2016年08月

濃鶏白湯ラーメン(並)+3ライン達成特典:レアチャーシュートッピング
image





 ヌードルジャングル2周目!8杯目じゃw

 実はこの日、先に福島壱麺に行ったんじゃが、楽しみにしてた限定の日にちを間違えたのと雨がどんどん強くなってきてるよ?…って事で、大好きな炙り〆鯖の塩冷やしも食わずに撤収したんじゃが・・・



 十三大橋越えたら雨止んだないか!?

 時間的にも腹減りまくり…いっそう南方の"笑福"でマシマシするかな?とも思いましたが、ヌードルジャングル2周目の枠店のうち"えびす丸"ならまだ間に合うな?…ってことでソチラへ向かいました。



 で、午後1時40分頃にドライグリップ専用タイヤを履いた愛騎にて無事到着。 image
 この時間でも、外待ち5人って…さすが日曜日だなw



 と言ってもタイミングは良く、約7分程で店内に・・・ image
 ちょっと"つけ麺"な気分だったんですが、今日はやってないんだと・・・吹田時代の人気No.1メニューだった濃厚鶏白湯ラーメンでも良かったんだけど、先ずは様子見も兼ねて中濃鶏白湯ラーメンをセレクトします…って、清湯系のつけ麺はやってたんじゃねぇかw



image
 買った食券をお姉さん(奥さま?)に渡して案内された席へ…ヌードルジャングルの完遂カードを見せると、こちらでの特典はレアチャーシューサービスとの事で、興味もありお願いすることにしました。

 厨房内の店主さんが調理に取りかかる間に、恒例のメニュー&卓調チェックをw
image

image
 全品逸品!と言う自信と・・・
image
 粗挽き黒胡椒のみと言う潔さw



 そして、約14分ほどでお待ちかねのラーメンが・・・ image
 ドンッ!

 で、時間差で・・・ image
 レアチャーシューもドンッ!!…ってぇかボリュームスゴいなコレ?

image
 中濃鶏白湯ラーメン!レアチャーシュートッピングの完成!

 この時点で既にラーメンの方が迫力負けしてるような感じなんだけどw…記録を撮り、早速いただきます。



image
 乳化をさせた鶏白湯と言っても、ジャガイモの澱粉や鶏皮やモミジを使って無理矢理ゴテゴテにしたものではなく、スープ単体では本当にコレって乳化してるの?って言う感じですが・・・
image
 レンゲで掬ってズビッと飲むと、鶏のクセを抑えつつ乳化仕様ならではのテロッとした優しい旨味はしっかり出ています。

 ただな…コレはあくまでもワシの個人的見解なんだが、デフォの"えびす丸醤油ラーメン"の時にはその甘味としっかりしたカエシの旨味がバランス良く感じたんですが、今回のスープとは…その力のあるカエシがスープの持つ旨味を押し潰してるような感じがして…でもスープだってしっかりとした主張があるので、お互いに足の引っ張り合いをしてる?そんな感じがしました。

 後は、このカエシの甘味…スープ自体も清湯より甘味が出てるので余計に強く、クドさを感じると思うのですが…出来る事なら白湯スープ用にはカエシ単体ではちょっと一味足りないくらいの方が上手く纏まる感じがします…それか"ひの屋"のようにスープを力業で行くか?…って、なら濃厚があるやんw



 そんなクドさを感じるスープの助け船となってくれたのが・・・ image
 薬味として入っていた白髪葱とカイワレ!

 特にカイワレのピリッとした辛味は舌にベタ付く甘味をスッキリさせるのにとても有効!…カイワレ!ナイスフォローですw



 初っぱなから嫌事を言っちゃったんですが、そんなワシ的には?なスープとの組合わせとも絶妙の好相性を魅せてくれたのが・・・ image
 この麺!

 表面がちょっとザラッとした中太ストレート麺なんですが・・・ image
 ズズッと啜ると…甘味をクドく感じる中濃鶏白湯スープを良い具合に持ち上げて…ちょっと角の取れたエッジの残るしなやかな喉越しの麺をシュルシュルと小気味良く啜り切れます!

 噛み締めてみると、モッチリとした中にホンの糸1本分くらいの芯が残り、プツンとした歯切れの良さと、小麦の旨味をしっかり感じて…こりゃ旨いじゃないか!?

 前回いただいた"えびす丸醤油ラーメン"の時も良いな!と思ったんだけど、スープ+麺の組合わせって意味ではこちらの方が合ってるように思います。…でも甘いw



image
 今回も大サービス?…って訳じゃないけど、コチラでは当たり前w

 たっぷり入った穂先メンマは今日もしっとり柔らかくてサクッとした軽い食感とメンマの風味もしっかり!…相変わらず甘いけどw

 でも、清湯でいただいた時のメンマは単に甘口って感じだったんですが、今回はチョコレートみたいな香ばし甘さが?…昔どっかであったんだ!…こんなチョコレートみたいな味のするメンマ!

 多分、三国ヶ丘の方だったんだけど…そこも濃厚なゴテゴテ鶏白湯で…何度か行ったけど、メンマが食べたくて…そればかり食ってたなw



image
 厚切り大判のバラ肉チャーシュー…前回はカチカチなうえ、なんか味も抜けててダメダメ感満点だったんだけど、今回もギュッとカタメな仕上がりながら弾力もあるし肉の旨味もしっかり!

 脂身も余分な油の抜けたプリッとしたコク甘なモノで…コレなら良いや!…前回のは下ブレだったみたい。



 そして前回も"コレだけで良いや!"と思わせる鶏ムネ肉のチャーシュー?は!・・・ image
 うん、今回も旨い!!

 しっとりした舌触りで、適度に弾力のあるプリュッとした柔らかで、アッサリしつつも鶏肉らしい優しい旨味がたっぷり!

 やっぱりコレだけあれば良い?w



 本来はデザート代わりにいただく半熟味玉(半分)は・・・ image
 前回と同じモノなんだろうけど…スープとの組合わせのせいか、やたら甘いだけに感じるしw

 スープの持つ影響の強さを感じるもの (デザート=甘いではない筈) です。




 今回、特典サービスとして別皿として付けていただいたポリューム満点のレアロースチャーシューは・・・ image
 味付けは一番控えめで胡椒のスパイス感を効かせたレア仕上げらしい赤身主体の濃厚な旨味を活かしたモノ!

 カット厚もしっかりあり、ギュッギュッ!と噛み締める度に肉汁と一緒に旨味がジュワジュワと湧き出してくる…コレは逸品かもw

 ただね、コレ・・・スープに対して旨過ぎるんだよ!

 大判厚切りのが4枚も入ってたので1枚はスープに浸して食べてみたんだけど、完全にチャーシューの旨味に対してスープが負けてるしw

 なんで結局、ラーメンをいただいてからチャーシューをデザートとしてそのままいただきましたw…が、これだけで完結する旨さなのは如何なモノでしょう?



 デザート(メイン)チャーシュー?をいただき、最後はスープを一口だけクピッと…やっぱり甘い (´д`|||)・・・ image
 飲み干すには至らず、約7分10秒ほどで残飲完食としました。



 店主さん! 奥さま! そしてスタッフのお姉さん! 今日もありがとうございます。

 まだまだ進化の余地のある一杯なので、コレからに期待しています。

 どうも御馳走様でした!♪



image
 店を出たときには昼営業終了までまだ少し時間があったんですが、スープ切れ営業終了となっていました。
















塩ラーメン(200g)ニンニク・アブラ+葱・クリームチーズトッピング
image





 今日は待ちに待った8月2度目の塩ラーメンの日! image


 葱+クリームチーズ?…ラーメンにクリームチーズだと!?

 だが・・・駄菓子菓子!

 これが旨いのだァダァダァダァ…!!



 到着したのは午前11時半チョイ前・・・ image

image
 居るのぅ~!

 開店まで後15分程で先客さんは10人待ち…だったんだが、諸事情により8番目に繰り上げ。

 定刻となり店内へ順次入店していきます。



 ワシも券売機で・・・ image
 食券を買って案内されたのはテーブル席の中腹あたり・・・

image
 今日はオプションの有料トッピング2種盛り(葱+チーズ<チーズは勿論クリームチーズだぜ>トッピング)なので洗濯バサミも合わせてかなりカラフルですw



 店内1ロット待ちなので約20分ほどでお待ちかねのコールタイム!

 オプションの葱がかなりガッツリだし、元々コチラのヤサイはデフォ盛りも多めなので「ニンニク・アブラ」のみでお願いします。

 そして"カァちゃん"に運ばれてきたのは・・・
image
 小ラーメンのヤサイデフォ盛りでコレっス!
image
 で、今日のトッピング、クリームチーズも含めた全てが別皿での提供!…葱とアブラは元々このスタイルなんですが、これヤる時のスープって、先ずはそのまま食ってみろ?旨いゼ!!…って言う河島店主さんからのメッセージ!
image
 これだけでワクワクが止まらないw

 記録を撮り、先ずはスープをなにも加えずそのままいただきます。



image
 先日いただいた仁川の"しぇからしか"にも似たビジュアルのスープ?

 あくまでも視覚情報だけで丼からプンッと香る匂いや独特のオーラは"これ好き"そのものです。

image
 ファーストコンタクトはレンゲで掬ってお上品にズビーッとw

 豚…ドーン!!

 前回はマッタリ感が増幅したなんとなく博多?…どちらかって言うと久留米系っぽい味のスープでまろやかな旨味が濃かった代わりに結構クセもあったんですが、今回は油脂分多めながらスキッとした味わいに!…コレは旨い!!

 店主さん曰く、結局元にスープの炊き方を戻したって事ですが、塩ダレのカドを適度に抑えつつキリッとした味と、とにかく濃厚でストレートに味わえる旨味!…やっぱり"これが好きだから"w

 旨いのよ!…って言うか、今日のスープはホンマにヤバいです!!

image
 ガッツリとブッかけられた鰹節を半分程スープに合わせてみると…魚介の風味がスープに深みを与えてくれて、こりゃまた堪らん!



 吊し?状態のスープを堪能したら次はヤサイ! image
 バクッと一口いただくと…"これ好き"名物、チョイシャキ来た――ッ!!

 実はシャキよりクタの方が得意なワシですが、シャキプリモヤシ&サックリキャベツの風味豊かなヤサイに、これ好き最強の塩アブラと鰹節がメッチャ良く合います!

 旨えよコレ!…ボリュームもかなりたっぷりだったんですが、貪るようにザクザクといただきましたw



 ヤサイの第一ステージを堪能したら・・・ image
 うりゃあ!と天地本手返し!!

 そして・・・
image
 平打ち極太縮れの荘麺を、先ずはデフォスープ状態で・・・ image
 好し!!

 今日は見事なチョイ柔仕上げ!

 ズビーッ!と啜った時に感じるブリブリ感と程好くズッシリ感じる重さが心地良い!

 ブリブリした弾力を感じつつ啜り込んだ麺をガシガシと噛み締めると、モチムチした中にギュギュウッと引き締まった強いコシを感じるモノ!…コレや、コレやがな!!

 デフォでも極旨な濃厚塩豚スープ&麺ですが、だからこそ出来る反則的魔改造(爆)をヤりますですw



 先ずは・・・ image

image
 クリームチーズ・塩アブラ・ニンニクと1列にならんだ味変トッピング!…"旨い三連星"のうちクリームチーズを・・・ image
 ドンッ!…グリグリと溶かし混ぜたら・・・
image
 お椀に入った葱を・・・ image
 ザッラーッ!w

 塩アブラを半分ほどブッかけて軽く混ぜたら・・・
image
 卓調のパフパフ一味をかけて・・・ image
 さらにグリンと合わせてから麺をいただきます!



image
 ズビーッ!・・・う、うおぉぉ~!?

 元のスープが持つキレはスポイルされちゃいましたが、クリームチーズの持つ酸味を伴った濃厚なコクと発酵系特有の旨味!…そこに追い打ちのように襲いかかる塩アブラのショッパコク甘な旨さが!…一味は過度に暴走しがちなコクを程好く引き締めながら本来の旨味を引き立て、たっぷりブチ込んだ葱はそれ等極濃味変アイテムに適度に清涼感を感じる爽やかさを与えてくれます?…って・・・

 何を言いたいのかよう判らんようになって来たwww

 更に今まで残しておいたニンニクパンチをブチ込んで、混ぜ混ぜしてからスープをグビッ!そして麺をズビーッ!…オルテガハンマー!!

 ジャンクさ満開なのに、元のスープの旨さはしっかり味はしっかり!

 味変までが神レベルw



 ならば・・・ image
 豚にくらい突っ込みどころがあるだろ?とかぶり付いてみれば・・・

 適度な肉の食感を味わえながら、フワフワホロホロな柔らかさで、肉の旨味はたっぷり!…脂身もプリッとコク甘!

 味付けもホンの少し濃いめでコレが絶妙に旨い!!

 なんだよ今日は?…全てにおいて死角無しかよwww



 残る麺も豚もガツガツと夢中で頬張り、最後はスープをグビグビとデッド飲み!

 3分の1程を一気にいただいた時点で・・・ image
 ハッと気付いてカウンターに丼を置き、約8分50秒で残飲完食です。

 ヤバい!もう少しで飲み干してしまうところだったw



 川島店主さんに「ヤバい!旨い!!」と言うと…「ありがとうございます。」と控えめな返事ですが、顔は思い切り (  ̄▽+ ̄)b ドヤ顔www

 なにも言い返す言葉はありませんw



 川島店主さん! カァちゃん! そしてコウダイくん! 今日もありがとうございます。

 コウダイくんによると最近の店主さんのスープは神懸かって来てるとの事で、次のホーモンとも本当に楽しみです。

 どうも御馳走様でした!♪








 

小ラーメン(200g)ニンニク・ヤサイ,アブラ,カラメ+3ライン達成特典:デカ豚1枚
image




 ヌードルジャングル2周目、七杯目じゃ!

 通院デイで久し振りにフルコースメニューを堪能し、ヘロヘロになった身体を引き摺りやって来たのは我(元)ホームの歴史本店・・・
image
 なんじゃこりゃ!?

 そういや今晩もフュージョン限定の日だったか?

 ひぃふぅみぃ…と数えてみれば25人待ち!?

 到着時間は開店10分前くらいだったけど、普段ならこんな事は滅多にありませんw

 タイミングが悪かったかwww



 そうか、客層をみればその殆んどが学生くん?…実家から帰ってきて"ネコまっしぐら!"ってヤツかw

 最初は止めようかな?なんて思いましたが、今日はまだ余裕もあるし…ってことで列に接続・・・

 定刻通りオープンし、外待ちのお客さんが食券を買って店の中に吸い込まれていきます。

 そしてワシも…食券を買って、外待ち列に再び戻ると…まだマンホール超えの位置ですw

 長期戦覚悟で待っていると、後ろには良く合う麺友さんの姿もw…実のところ、この時後ろにズレてればよかった等と激しく後悔(爆)!…それも定めですわw



 約1時間10分待ちでようやくの入店 (´д`|||)・・・ image
 すでに表は真っ暗くら助w


 今日はペースがかなり遅め…どうしたんだ、マサくん?

 店内に入り食券をカウンターへ・・・ image
 マサくん、明らかにヘロヘロ…完全にパワーダウン状態やん?…聞くところによれば熱出してたとか?

 厨房内での動きは、コチラでの修行中"マサの陣"の時のダメダメモード以上にヘロヘロ・・・でも、ヘロヘロでも麺上げの動きなんかはやっぱり店を預かるに相応しいモーションでしたが・・・

 店内では1ロット丸々の調理待ちだったんですが、約30分ほどかかってようやくコールタイム…ヲイ、大丈夫か?…ってくらいヘロヘロ状態のマサくんから受け・・・

 「ニンニク・ヤサイ,アブラ,カラメ」のフルコールでお願いします。



 そして・・・
image

image
 ドンッ!?

 ダメだw…ヤサイまでヘバってるwww

 ヤサイもヘバってるけど、それ以上にヤサイがデカ豚で押し潰されてる感じ? image


 持ち上げると、優に単体で100gオーバーな豚! image
 マサは約束を守ったのだ!

 記録を撮り、早速いただきます。



image
 スープは醤油をカラメにしてるので、いつもよりちょっと濃いめの色合い?…変わらんかw

 取り敢えずレンゲで一口ズビーッ! image
 乳化スープは乳化スープですが、この日のはちょっと軽めに感じる口当たり?…出汁感はしっかりあるんだけど、いつもの暴力的なアブラの強さは少なめです。

 そのためでしょうか?…今日は半日分の現場勤務ながら、リハビリでもフルパワー!

 結構しっかり汗も搾り出したら筈なのに、カラメマシの醤油をショッバ辛く感じますw
image
 きちんと入れてくれたニンニクパンチのバランス、コレは悪くないw

 しっかりと味を引き締めてビシッと効いたニンニク風味がスープの旨さを引き立ててくれます。

 でも、今日くらい汗をドボドボに流してたら、カラメマシマシでも薄く感じて醤油を追加するくらいだったのに?…体調の回復にはまだまだ時間がかかるって事なのかな? (´д`|||)・・・

 それに油脂分弱めのためでしょうか?…後半になるにつれて思わぬ弊害も・・・



image
 デカ豚の下ですっかり押し潰されたヤサイは…やっぱりな・・・

 シャキクタ?…なんてモンじゃねぇ!

 なんでこんなに茹でた?…ってくらいクッタクタな仕上がり・・・

 なんだかな?…コレはコレで旨いんだけど…さすがに・・・もう少しはヤサイらしい食感も欲しいところw

 スープの馴染みはガッツリで、ヤサイの甘味もたっぷりなんだけど…ちょっとタレの味とアブラのコッテリ感が勝ち過ぎて…前菜としては重たいかな?…って感じでした。



 ヤサイを片付けたところで・・・ image
 おりゃあ!と気合いの天地本手返し!

 卓調のパフパフ一味で・・・ image
 ブーストアップした上から、肉カスアブラを・・・ image
 ブッかけ、グリッと軽く混ぜたら麺をいただきます。



image
 今日は・・・かなり柔め?…クドウくんほどのデロ感は無いけど、ちょっと違和感を感じます。

 でもこの感じ…嫌いじゃないですw
image
 スープをガッツリ吸って薄褐色に染まった平打ちのギザ極太縮れ麺・・・ image
 ズズッと啜り、噛み締めると・・・

 フニフニとした麺中心にかろうじてキュッと引き締まったコシが残る感じ?

 う~ん、これ好きともちょっと違うんだな?

 違和感を感じる原因は…食べ応え以上にオーション粉特有の甘味が少ない事…グルテン由来の旨味はまだ感じるんだけど、やっぱりヘバっちゃってるのかな?



 ズビズビと麺を啜る箸休め?にいただくのは、デフォフト配置の豚w image
 やや小振りながら、ガッツリ塊感のあるウデヘタ肉軍団!

 ちょっと濃いめの味付けとしっかりとした肉の旨味を感じられるホロ柔仕上げ!

 コレは旨いゼ!!



 でもこの頃から、顕著に感じてきたのがスープの温度!…お世辞にも熱い…とは言い難い。

 ブッちゃけ温いんだ (´д`|||)・・・

 併せて麺も段々冷めて来て…まるで未來さんでゲキチンした時の麺のようにデロンとした感じに?…これって結構ツラいよ。



 でも、ホームでだけはゲキチンなんて無様な真似は出来ん!!

 ネガな印象は忘れるようにズビズビと麺を啜り倒し…ウデ豚の旨さが本当に助けになったw…何とか麺も撃破!



 だが・・・ image

image
 コイツが残ってるんだよ!!

 かなり後悔の念を抱きつつ、3ライン達成特典のデカ豚へ(爆豚よりははるかに可愛いがw)果敢にアタック!

 ちょっと冷めてる事を除けば、このデカ豚かなり…と言うか、メッチャ旨いです。

 バラ肉でしたが脂身のクドさも感じさせないしっかりと炊き込まれた…ちょっと歯応えも感じる肉々しい食べ応えでガツガツと!…美味しくいただき・・・



 最後はスープを、可愛くクピッと一口だけw image
 約7分50秒ほどで無事に残飲完食することが出来ました。



 この後に食った麺友さんの時には、飲んでるクスリが効いたと見えて見事復活を果たしたマサくん!

 でも、ワシのように死ぬ程食ってるヤツは良いけど、初めて食べに来て…今回のような一杯がここのラーメンなんだって思うお客さんも居ることを忘れないで欲しい。

 作る側には何百杯、何千杯のうちのホンの一杯かもしれないけど、食べに来るお客さんには一期一会の一杯かもしれないんだ!



 という訳で、今回の一杯はノーカウントにしておくw

 マサくん! バイトの少年くん! 今日もありがとうございます。

 どうも御馳走様でした!♪














ラーメン(麺カタ)+かえ玉(バリカタ)
image





 本日はコチラにゃう!!

 仁川にある博多系豚骨の名店"しぇからしか"ぢゃ!

 別にサボって競馬しに来た訳じゃ無いからなw…(ワシはギャンブル系一切しません!…何故ならば、人生そのものが博打だからw)



 到着したのは午後12時半過ぎ…昼からここで仕事じゃけぇダッシュで食わねばならんのじゃw
image
 幸いな事に外待ちナッシング!

 って事で、スルッと店内に入ると狭いカウンターのみの席の空きは残り2席!…ラッキーと言えばラッキー?

 取り敢えず食って直ぐに離脱(食い逃げじゃねぇぞw)出来るよう、入口一番手前の席に…すると直ぐに最後のラッキーなお客さんがワシの隣に着きましたが、殆んど客席を見てない筈の店長さんらしきお兄ちゃんがコチラを向き「お客様、なんになさいます!」と・・・プロだゼ!

 「ラーメン、麺カタで!」と答えると「はいよ!」と麺を箱から2玉?取りながら「お隣さんは?」と・・・

 隣のお兄ちゃんも麺カタ…まったく同じ注文でしたが・・・

 約2分足らずでちゃんとコチラから(この間別のお客さんのかえ玉や追加トッピングオーダーに応えつつ)ラーメンを「お待たせしました!」と言って提供してくれました…って、全然待ってないんすけどw
image
 出て来ただけで…かぁ~なぁ~りぃ(豚骨)臭い!www

 今は本場でも丁寧に下茹でと血抜きをして臭みをしっかり取り除いたクリーミーでマイルドなスープが…逆に主流になってるんだ?

 勿論、走りとなったのは今や全国に名を馳せる"一風堂"なんだけど・・・ココのはホンマに博多豚骨ラーメンとしてはオールドウェーブ系を頑なに守るお店!…その為か好き嫌いがはっきり別れる傾向があるんだけど…元々ドM気質のあるワシは大好きですw (余談になりますが昔ワシの知り合いから俺は豚骨ラーメンばかり年間100杯以上食ってるんだ!お前は豚骨ラーメンを語るな!とご高説いただいた事がありますw…返すワシの言葉は"ワシはその3倍以上豚骨ラーメン系を食ってますけど?"と言ったら何も言わんようになったw)・・・気合いが違うわ!

 余談はこのへんにしといて先ずはスープから・・・ image
 良いなぁ、この感じw

 所々に浮き出した泡立ちと微妙に出た色ムラ…完全に溶け切らなかった色んなのが微妙に浮かぶ・・・料理としては未完成品と言うべきなんだろうけど…このワイルドさこそが最大の魅力!

 テラテラとした油脂分の多さも良い感じです image
 レンゲでズビーッ!と一口いただくと・・・

 醤油ダレで味を調えられたスープからは、豚骨のクセと共に全部出しらしい獣感満載の旨味がガツンと!!
image
 たっぷり入った細目の青葱…スーパーとかで安売りされるカット葱でお馴染みのヤツですが、これがスープには良く合う!


 サラッとした飲み口なのにネットリと舌に纏わり付くのはガッツリ効かされた油脂分のため…好きな人には堪らないけど、嫌いな人は店の前を通るのも嫌!ってタイプですw



 続いて麺を・・・ image
 博多豚骨って言えばコレ!

 カタメでお願いした低加水の極細ストレート!! image
 ズビビィ―――ッ!

 うん、これよ!…このパッツリ感が堪らねぇw

 続いてズビーッ!…小麦の風味が濃厚ワイルドスープに仄かですが重なります。

 ズビーッ!ズビビィ――ッ!…ズビ・・・ image
 無くなったw



 「かえ玉バリで!」…プリーズ!…「お待たせしました。バリです!」・・・早ッ!!
image
 約20秒強で登場したかえ玉w…これってハリガネレベルじゃねぇのか?

 丼にドボンと投入! image
 軽くスープと合わせたら、今回はなんとなく・・・
image

image
 卓調のうち山盛りに盛ってあるベニー(紅生姜)ちゃんを・・・ image
 のせ、軽く混ぜてから麺を・・・ image
 ズビビィ―――ッ!!

 パッツリと言うよりザクザクした食感w

 確かに小麦の風味はカタ麺よりずっとクッキリとしていてスープとの相性自体は悪く無いんだけど・・・ワシ的にこの食感は、ちょっとヤり過ぎ大王って感じかな?

 確かにこのバリもハマれば堪らないんだろうけど、ワシは普通のカタメくらいが丁度良い感じです。

 ところが、このバリカタ麺!…ポキポキなハードな口当たりですが、これが意外にスルスルと啜れるのよ



image
 相変わらず理解不能な海苔トッピングw…でも、思い切ってスープに溶くようにしてから麺と絡めると意外に旨いことを発見!

 でも面倒くさいや(爆)



image
 ペラッペラのバラ肉チャーシューはボリュームも少なく何処に食ったの?…って感じだけど、実はフワトロだし旨味もしっかりあって旨いのよ!…豚増し200円って追加トッピングがあるんだけど、1度やってみても良いかな?なんてw



 だが、ここのラーメンは、やっぱり麺とスープとの組合せが全てだ!

 低加水極細ストレートのバリカタ麺なので結構伸びるのが早い筈だけど (実はちょっとスープを吸うのを期待してた)、待ち切れずにバリカタ状態のまま啜り尽くし…残ったスープは?・・・やっぱり残した方がいいだろうなぁ~?

 なんて丼を持ったままクピクピ飲ってると・・・ image
 しまった!ついつい…約6分40秒ほどで完飲完食してしまったぁ~ッ!!



 意志が弱いんです・・・m(_ _)m・・・

 でも良いか!旨かったしwww

 店長さん! スタッフの皆さん! 今日はありがとうございます。

 どうも御馳走様でした!♪













炙り味噌らぁめん(並)+ごはんセット
image




 ヌードルジャングル2周目の6杯目ぢゃ!

 今日は西中島にある"らぁめん じん"さん。

 前回ホーモン時にいただいた"味噌の逆襲"ってのが、かなり好みの味だったので迷うこと無く再訪ですw



 到着したのは正午チョイ過ぎ・・・
image
 外待ちナッシング!&店内に入ると1割ほどの客入りでガラガラ・・・

 店主さんの奥さま?らしき女性スタッフさんにカウンターお好きな席にどうぞ!って事で入口に一番近いレフトサイドを確保します。



 先ずはメニュー確認を…って、もう決まってるんだけどねw image
 "流星つけ麺"&"味噌の逆襲"は旨いに決まってるw…つけ麺は食ったこと無いけど(爆)!
image
 今回選んだのはコチラ御自慢の本炙り味噌!…何となく自分的には大外れになりそうな予感ビシビシなんだけど…きっと旨いだろう?って事でお願いします。
image
 お昼のお得な"ごはんセット"も忘れずにw




 席に着いてホンの数分の間にランチを求めてお客さんが続々…あっという間に店内は満席となり、中待ち席どころか外待ちまで出る始末?

 でも、みんな待ってるって事は…やっぱり美味しいと思ってるって事だよね?



 そんな絶妙なタイミングで今回も到着したワシは、やっぱり幸運なのでしょうか?

 厨房内ではゴウッ!と大きな炎を上げつつ手早く調理する店主さんの手際に関心しながら待っていると、約7分ほどでお待ちかねのラーメンが登場です!
image
 ドンッ!…こ、これは!…見紛う事無き"ザ・味噌ラーメン"なビジュアル!!

 どう見ても味噌にしか見えないスープからは、甘香ばしい味噌特有の薫り!

 ご丁寧にスイートコーンまで乗っちゃってw

 味噌ラーメン好きには堪らん…そして味噌苦手なワシには一番避けたいタイプ(爆)!

 記録を取りながら待ってるんですが、セットの"ごはん"が出て来ないのでホールの奥さま?に伝えると…「申し訳ありません!」と言って・・・ image
 ちっちゃい茶碗ながら盛りの良いごはんがw

 意地悪せずにちゃんと伝えましょうね。

 という事で・・・
image

 早速いただきますw



image
 もう立ち上る匂いだけで、ワシとしては腰の引けるスープw
image
 意を決してレンゲでズビーッ!

 うわ!味噌が香ばし甘い!!…だけじゃ無い。

 掬った感じはサラッとしてるけど、味噌特有のコクと旨味を強くて、思ったよりもショッパ辛さも効いた味わい!

 コレはかなり旨いかも?…何より、その味噌に負けないくらいスープがガッチリとした骨太な味わいで、おそらく前回いただいた"味噌の逆襲"同様、豚骨や鶏ガラそれにモミジ等の動物系に節系、煮干しの魚介…昆布や椎茸等の旨味出汁とたっぷりの野菜を合わせて取られた複合型の濃厚スープ!

 そしてラードを使用して炒めた野菜・・・ image
 モヤシ、キャベツ、白菜等と味噌スープを中華鍋で一気に合わせた…所謂チャンポン仕様の仕上げ方!

 そりゃ、ワシはこれ好きだわwww

 だって熊吉の"味噌味チャンポン"と同じ方法だもの。

 でも…やっぱり今回ベースの味噌ダレの味はちょっと苦手だな(爆)!



 そして前回も、かなりナイスな組合せだと思った中太縮れ麺! image
 モッチリムチムチで、麺表面はツルリとした長期熟成中ならではのプリプリした弾力と、シコシコしたコシを持つもの!
image
 そのプリプリ感を楽しみながら、一気にズビビィ~!!

 ・・・なんじゃ!?…"味噌の逆襲"の時もかなりイケてるなぁ~と思ったんですが、この炙り味噌の香ばし甘い濃厚なスープとの組合せだと…麺の持つ小麦の旨味と風味!それにスープとの絡み具合も…前回をはるかに越える相性の良さ!

 やっぱり正統系味噌ラーメンに的を絞った麺なんだな?…と良く判りましたw



 その香ばし甘い濃厚味噌スープにはこれも良く合ってた・・・ image
 カイワレと糸唐辛子w

 糸唐辛子はともかく、カイワレって風味と辛味が結構強くて、場合によっては"余計なお世話!"だよw…って感じるんですが、このスープにはピッタリ!

 ワシが甘口苦手って事もあるんだけど、コレは味噌の薬味としてはかなり良い感じです。



image
 チャーシューは可愛らしいサイズのバラ肉チャーシューが1枚だけでしたが…フワッと柔らかくて旨味もしっかり…でも普通、普通ですからw



image
 スイートコーンは…スマン!これだけは勘弁してくれ(爆)!…さつま芋とならんで苦手なモノなんだw…よって未食・・・



 そうそう、折角のラーメンライスなんだからごはんも食べなきゃw image
 味噌ラーメンのスープとしてはあまり好まないけど、味噌汁は結構当たり前に飲むんだよねw…なんだかんだ言ってもごはんには合うしw

 で、先ずはパクッと食ってみたんだけど・・・

 ごはん…アウト!

 柔らかい?…なんてものじゃ無い!…かなりベチャってるw

 コレは個人的好みの問題かも知れないけど、ワシは白飯のときゃあ粒のしっかり立ったカタメのが好きなんだ!

 と言っても…それでも食えるのが白飯のスゴさなんだけどねw



 中盤からは・・・ image
 卓調の中から一味をセレクト!

 今回はかけ過ぎないようにパラリと軽めに・・・ image
 トウガラシブーストで、ビシッと味を引き締めてズビビィ~!!

 やっぱり適量使いが一番旨いよね?



 麺が無くなったら後は残った一口ごはんとコレを・・・ image
 味玉半分w

 一緒にパクッと…うん、ちょっと甘口だけどごはんとは合います。



 最後は頬張ったごはんと味玉を流し込むようにスープをグビッと一口…旨い!けどやっぱり甘いw

 約8分35秒で残飲完食としました。



 次に来る事があれば、やっぱり"流星つけ麺"かな?

 店主さん! スタッフの皆さん! 今日もありがとうございます。

 どうも御馳走様でした!♪














↑このページのトップヘ