
 サービスライスでw

 ニラキムキもそうですが、コチラのキムチは、辛味やや強めで仄かに効いた酸味(勿論、旨味もしっかり!)もありとてもワシ好みな味わい!

 麺を一啜りして、ガッツリ白菜キムチを合わせた白飯と一緒にガァ~ッとカッ込むとメチャ旨です。



 結局麺が先に無くなり、辛味カスタムしたライト豚骨スープでキムチ飯をいただいたんですが、何となくパンチが?…ちょっとイタズラのつもりで・・・
image
 普段はあまり使わない粗挽き黒胡椒を一ふりしてズビィ~ッ!

 うわ!これマジ合うやんw



 そのままの勢いでキムチ飯をカッ込み、最後はグイ~ッとスープをデッド飲み!
image
 約8分30秒で美味しく2/3飲完食しました。←(ライスはちょっと奥さまに助けてもらったけど)



 店主さん! 奥さま! 今日は本当にありがとうございます。

 懐かしくも旨いラーメンを久々にいただきました。

 どうも御馳走様でした!♪
image