カテゴリ: 御馳走系

店長さんお誕生日会(って思いっ切り仕事<ホスト約>してるやん?)の絶品コース料理w
IMG_20190630_115008



 本日はラーメン・うどん・若しくはカレーや牛丼等、基本単品お手軽系のメニューしか食わないワシには似合わないオサレ系のお店w

 言うてもコチラには一度ホーモンさせていただいております。



 夜の宴に参加するのもホンマ久し振りですわ。

 ちょっと早めに到着したものの皆さんいらっしゃるのはギリギリで…お仕事その他諸々お忙しくやや遅れの方も待って、午後7時半前に宴はスタートしました。



 今回はお店のシェフ氏のお誕生日記念と言いつつお料理作るのは祝われるシェフ自身?

 良いんでしょうか?…と思いつつ、料理を用意してるシェフの表情(カオ)はメッチャ愉しそう!

 参加してる我々は、目一杯今日用意されたお料理を楽しめばイイんだね?



 因みに本日のメニューはコレ!
IMG_20190630_120836
 見たことも聞いたことも無い名前の料理が羅列w

 つけ麺と手作りパン、お楽しみデザート(何が出てくるのかは知らんけど)くらいなら何となく判る。



 そして一品目、鮎のプロフィトロールなるものの登場!
IMG_20190630_115154
 ロッテパイの実みたいなんに黒っぽいソースのかかったのん?

 上にかかってる黒っぽいソースは酸っぱくて・・・そのくせカラメルみたいなマッタリしたコクとフルーティーな味わい・・・

 何じゃろか?と思いお隣の詳しそうなメンバーさんに聞いてみるとバルサミコ酢やで!とのこと。

 成る程!…そう言や食ったことあるかも?
 ※多分バルサミコ酢ベースにしたソースかも・・・

 巻いてるパイの実みたいな皮はサックリとした軽い食感で…やっぱりパイ皮?

 それもバターたっぷりのモッタリした味ではなくホントに軽くてあっさりしたタイプ。

 中のすり身みたいなのは鮎の風味もしっかりあるんだけど、チーズみたいな濃厚クリーミーな感じで・・・濃いんだけど意外にサッパリ!

 旨い!・・・けど、ワシ的には鮎は塩焼きで丸かじりするのが好きかな?…m(_ _)mゴメンナサイ…偏屈なモノで・・・



 2品目は・・・
IMG_20190630_115403
 夏のロワイヤル 賀茂トマトのソース・・・???…賀茂トマト?

 茶碗むしかに見えるんですけど??

 もしかしたら入荷食材の都合で急遽変更されたのかも知れませんが・・・コレはワシ的にメッチャ好き!

 調べてみるとロワイヤルってフレンチで日本の卵料理みたいな蒸し料理なんやね?…全然知りませんでした m(_ _)m

 いただいてみると殆んど冷製の茶碗むし?言うよりコクのある卵豆腐みたいな感じやって…ホンマに旨い!旨過ぎる!!

 ロワイヤルそのもの?は普通にいただく卵豆腐みたいですがクリーミーでしっとり柔らか!…賀茂トマト?・・・何となく赤身かかってますが、トマトって言う感じはそんなに感じないんやけど・・・

 スッとキレの良い口あたりの軽さがトマト由来なんでしょうか?

 よう判らんねんけど旨いです。

 そして和との融合?…と言うか・・・

 日本の夏っぽさを演出する具材の数々!

 魚は鰻の蒲焼きと穴子っぽく感じるけど小振りの鱧?…あっさりやけど口あたりの優しさとふっくらした身の食感それに皮の味は白焼きした状態の穴子みたいな・・・どれもこれもワシの大好きなヤツです。

 ほんで青物?には蓴菜(ジュンサイ)、枝豆、オクラ、のパワー付く系w…好きなんばっかり!

 白っぽい朝もぎ仕立てのような玉蜀黍(トウモロコシ)も入ってて・・・ブッちゃけワシはトウモロコシが苦手なんやけど・・・

 フレッシュなトウモロコシってこんなにスッキリしつつ甘味と旨味もしっかり嫌味の無い味で旨いんや!←トウモロコシ旨いと思ったん初めてです。

 途中で酢橘を搾って味変すれば更に楽しみも増えるんでしょうが・・・気が付くとあっという間に完食してしまいました。



 3品目は・・・
IMG_20190630_115524
 伊産 豚バラ肉のカルボナード

 カルボナードって何?

 調べてみるとフランス北部のフランドル地方からベルギーの郷土料理らしい?

 左隣のメンバーさん曰く黒ビールで煮込んだ肉料理らしく、通常は牛バラ肉やけど今回のは豚バラ肉・・・二ひねり程されてますw

 一見ビーフシチューのようにも見えますが、デミソースより軽いのにコクと深みのある旨味の重層感はデミソース以上じゃ無くて?

 小皿に取り分けて・・・
IMG_20190630_115729
 ナイフでは無く箸でズクッと切れるくらい柔らかいのよ!?

 ともかく肉の旨味もビールの旨味で活性化され豚バラ肉の持つ特有のクセは皆無!

 純粋に肉の旨味がより強調され、しかもたっぷり付いた脂身のコク甘さに肉の旨味とソースの旨味が渾然一体となり・・・

 堪らん・ウミャイ!!!(©️まーちんさん)

 付け合せのソテーされたズッキーニや人参はシンプルな味付けで肉やソースと一緒にいただくのに丁度エエ具合です。



 そして4品目には・・・
IMG_20190630_115945
 熟成サーモンのオーブン焼き 京都大原の山の香り

 初めは朴葉?と思ったけど柏の葉っぱかな?で包まれたサーモンのオーブン焼きです。

 付け合せにはグリーンアスパラに葉山椒と実山椒が・・・

 合わせるソースはベシャメルソースって言うんか?…中にはカットされたトマトがたっぷり!

 凧糸を解いて中のサーモンを取り出し、付け合せの野菜と共に小皿に取り分けます。
IMG_20190630_120120
 センスは無くウチワしか持ってへんけど頑張って盛り付けてみたw

 サーモンは、日本ではオーソドックスな白鮭・・・下味は塩分が割りとしっかり効いた甘塩くらいの感じで、ベシャメルソース?との相性も悪く無いしフレッシュなダイストマトがよぅ合います。

 けど、あまりに焼き鮭みたいな塩焼きが合いそうで・・・包み焼きに使われた柏葉の香りがワシの鈍重な感覚器官ではちょっと判らなくなるかな?

 実山椒のピリッシャキッとした風味は・・・口の味蕾をリフレッシュして鮭の旨味を引き立ててくれてワシは好きな薬味です。

 グリーンアスパラは野菜の中では結構クセがあり独特の旨味を持ってますが、この一皿への付け合せとしてはとても秀逸です。



 そしてこの後に・・・
IMG_20190630_120616
 手作りパン… バゲットと生地にオリーブの実を混ぜ込んだフォッカチャ?みたいなんが登場!

 パンケーキチックなふっくら柔らか系のパンは苦手・・・と言うか好きでは無い(なんてややこしいヤツ!)のでバゲットをいただく事にw

 実の所、コレだけ麺好きなのにきし麺と冷麦がアカンとかw

 食パンは幼少期にガッついた挙げ句喉を詰まらせて以来トラウマになってて柔らかい系がアカンとか・・・

 タコ焼きは小学生時代に一生分食ったとか、お好み焼は家でソース味食った事がなく耐性が無いとかw

 パンはアノ食感と変に甘い味が苦手で基本的にアカンのですが、サワー種で熟成させたガチガチザックザクの酸っぱコク旨のライ麦パンは好きだったり・・・

 ホンマに面倒臭いやっちゃな!!

 ともあれちょっと皮がカタメのバゲットと千切りつつパクッと一口・・・

 小麦の香りが香ばしくて甘い?…ほんでもって噛み締める程に口の中に拡がる旨味がスゲぇ~ッ!

 ワシの個人的好みから言えば、もう少し厚皮の水分少なめなバリッとした焼き締め系のバゲットの方が好みなんですが、手作りパンならではのフレッシュさと、しっかり残った香ばしい風味はスゴいと思います。

 出来れば豚バラ肉のカルボナードのソースをだったり味わえる時に出して欲しかったと思いますwww



 続く5皿目は・・・
IMG_20190630_120424
 仏産 カイユのクラポディーヌピュレ ダイユと共に・・・???今回一番謎な名称の料理w

 カイユ?…仏語で鶉の事らしい。

 クラポディーヌピュレ?…クラポディーヌは開いた鳩や雛鶏にパン粉を付けてグリルする?とかビーツの原種系の蕪にもそんなんがあるらしい?…が概ね前述かな?

 ダイユ?…大根なのかな?

 調べても判らんかった。

 おそらくコレが今回一番食べてもらいたいと思いを込めたメインディッシュに見えます。

 手間を凝らした2種のソースと鶉の旨さを効果最大に引き出すための調理!!

 チーズみたいな濃厚なソースと赤ワインをベースにしたっぽい2種のソースのコントラストは口の中にどんな感動を与えてくれるのだろう?

 でも・・・ワシはこの肝心なメインをいただきませんでしたm(_ _)m←極刑必至の重罪人です。

 でもワシ、夜にはキャパが殆んど無いのよ

 言い訳にしかならないけど・・・ごめんなさい。



 何故ならば・・・
IMG_20190630_121154
 今回のワシの目標はすべてここに集約されていたからです。

 その名も…オマール海老のつけ麺 ビスク仕立て!!!
IMG_20190630_121425
IMG_20190630_121640
 ドンッ!

 コース料理なんで少なめ提供や!…これやったらメインの鶉のヤツ食っても行けたかも?・・・結果としては食ってたら食い切れんくらい強い味わいの一品でしたが

 ビスク言うたら・・・
IMG_20190630_122002
 冷製の濃厚クリームソース?…と思たら全然ちゃうみたい。

 野菜をベースにクリーム仕立てのスープをそう呼ぶ場合もあるらしいけど、基本的には甲殻類を裏漉ししたクリーム仕立ての濃厚スープをビスクと言うらしい。

 そんなん言うたかて知らんがなw



 そして麺の方には・・・
IMG_20190630_121838
 何やら色々載ってるで?

 麺の上には・・・
IMG_20190630_122112
 千切りにしてパリッと揚げられたじゃが芋とハーブ(タイム?)が・・・

 それよりもその下に麺と一緒に添えられたメインのトッピング!
IMG_20190630_122238
 小振りながら丸々半身のオマール海老(殻付き)や!

 ちなみに麺は平打ちの太ストレート麺(ウェーブやや強め)でフィットチーネのようにも見えるモノです。



 先ずは麺から・・・
IMG_20190630_122529
 一応、写真写りがそれなり?になるよう持ち上げて撮ってますが・・・実際は加減しても3啜り分ほどしか無いので、1本だけで味見w

 モチムチピロピロとした楽しい啜り心地なんやけど…今一よぉ判らんw

 ちゅうか普通の平打ち多加水太麺やわ。



 続けてビスク仕立てのつけ汁につけて・・・
IMG_20190630_122645
 ズビィ~ッと一啜り・・・

 おぉぉ~~こっコレは・・・
IMG_20190630_122756
 旨めぇ~~ッ!?と言うより…ゲぇ~ッ!!!

 バーミックス?されて泡々に空気と混ぜ立てられた濃厚クリーミーなオマール海老のつけ汁!

 空気をたっぷり含んで軽い口あたりながらオマール海老らしい甲殻特有の人を虜にする旨味がブワッと口の中に拡がります。

 何よりワシは海老や蟹の特有の臭みと言うか口の中に中途半端に残るクセが苦手であんまり好きや無いんやけど・・・

 このつけ汁からはそんなクセや臭みは全然感じず、海老の旨さだけが味わえます。

 また、単独だと凡庸に感じた平打ち太麺も、つけ汁と一緒にいただく事で麺の持つ旨さもしっかり活きて来たのには"やっぱり流石やな!"と思いました。
 ※つけ麺なんだからつけ汁と麺を一緒に食べる事で完全体になるんだ♪



 そして麺と一緒にトッピングされてるオマール海老の半身も・・・
IMG_20190630_122405
 うわあぁぁぁ~~・・・

 ウミャイ!!!?(©️まーちんさん)

 小振りながら丸々として身がキュッと締まったオマール海老!

 火の通りも絶妙でプリッとフレッシュな半生ギリギリチックな歯切れの良い食感と底生海老ならではの甘味とコクの強さがあって…甲殻苦手なワシが進んでいただく生きたサイマキ(車海老の若海老)より、旨味の深味(食感はサイマキの方が好き)が強くて思わず笑っちゃっいそうになる旨さです!



 オマール海老のビスク仕立てつけ汁は…とにかく強烈な旨味の塊を濃厚なクリーミースープがフルブーストをかけ、少しいただいただけで訳が判らんようになるくらい濃くってw

 ズビズビと量をいただくにはあんまり向かんかな?

 駄菓子菓子!

 それも問題無い!!
IMG_20190630_122907
 何のためにつけ合わせにされてるんやろ?と思った千切りのフライドポテトを合わせていただくと・・・コレがまた旨いがな!

 濃厚なオマール海老の爆発的旨味のクリームソースにパリッと揚げられた塩分やや高めの千切りフライドポテトがメッチャ合うがな!

 プリモチッとしたつけ汁をたっぷり纏った平打ち太麺とのコントラストも素晴らしいです。

 ただ1つ惜しむべきは・・・麺を少なめに啜っても二口半程しか無いことw

 コースの一品やからしゃーないんやけど…もう少しズビッて堪能したかったな~(´・ω・`)
IMG_20190630_123027



 お楽しみデザートには3種類、シェフの手間隙かけたケーキとデザートが登場したんだけど・・・

 つけ麺の旨さに魂を抜かれたワシは記録を撮るのを失念w

 ワシは自分の一番好きなベイクドチーズケーキをいただきましたが、台生地のサックリ食感としっとりマッタリ濃厚な味わいと甘過ぎずそれでいて濃過ぎ無い感じでとても美味しくいただけました。



 楽しい一時もあっという間に終わり御開きに・・・

 たっぷりと取られた時間はとても短く感じつつ、とても濃密な一時でした。

 kenjiシェフさん! お誕生日おめでとうございます←今更ですがm(_ _)m

 そしてスタッフのお兄さん! いつも気持ちの良い接客で毎回楽しませていただいております。

 これからも気持ちの良い空間と素晴らしい料理で多くのお客さんを魅了されますように・・・

 どうも御馳走様でした!♪

ChuChu会?…飲み放題付きコース in ビストロ藤
IMG_20190317_092138
IMG_20190317_092305



 よもや!…こう言うお洒落系のお店にワシがホーモンすることになるとは!?

 何と言う事でしょう!!



 大病を患い、普通に伴侶を得て…と言う人生を諦めた・・・(大病を患わなくともワシには無理だ!と認識した時点でw)・・・時点でこう言うお店は一生縁が無いやろうな?って思ってたんやけど・・・

 どない転ぶんか判らんのが人生っちゅうヤツです!…だから諦めてはイケない!!! 



 大阪駅で見た目は両極端ですがw(奥さん曰く中身はフルシンクロしてる)某店店長さんと待ち合わせ、いざ新地へ!

 ハッキリと場所を認識していなかったんで少し迷いつつ、噂には聞いてたラーメン屋さんが"こんな所やったんや!"と思いながら・・・何とかお店の入ってるテナントビルに到着!

 国道2号線に面する永楽ビルっちゅう如何にも飲み屋専門のテナントビル5階にあるビストロ藤さんちゅうお店やで!



 バブリーな頃は座って0,000円、ボトル入れたら00,000円言うようなお店ばかり入った雰囲気満々のテナントビルw

 さすがにそこまでは言い過ぎか?…知れんけど、少なくともセンベロ系の店や無いわwww

 エレベーターで5階まで上り、お店の前へ・・・
IMG_20190317_102501
 一人やったら絶対よぅ入らんネームプレートw

 壁は人造やけど大理石やし・・・

 大衆フレンチや言うたかて・・・ダメなモノはダメ♪・・・ダメな歌さw(©️銀河英雄伝説) 



  会の始まりは午後7時から・・・

 奥さんと他何人かは先に到着・・・

 カウンターやテーブルにはこんな風に食器が・・・
IMG_20190317_102602
 え~~こんな所来たことネェしw

 

 そして開始数分前には主催者であるChuChuさんを始めとし今回のメンバーさんがワラワラとやって来て無事"宴"開始です!

 乾杯 (^_^)/□☆□\(^_^) !!!
IMG_20190319_113807
 ※画像は当日参加された麺友某氏様のモノを流用させていただいております。



 そして予め用意されていたオードブルから!
IMG_20190317_102842
 生ハムパイナップル巻き?…に土筆と生湯葉の赤ワインソースカクテル・・・ちゅうんか?

 それに茹で卵の卵黄をなんかしたヤツw

 フレンチは判らんわ~~www
IMG_20190317_103021
 パイナップルの甘酸っぱい風味とコリサクッとした食感に生ハムのしっとりショッパ旨~がきっとよぅ合うんやろうけど…ワシ、パイナップル食ったらたまに口の中がビリビリして痒くなるねん ( ;∀;)・・・故にパス・・・

 コレはオッケー!
IMG_20190317_103231
 土筆は土の香りとアノ特有の苦味を消すようかなり火を通されてて・・・ワシ的にはちょっとアレやったけど・・・

 誰でも食べ易い味に!←土筆言うたら和食でしか食ったことないもんで・・・ 

 生湯葉は大豆のコク旨さとまろやかでしっとりキュッとした食感があって・・・

 赤ワインソースがこんなにマッタリしてるのに渋みと甘味のバランスがこんなにクセを感じなくなるとは思わへんかった!

 コレは"ウミャイ!!!"(©️まーちんさん)ですわ!

 ホンで・・・
IMG_20190317_103407 
 茹で卵のなんかしたヤツw

 黄身はタルタルのようなクリームソースのようなコテコテでほんのり酸味の効いたような…サッパリ感もあってスッといただける味!

 こんなん知らんがなw

 けど、それ以上に白身の微妙な味付け(付いてるか付いてないか判らへんくらいの絶妙な塩加減)と固茹でと半熟の間におるような白身のプリッと感が絶妙やねん!・・・知らんけど(爆)!



ホンでコレ!
IMG_20190317_103530
 レバーとかモツのワイン煮込み?

 マスタードソースが添えられています。

 実はワシ、レバーだけはどうも苦手なんやw

 けど、ワイン煮込みの味付けでレバー特有の臭みは殆ど無くてコッテリした旨味がたっぷり!?

 オマケに砂肝やハツも入ってて・・・やって?

 ワシ、レバーアカンねんけどハツや砂肝は大好物やったのに!!

 どうりで皆、旨そうにパクパク食べてると思った( ;∀;)・・・後の祭りやけどなw

 因みにその下には何のか判らへんけど・・・
IMG_20190317_103658
 周りをベーコンみたいなんで巻いたテリーヌが!←コレは食べた!

 特段"おぉ!"って言うモンや無かったけど・・・

 ベーコンのショッパ旨さと香ばしさが絶妙やし、口あたりも軽くてあっさりしつつ肉の旨味もしっかり味わえる一品でした。


 その後に登場したのは・・・
IMG_20190317_131000
 ちょっと苦味の中に酸味とほんのり甘味のある緑色のドレッシング?がかかってます。

 野菜はフルーツマトにグリーンリーフそして大根・ラディッシュやら生の茄子?ズッキーニ??…カマンベールチーズみたいなんも合わせたぁるけど・・・あまり食べてへんからよぅ判らんわw

 トマトは旨かったしドレッシング?はだんだんクセになってきます。



 ホンでザ・飲みのお供!!
IMG_20190317_131422
 小海老の串揚げとチューリップ唐揚げや!

 先ずは小海老の串揚げから…海老あまり得意ちゃうねんけど…からいただき・・・

 ソースは・・・
IMG_20190317_131939
 こってりやのにまろやかで口あたりの軽めなタルタルソースで!

 海老特有の臭みナッシング!…けど、海老の甘味がスゲェ~あって・・・

 ウミャアァァ~イッ!!!(©️まーちんさん改)がな!

 1つはタルタルたっぷりでいただきましたが、串のしたの方は何も付けんとそのままでパクッ!

 うっほぉ~ッこの海老スゴい旨いわw

 因みにタルタルソースに至っては…ほぼ反則な旨過ぎ大王www

 コレだけで一品やんけ(爆)!

 そんでや!…今日はコレだけで記事1つ書けるくらいスゴかったチューリップ唐揚げ!
IMG_20190317_131637
 先の小海老串揚げもハフハフなアッツアツや無くてほの温かいくらいで、それがメチャ旨やったんやけど・・・

 この唐揚げは完全に冷めてる?…言うより態と冷ましての提供やねん。

 なんで冷めてんだろ?と思いながらパクッと一口・・・サクッや無くてパリッコリッそしてジュワ~ンやで!!

 冷める事でよりカッチリとしたハード系食感を感じる衣はより香ばし甘く!…中の肉は下味が冷める事で濃厚になり、チューリップらしいコクと力強さのある旨味がジュワッ!

 アッツアツホコホコこそが唐揚げのベストやと勝手に思い込んでたワシが(///∇///)ハズカシイ!!

 冷ます事でより各素材の旨さと食感の特徴が顕著に顕れる2度揚げ唐揚げの悪魔的旨さですわ!

 コレは無限に酒がススムくんな・・・
128981421493716325361
 悪魔の遣い的唐揚げwwwwww

 ルロロロロロ・・・ドルゲェ~~ッ!!

 ここの料理長はドルゲだったのか(爆)!?

 この唐揚げと共に抑えて飲んでた2杯目のグラスビールが無くなり・・・

 ダメだ、こうなったらリミッターを解除して限界性能を引き出すしかない!
yjimage-6
 リミッター解除!!!←久し振りに言うたわw

 お供は・・・
IMG_20190317_150437
 アブソリュートあってんw

 コレは取り敢えずソーダ割でwww

 甘味もコクも素っ気ないアルコールまんまなライトな飲み口がまた溜まらん!



 そんなお世辞にも旨味とは言いがたい一杯を頼んだのと共に目の前にやって来たのは・・・
IMG_20190317_145857
 蛍烏賊と西洋芥子菜の手打ちパスタ?

 ここって何屋さん??

 コレは食べんとアカンやつ!
IMG_20190317_150014
 ちょっとだけもろたw

 蛍烏賊をパクッ!

 うみゃあ~~・・・ウミャイ!!!

 味付けは濃いめやのに軽く、イカの腸から拡がる旨味がジュワッ!

 パスタはやや不揃いなフィットチーネみたいな平打ち幅広や無いけど、中央部が少し凹んだ平打ち気味のヤツで・・・

 コレがモッチモチムッチリとした適度に食べ応えを感じる食感と小麦の旨味がドンッと来るくらいしっかりしてて・・・

 濃いめの味付けとやや和風っぽさを感じるソースにメッチャ合う!

 合わせられてる西洋芥子菜のピシッと刺さるようなピリ辛でほんのりした苦味もエエがなエエがな!

 味付け、合わせる素材の秀逸さもさることながら、このパスタのスゴさには某店店長さんもパスタマニアの奥さんも含めた今回の参加者全員が感動するレベルの旨さやったことを書き添えておきます。



 そして今回の料理となる〆は・・・
IMG_20190317_150124
 〆がコレかよ!?

 日本人的イメージからするとコッテコテ全開なトンカツ…いや、コレはカツレツ言うヤツか?

 うっわぁ~~クッソ重たぁ~と思ってたのは実食するまでw
IMG_20190317_150237
IMG_20190317_150331
 ウスターソースみたいやと思ったベッタリかかってるソースって・・・コレも多分赤ワインをベースにしたソースなんやな?

 実際いただいてみると、衣は先の揚げもんよりほんのりしっとりしていますが、味付けは驚くほどサッパリ?…揚げもんやのにサッパリって変やな??

 けど、ホンマにスッと食える軽さやねん!

 肉も旨味がしっかりしてるのに積層したヘレみたいでスッと噛み切れる柔らかさと程好い食べ応えがあって・・・

 いっちゃんビックリしたんは、もっとキッツいと思ってたソースがライトやのにカツレツの旨味をガッチリ支えてて・・・アカンやん!

 コレもお酒ススムくんやw



 結構エエ感じにアルコールも廻ってた上にバーテンさんとお話してた中でズブロッカなんて出てきたもんだからw

 半分凍らせたトロッとしたウォッカw…ロックで飲ってもぅたやん!!

 ちょっとクド系のある甘味とバッファローグラスの香ばしさが特徴のズブロッカ!

 ロゴは同じやけど瓶が随分お洒落っぽくなってて…最初は何コレ?思たしw

 けど飲んだらズブロッカやったw…クセは少しだけ弛くなってたけど・・・



 楽しい一時はあっという間に過ぎ・・・それでも時間はかなりサービスしてくださった今回の宴!

 皆ホンマに楽しそうやった!!

 ワシも空気乱さんで良かったわwww



 料理長さん! スタッフのお兄さん! そして主催者のChuChuさん! そして参加されてたみなさま! 今日はホンマにありがとうございました。

 うれしかった!そして楽しかったです!

 どうも御馳走様でした!♪
IMG_20180917_205735
 にゃあ~~ッ?w



3,000円コース宴会(飲物別途・一部追加あり)
IMG_20190306_223426



 実はコチラへホーモンしたのは今回で未だ2回目です。

 なのにこんなにサービスサービスゥ~ッ!な楽しい時間を過ごさしてくれるとは!!

 ヤック デカルチャ?

 ソレもコレも奥さんのおかげですわ♪



 到着したのは午後6時半チョイ前だったんです(開始は7時予定)が・・・
IMG_20190306_223554
 まだ早かったので辺りをちょろっとお散歩w

 集合時間5分ほど前になったので戻ってきてみても・・・誰も居らん?



 とお店の中に入り店主さんに確認してみると御一人来てたw

 今回もメンバーの高槻某店店長さんでした。

 取り敢えずメンバーが揃うまで瓶ビールを頼んで乾杯(^^)/\(^^) 0次回?



 午後7時半前には奥さんとお嬢もやって来て・・・ただ一人、参加メンバーのうちイケメンお兄ちゃんは急遽仕事の都合で遅れちゃうとの事…宴の始まりとします。



 夜ホーモンの1品メニューは全てお任せって事で、何が出て来るのか全然知りませんw

 奥さんとお嬢は烏龍茶で店長さんはビールw…何か4本分くらいお金を預けてはりますwww

 ワシは瓶壺の紹興酒をロックで・・・
IMG_20190307_091038
 チビチビ逝くよw

 香ばしい香りとほんのり苦味の混じった甘くコク深い味で、チビチビ飲るには丁度良いんですわ。



 オードブルとなる一品目は・・・
IMG_20190306_223728
 鶏チャーシューから!
IMG_20190306_223823
 皮付きのむね肉やと思うねんけど・・・仕上げは、きめ細かな口あたりとしっとり柔らかな食感!

 端のヘタ部分はお嬢の大好物なんで置いといて、一番食わなアカン真ん中辺りの一切れをパクッといただきました。

 皮の所は、甘辛い濃い味で、八角のような強い香味のあるスパイスが効いてます。

 如何にも中華的なんですが、効き過ぎてクドいと感じるほどでは無くフワッと感じる風味が食欲をそそる味わいに!

 クニュッとした弾力の皮目はコク甘で身は優しい旨味と仄かに付いた味が丁度良く…初っ端から旨いやんか!!



 二皿目は・・・
IMG_20190307_091248
 砂ずりのマスタードソース!?

 マスタードソースってなんじゃらほい?…辛いんか?…そりゃピリッと来るやろw

 実際にいただいてみると・・・ソースはピリッ来るけどぬた和えみたいな甘味もあって…そんなに辛子辛子してません。

 一緒に合わせられたほうれん草とブナシメジの効果も合って後からピリッとは来るんだけど、それが丁度良くて・・・

 肝心の砂肝は、薄切りにされてるのでゴリゴリしたカタさでは無くサクッとした小気味良い食感でエエよぉ~ッ!

 ピリッと後で来るマスタードソースとの相性も良いし、薄切りにしたことで砂肝の旨味もクッキリと感じますやん!!



 三品目は・・・
IMG_20190307_091352
 何やら妖しげw…なペーストのかかった・・・

 菜の花の白和えです。

 上にかかってるのは軽く味付けされた豆腐とたっぷりの胡麻ペースト!

 豆腐のシルキーさと、ねっとりコクのある香ばし甘い胡麻ペーストで、菜の花のほろ苦さはあまり感じません。

 旨いんだけどなぁ~・・・ワシの好み的にはもちっとシンプルで菜の花自体の風味が強い方が良かったです。



 四皿目は・・・
IMG_20190307_095108
 牛脛肉の柔らか煮やって?
IMG_20190307_095221
 甘味のある如何にも中華的な味付けですが…脂肪分が殆んど無いせいかしつこくありません。

 脛肉なのでトロトロって感じじゃないんやけど、キュッとした弾力を感じたと思ったらスッと噛み切れる・・・

 確かに柔らかいわ!

 口の中に残して噛み締めると最初は甘い味付けだけやったのが、ジワジワと肉の旨味に変わって行って・・・

 コレは旨い!やないですかw



 五皿目も…まだ続くゼ!肉攻勢w
IMG_20190307_095341
 叉焼や!

 煮豚とちゃうで、焼豚やで!!

 外食でちゃんとした叉焼を食うのは何時以来か?
IMG_20190307_095437
 多分、はるか以前に池田の丸一食堂で拉麺を食った時以来・・・
 ちょっと感動したw

 甘いタレをかけながらじっくり焼き上げられたロース肉は、煮豚のようなホロッ感では無くギュギュッと引き締まったハムのような噛み締め感満点の食感!

 焼きながらじっくりと味付けされてるので甘ダレの旨味は肉の芯にまでしっかり染みてるんやけど・・・

 それ以上に肉の旨味が強く甘ダレの味と合わさると旨味の濃さが更にブーストアップ!

 豆苗かミツバみたいなおひたしにした野菜が添えられてるんやけど…コレも合わせて食べると旨いです。



 そして六皿目・・・は、中継ぎ的な一皿として鶏のスモークwithザーサイ添さんw
IMG_20190307_095641
 鶏始めに出たよ?
IMG_20190307_095735
 と思ったら、全然食感も旨味の出方も違う!

 コレには皮は付いて無いんだけど、表面の所はフンワリ香ばしくて、タレは甘めなんだけどそんなに濃くはありません。

 そしてむね肉らしい身肉は…薫製だからもっとカチカチで水分が抜けた感じなのかと思ったら・・・

 割りとしっとりしてて、それでいてサクッとした歯切れのある仕上がり?…どないしてるのかよゥ判らんw

 ホンで身肉自体の旨味は水分を飛ばした分だけギュッと濃縮されててモモ肉みたいな力強さがあります。

 ほんでな添えモンのザーサイやねんけど・・・コレが・・・

 メッチャ…ウミャイ!!!(©️まーちんさん)ねん(爆)!

 味付け、風味、食感ともにワシのド・ストライクやってんwww



 肉攻勢はまだ続くw…七皿目は・・・
IMG_20190307_095830
 煮豚のガーリックソース!

 えっ、コレ煮豚!?
IMG_20190307_095925
 調理した店主さん本人がそう言うんだからそう何でしょうw

 煮豚はしっとりなめらか!…メッチャきめ細かな口あたりで豚とは思えん食感・・・

 なのに肉の旨味は豚全開やで!

 ガーリックソースはかなり辛味が強くてニンニクパンチも全開の甘辛パンチw

 でも、このソースが旨味たっぷりの煮豚にメッチャよゥ合っててウミャイ!!!がなw

 コレは飲み抜きでも食いたい・・・言うても酒欲しなるわなwww



そして八皿目・・・また肉かよ?と思ったら違ったw
IMG_20190307_100022
 椎茸原木焼き・・・言うんやって?

 どっちか言うたら原木椎茸焼きちゃうんか?←知らんけどw 

 何かバター焼きになってて、添えモンは砕いた揚げニンニクチップ!

 焼き椎茸言うたら醤油かポン酢やろ?と思ってたんやけど・・・

 バターもよぅ合う!・・・いや、マジで!?←ちょっとバター勝ちやけどw

 砕いた揚げニンニクチップをパラッとかけて食ったら淡白でバターに引っ張られてた椎茸の旨味が表にしっかり出て来たやん?

 コレは"目から鱗"な旨さですわ。



 椎茸変化球からの九皿目は・・・
IMG_20190307_100128
 水餃子や!!

 何か赤味噌みたいなんがかかってて、ニラと一緒になってるけど・・・

 味噌みたい(味噌か?)な醤は、やはり予想通りで甘味とピリ辛さが同居したマッタリ濃いめの味付け・・・ワシのやや苦手なタイプです m(_ _)m

 なのであまりかかって無い所を・・・
IMG_20190307_100233
 パクッといただいたんですが・・・

 熱ッ!! …熱ッ熱ッ熱ッ~ッ!!!

 中からスープがジュワッと出て来てアッツいがなw

 中の餡?はちょっと生姜がアクセントになったあっさり味で肉より野菜が多め・・・

 皮は厚く、モッチリムッチムチで野菜の多い小籠包食ってるみたい!

 旨いなぁ~~・・・好みは日本のニンニクガッツリな焼き餃子の方が食べ慣れてるしエエかな?



 多分、水餃子が飯モンの代わりなんやろ?…じゃあそろそろフィニッシュやな・・・

 と思たら、十皿目にとんでもないものがw
IMG_20190307_100333
IMG_20190307_100431
 ビンチョウマグロのたたき!

 ちょっぴり中華風のアレンジw
IMG_20190307_100536
 ビンチョウマグロ言うたら、マグロの中で1番小振りで寒冷地に回遊したヤツを除けば脂も少なくあっさりした味わいで・・・

 生食には旨味も弱くお世辞にも旨いとは良い難い・・・

 代わりに加工食品としては世界中を席巻しとる!…俗に言うツナ缶やなwww

 けどな、今日の"たたき"は・・・ウミャイ!!!(©️まーちんさん)

 本マグロのような濃さはあらへんけど、火入れで旨味が活性化してキハダくらいしっかりした旨さになってる!

 しかもビンチョウらしいサッパリ感も残ってて…ビンチョウのたたきって良いよね!?




 と、忘れてた(爆)!

 仕事で予定より随分遅れながらも…ダッシュで駆け付けてくれた超イケメンくん!
 マジやで!…マジでカッチョええからな!!

 七皿目の料理が出て来た頃に無事到着!

 一応最初からの料理を1人分づつ奥さんが取り分けてたんだけど・・・

 仕事で腹ペコだったのか追加注文www
 ※若いって素晴らしい!



 てな訳で、コレからは追加注文…とその他w

 追加の一皿目は・・・
IMG_20190307_100653
 揚げ春巻!

 結構ボリュームあるけど、中華ではコレが標準的サイズらしい。

 今日のは具に粽みたいなんがメインで入ってるそうで…実は餅系苦手ですw…で一口齧ってみたんだけど・・・

 味付けは好き…皮もパリッパリで好きぃ~ッ!

 でも…やっぱり餅系はダメだw

 後は頼む!…と言って残りを奥さんにキラーパスしました m(_ _)m



 ちゅうか・・・あんまり食ってないと思ったけど、コレだけ種類食べてたらメッチャお腹一杯やん…水餃子と最後の春巻に止めさされたw 

 けど追加料理は未だ続く・・・
IMG_20190307_100807
 追加の二皿目は、麻婆豆腐!

 今回は食ってませんが、ここは辛味や痺れを細かく調整してくれるし炒め加減も絶妙でホンマに旨いで!

 前回は辛め普通の痺れ多めでお願いしたけど…メッチャワシ好みで・・・

 汁なしカレー担担麺食ったあとやのに〆ごはんも貰ってガツガツ食ったw



 更に三皿目!
IMG_20190307_100912
 黒酢の酢豚!

 如何にも甘口みたいでコクのある黒酢の風味がフンワリ!!

 濃そうなんでコレもパス(イケメンくんがガッツリくったらエエ!)したんやけど・・・コレ、絶対旨いヤツやろ?

 ちょっとビックリしたのは酢豚の下に・・・
IMG_20190307_101011
 イチゴとリンゴが敷き詰められてた事。

 果物の甘味と合わせて丁度良いって事は、酢豚自体はそんなに甘口や無いのかな?
 知らんけどwww




  実は、春巻から先は先にカウンターへ移動してた某店店長さんの方へ移動し、店主さんともう一方来ていた常連のお客さん共々(かなり)マニアックな話で盛り上がりつつw

 もぅ営業時間も終わったから(もうそんな時間?)って事で(ワシは控えめに)杯を酌み交わしてたんだけど・・・

 今日2つ分だけ残ってるんで食べます?と言って店主さんが出して来られたのは・・・
IMG_20190307_101108
 杏仁豆腐やん?

 ウチのは本場まんまで作ってるので他との違いを感じて下さい!…って事で・・・

 ありがたくいただきました。

 杏仁豆腐と言うたらプリッとした甘味とコクのあるミルクプリンみたいなんが多いけど・・・コレはシルキーな絹ごし豆腐みたいな口あたり・・・

 コクはしっかりあるけど、甘味は思ったより控えめであっさりサッパリとした味わい!

 名前の通り豆腐ですからw…違うでしょ?と仰る店主さんw

 うん、違う!…このあっさり感で腹一杯やったワシもスルッと美味しくいただけたし、彩りで添えられたクコの実のシロップ漬…実はメッチャ好きやねんwww



 ちゅう訳で7時半くらいからずるずるとスタートした宴は・・・

 2時間やったのに倍ほど経ってるがな!…店主さんは「メッチャ楽しかったし、思わぬご縁も広がったので全然大丈夫です!」って仰って下さいましたが・・・

 ホンマにスミマセン…サイコーな一時を過ごさせていただきました m(_ _)m

 店主さん! 今日はホンマにお世話になりました。

 そして某店店長さん! 超イケメンくん! 奥さん&お嬢・・・今日のメンバーにも感謝感謝です。

 どうも御馳走様でした!♪
IMG_20170929_161035
puffer-35



 

4,000円コース宴会
IMG_20190217_094059




 本日はJR大阪環状線福島駅直ぐ近く、福ろうじにあるYAMACHANで宴会デイ!♪

 メンバーはウチの家族3人に某店店長さんの計4人でこじんまりと開催しました。



 店主さんのヤマちゃんに相談して今回お願いしたのは鍋料理メインの宴会メニュー!

 午後7時からの予約だったのでちょっと前に到着です。
IMG_20190217_093926
IMG_20190217_094314
 元和食料理人だった店主さんの作る中華そばは、正統?なあっさり系中華そばに和のテイストが融合したちょっと個性的な旨い一杯!

 今はレギュラーに味噌らーめんも加わり、合わせて定期的な限定メニューも精力的に発表!!

 今、ノリにノッてる店主さんです。



 そんなノッてるお店ですが、コチラでは予約すれば予算に合わせたコース料理で宴会も受け付けており・・・

 えっ、この値段で本当に良いの?ってくらいハイクオリティーなお料理がメッチャリーズナブルにいただけるのです。



 時間ちょっと前に揃って店内へ・・・

 スタッフのおネェさんに案内され2階の個室?へ案内されます。

 その雰囲気は正に隠れ家・・・ちゅうかほぼ倉庫w…なんやけど、コレがまたエエんやんか! 



 入って先ずはドリンクをオーダーし乾杯!

 嬢は未成年なのでソフトドリンクですw



 先ずは先付けの登場!
IMG_20190217_112813
 ほうれん草の白和えです。

 なんと胡麻の代わりに砕いた柿の種とピーナッツが和えられていて、コレが旨い!

 ピリ辛の柿の種と胡麻より甘味とコクのあるピーナッツがこんなに白和えに合うなんて!

 勿論、ホワッと出汁で味付けされた豆腐としんなりサクッとしたほうれん草の甘味も絶妙で突き出しからヤマちゃん節炸裂です。



 次は椀物・・・
IMG_20190217_112934
 パカッと蓋を開けると・・・
IMG_20190217_114326
 牡蠣のかき玉汁!

 うぇ~い!!!

 かき玉は・・・
IMG_20190217_114558
 フンワリしててメッチャ目が細かく溶かれてて粉雪みたいや!

 薬味は緑と黄色の彩りが良い・・・
IMG_20190217_114451
 芽葱と柚子皮・・・コロンとした大振りの牡蠣も覗いてるけど、先ずはそのままで一口・・・

 う…ウミャイ!!!(©️まーちんさん)

 ほんのりとした塩気で味を整えた清まし仕立ての汁からは、牡蠣の旨味がフワッと拡がりなんとも堪らん旨さ・・・

 更に芽葱と柚子皮を合わせていただくと、柚子皮の酸味と清涼感が出汁の旨味をクッキリと引き立ててくれます。

 芽葱の仄かな甘味とサクッとした軽い食感も絶妙なアクセントに!

 そして牡蠣です。
IMG_20190217_114716
 身縮みも殆んど無く、コロッコロプリップリの大粒な牡蠣!

 パクッと頬張ると・・・

 トロッとした口あたりと同時に牡蠣の濃厚な旨味がブワッと口の中に!

 牡蠣の旨味が支配するまま柚子皮で旨味ブーストした汁を一口スッと啜るとやな・・・

 ウ・・・ウミャアァ~~イッ!!!(©️まーちんさん改)

 眼で楽しみ舌で堪能する一杯にワシ早くも1回目のダウン…未だ椀物なんだけどw←ワシが牡蠣マニアって事もありますが・・・ 



 駄菓子菓子!

 ヤマちゃん節オン ステージは未だ始まったばかりw

 最初の乾杯ビアが無くなった事だしそろそろ本番行くか?
IMG_20190217_094446
IMG_20190217_094553
 宮崎産の芋焼酎"松露"一本卸しw

 ロックor水割りでいただきます。

 鹿児島の有名なヤツは芋特有のクセや臭みもあって…好きなヒトには堪らん代わりに苦手なヒトも多いけど・・・

 宮崎産のヤツはそんなクセや臭みの少ない飲み易いのが多いんです。

 ワシは昔、某芋焼酎の五合瓶2本買って帰ったんだけど飲み易過ぎて一晩で一升空けちゃったwww←よゐこのみんなは真似しちゃ駄目だよ!



 本格酒宴暴走モード?にかかりかけた頃に、下の厨房で見えない筈の店主さんが絶妙なタイミングでお凌ぎ?を用意して下さって・・・

 お凌ぎ兼向付け?・・・
IMG_20190217_120502
 小振りなお鮨二貫と玉子焼きです!

 しゃり細のお鮨は・・・寒鰤ブリブリ~ンよ!!

 最初は鮪で言う頭後ろくらいの背身になるのかしら?
IMG_20190217_122627
 細かい脂がサシのように入ってる!
IMG_20190217_145013
 小振りなのでパクッと一口で頬張ると、脂のコクが濃厚なのにしつこく無くて・・・コリッと言うよりプキュッ!とした歯応えとコクのナイスバランス!

 細しゃりは赤酢なのかな?

 ツンッとした酸っぱさは無く、どちらかと言えばほんのり甘味のあるコク旨さ。

 濃いめのネタに対してしゃりは少なめなので態と濃いめの味付けにされてるのかも知れませんが…このバランスが絶妙でホンマに旨いッスよ!

二皿目は見るからにカマ下やろ?みたいな炙り仕上げの一貫!
IMG_20190217_145149
 寒鰤のカマなんて焼き物か翌日の煮凝りブリンブリンな煮付け(あまりヤらないけど、カマそのものより翌日出来る煮凝りの旨さがネ申w)しか食った事がねぇ!

 鮭児のハラスに匹敵するであろう極脂な炙りを・・・
IMG_20190217_145618
 パクッと一口・・・

 ぬっ・・・ぬおぉぉ~~ッ!何じゃコリャ!?

 明らかに脂身コッテコテの筈やのに炙り側から舌を当てると香ばしいし脂身メインののコク旨さが?…その後、ジワジワとカマ下本来の濃厚で脂身特有のコク甘さと鰤特有のクセを含んだ旨味がジュワッと・・・

 カマ下だけやったら、かなりクドく感じる味ですがここでも細しゃりの旨さがナイスフォローやで!

 言うか、焦げ目が付くほど炙ったしゃりってこんなに旨いんだ?

 口を添え付けのガリでリフレッシュ(これも旨いゾ!)!…しゃりとネタの見事なコラボを二貫で納得したワシは最後のべったら漬け?添えの玉子焼きへ・・・
IMG_20190217_145315
 程好くキツネ色の焼き目が付いた玉子焼き!
IMG_20190217_145717
 パクッと一口でいただくと・・・Oh!! ベリー甘くないw

 ホクホクとした食感の玉子焼きは、控えめな甘味が付けられていますが…甘味もスッと消える感じでワシの苦手なベタベタ感はありません。

 キツネ色な焼き目は香ばしく、卵のコクと旨味がたっぷり!

 添えられたべったら漬け?も甘さ控えめの甘酢と昆布の旨味が効いたしっとりサクッとした食感!

 元来漬物は好んでいただかないワシですが、まろやかなのにサッパリとしててとても美味しくいただけました←ダメだよ、お酒進んじゃうw



 そしてお次はいよいよ・・・嬢と奥さんお楽しみの・・・
IMG_20190217_150258
 蓮根饅頭になります。

 今回は嬢が甲殻系アウトにつき普段は海老を合わせますが特別にチャーシュー仕様で作っていただきました。
IMG_20190217_145838
 饅頭の頭には山わさびが・・・トロッとした餡もアッツアツでメッチャ身体が温まりそうやろ?

 匙を入れると・・・
IMG_20190217_150436
 プリッ…スッと切れる柔らかさ!

 擂った蓮根饅頭の中には細かめに刻まれたチャーシューと賽の目に刻まれた蓮根も・・・
IMG_20190217_150601
 そのままパクッと一口・・・

 ハフハフッ・・・アッつぅ~い!

 けど、メッチャ"ウミャアァ~~イ!!!"(©️まーちんさん改)

 ふっくらホクホクの擂りおろし蓮根に混ぜられた濃厚なチャーシューの旨味とコリッとした賽の目蓮根!

 最初はデフォの海老入り蓮根饅頭のまったりホッコリした味のイメージしか無かったので違和感を感じました・・・特に賽の目蓮根のコリ食感が・・・

 ですが、海老に比べてグッと味の濃いチャーシューに賽の目切りの蓮根が丁度良くて・・・味わいの濃さと食感で付けるコントラストが吟味されていて・・・

 醤油のコク旨さへ甘味をアクセントでバランスを取った熱々餡は、出汁の旨さが舌にしっかり絡み・・・

 ツンッとした刺激は少なめですが山葵的な辛さがしっかり効く山わさびが蓮根饅頭の持つ個性を引立て本当に旨い!!

 細やかな気配りで、本当に満足行くお料理を提供しようとする店主さんの心意気が感じられます m(_ _)m カンシャ!!! 



 みんな楽しみホッコリメチャ旨な蓮根饅頭をいただき終わるころ、いよいよ今回のメインとなるお鍋(の出汁)が店主さん自らの手により登場!
IMG_20190217_150734
 白葱がたっぷり入った醤油味っぽい出汁はかなり濁ってるんだけど・・・

 店主ヤマちゃん曰く「今日のテーマは雪なので、鰤の深雪鍋です。」だそうです。

 醤油ダレでフワッと味を付けられた所にたっぷりの大根おろしと白葱・・・深い雪と書いて深雪!…成る程成る程成る程ぉ~・・・

 だから今日は雪っぽいビジュアルの料理が多かったんだ?…と納得してると・・・
IMG_20190217_150908
 真ん中にたっぷりの水菜と柚子皮が載っけられたブリブリブリ~ンッ!の登場www
IMG_20190217_151249
IMG_20190217_151536

 エエやんエエやん!

 刺身でもイケるキレッキレの鰤ブリ~ンよw

 続いて野菜も・・・
IMG_20190217_151742
 えのき茸(歯ブラシにしたら毛先が球w)とぶなしめじそしてどっさり白菜さん!

 先ずは水菜と鰤~ンをしゃぶって?どうぞって事でしたので・・・
IMG_20190217_151901
 水菜と柚子皮に軽く火を通します。

 その間にお出汁を・・・
IMG_20190217_152039
 ほんわか大根おろしと白葱の甘味が効いた優しい味わい!

 そしてメインの出汁は鰤アラ~ン!?

 飲み口はあっさり優しいけど…旨味がメッチャ濃いぃ~よ!

 シャキッとした水菜も出汁の風味がよく合っててメチャ旨やし、柚子皮が合わさることで出汁の輪郭がクッキリと・・・

 ではでは本日のメインを・・・
IMG_20190217_151357
 粗塩をパッと振って山わさびを添えたままパク付きたい鰤ブリ~ンを・・・
IMG_20190217_152643
 しゃぶしゃぶ~ンして、クッタリ気味の水菜を巻いてパクッ!

 半生状態に熱を通すと鰤特有のクセが強まりますが、コレも鰤の個性!

 何より、脂のコク甘さと旨味が活性化して・・・コリコリ食感だった身はモッチリプリッとした弾力となり鰤の奥深い旨さを楽しめます。

 ん・・・もぅ~・・・

 ウミャ過ぎぃ~ッ!!!(©️まーちんさん改改w)

 みんなで一通りしゃぶしゃぶしたら、野菜も遠慮なくバサッとブッ込んで暫しの野菜タイム!

 白菜甘旨ぁ~ッ?…ぶなしめじプリッと旨ぁ~ッ!

 えのき茸はしっとりシャキッと旨ぁ~~ッ??

 白状します。

 基本茸類大好きなワシですが、只一つ苦手なキノコが・・・

 えのき茸!…食えない訳じゃないんですが、あの食感と風味がどうしてもアカン・・・筈なのに・・・

 この出汁やと旨く感じる?…えのき茸って旨いんだw



 白菜とキノコの風味がたっぷり合わさった出汁で鰤ブリしゃぶしゃぶ~ンすると・・・コレがまた甘味の感じかたが強まり旨いで!!

 コレは鰤ブリBuri~ン!!!三段活用やwww←知らんけどw

 そんな感じで出汁もエエ具合になってきた頃合いで・・・ホールのおネェさんが「お待たせしましたお豆腐です!」
IMG_20190217_152824
 もしかしたらモニターカメラでもついてるのかしらってくらい絶妙なタイミングでw

 早速湯豆腐モードでちょっとしっかりめに茹でたお豆腐を・・・
IMG_20190217_153036
 ハフッと頬張り・・・熱ッアツあつ熱ッ!!!

 フンワリ絹ごし豆腐!…豆腐は普通やけど・・・豆腐が突出しないだけに出汁の旨さがメッチャしっかりや!

 ハフハフ言いながら頬張り終わる頃にはポッカポカやでw



 鰤~ンも野菜も無くなり最後の〆や!

 〆は勿論・・・
IMG_20190217_153305
 ラ・メェ~ン!

 最初はそんなに食べられないよね?と2玉分でお願いしました。

 麺はデフォのらーめんと同じ平打ち気味の中太ストレート麺!

 小鉢に分けて・・・
IMG_20190217_153620
 ズビィ~ッといただきます。

 多加水でしなやかなコシを持つ麺はホンの少しカタメに茹で上げられています。

 けど、モッチリツルツルとしたなめらかな啜り心地が堪らんのぢゃ!

 鰤の濃厚と野菜の濃厚で奥深い旨味がしっかり出た出汁でいただく麺は、結構力強いタイプなんですが・・・

 メッチャ・・・ウミャアァ~~ッ!!!(©️まーちんさん改)

 2玉で良いよね?…って言ってたけどあっという間に無くなっちゃって・・・
IMG_20190217_153440
 1玉追加しちゃいましたw



 最後は僅かに残ったお鍋の出汁も、みんなで綺麗に完飲・・・

 結構長居しちゃった・・・m(_ _)m

 けど、本当に大満足の一時でした!



 店主さん! おネェさん! 今日もありがとうございます。

 堪んなく楽しく美味しい一時でした。

 どうも御馳走様でした!♪
IMG_20180917_205735




3,000円ディナーコース



 1月のこぼれネタ記事です。

 1月31日、ちょっと早いですが嬢の誕生日祝いを兼ねてホーモンしたのがコチラ!
IMG_20190216_141149
 リストランテ サン・スーシーさん・・・
IMG_20190216_141344
 アウン・サン・スーシー女史やありませんw

 因みにフレンチレストランらしいですが・・・

 コォ~ノワシガフレンチダト?puffer-39
 ヤック デカルチャ!?

 ゴル・ボドルザ基幹艦隊総司令も( ; ゜Д゜)ビックリwww

 結婚してへんかったら一生行くことの無かったお店でしょう?




 本日はディナー(ディナーって表現に違和感があります)の中でもお手軽な3000円コースで・・・

 前菜・パン&スープにメインとデザートと言うシンプルコースですがワシには・・・

 十分過ぎる程です、お父さんw



 フレンチと言えば・・・ドレスコードバリバリでタキシードでも着ていかなアカンのか?ってそんなん持ってへんがな ( ; ゜Д゜)

 ご安心下さい。

 コチラは庶民的な家庭的フレンチのお店w

 普段着…ちゅうかほぼ仕事着…のままでも断られずに入店出来ました。



  店内は入口対面にお一人様用の一文字カウンターに4セット?ほどのテーブル席が用意されたこじんまりした・・・

 個人経営店としては広めな店内です。

 チェックのテーブルクロスも馴染み易さがあって家庭料理店的な雰囲気…でも出て来た料理は・・・

 かなり本格的(食ったことないやんけ)でしたw



 メインは肉か魚介からセレクト出来ますが、今回の魚介メニューはオマール海老やったんで全員揃ってスルーw

 一家揃ってあんまり得意じゃ無いんだよな・・・ 



 先ずはドリンクを頼んで乾杯!

 そして直ぐに前菜のお皿が登場・・・
前菜:生ハム干し柿添え・仔牛と鹿のテリーヌ&フレッシュサラダ
 生ハムの干柿添え・鹿と仔牛のテリーヌ・フレッシュサラダ?

 みたいな名前やったと思うw

 生ハムの干柿沿え・・・
IMG_20190216_141757
 しっとりとした口あたりで肉の旨味たっぷりやけど、塩気の強い生ハムに干柿のギュッと押し込まれた甘味と干柿ならではの深い風味がよぉ合うわ!

 ぶっちゃけワシ…干柿苦手やねんけど生ハムと合わせたらこないなるんや?…眼から鱗です。 

 鹿と仔牛のテリーヌ・・・
IMG_20190216_141915
 鹿も仔牛もそんなにズッシリした重みがないのでテリーヌでもスッといただけます。

 味付けもホンマにシンプルなんですが、その分肉の旨味をしっかりと味わえる1品!

 酸味とチョイ甘のキウイソース?みたいなんを付けていただくと肉の甘味とコクが良く感じられて旨いねん!

 フレッシュサラダ?は・・・
IMG_20190216_142014
 赤いレタスみたいなんにグリーンボールとサラダ水菜そしてフルーツトマトに赤蕪?

 色合いも良くもスッキリ系の葉物野菜と甘味と酸味で口の中をリセットしてくれるトマトと赤蕪がエエ感じ!

 食感の違いによる美味しさもあってホンマに旨いです。



 前菜をいただいてるウチにパンも登場・・・
IMG_20190216_142311
 軽くトーストされたんとバゲットが一切れづつ・・・

 冷める前にトーストの方から・・・
IMG_20190216_142429
 なんちゅう名前のパンかは知りませんが、食感はフンワリ感よりモッチリした重みが強めな食べ応えも十分なモノ。

 甘味が強めでしっとりとキメの細かな口あたりと焼目の付いたミミの香ばしさのギャップがエエ感じ!

 添えられたバターの塩気とコクがよぅ合います。

 バゲットは・・・
IMG_20190216_142518
 普通ですわw

 皮のザクッミリッとしたガッチリした歯応えある食感と、噛み締めると溢れる香ばし甘さが堪らん!

 ワシが好んでいただくタイプのパンです。



 前菜に続いて出て来たのはスープ!
IMG_20190216_142631
 春キャベツの冷製ポタージュやって!?

 泡々バーミックスな表面のスープを・・・
IMG_20190216_142727
 ズビィ~ッと一口・・・

 何じゃコリャ!?…メッチャ旨いやんけ!

 マイルドでクリーミーやのにスッキリした口あたり!

 春キャベツの甘味満開やのに葉物野菜の青臭さは皆無やん?

 冷製にすることでクセを感じないようにしつつ旨味をクリアにしてるんやろなって事は…何となく想像付くんやけど・・・料理の基本も知らんワシにはビックリな味わいです!



 あまりの旨さにスープを一気にいただいたタイミングでメインの一皿が登場!
IMG_20190216_142849
 "仔牛の低温ローストと玉葱のキッシュ・温野菜添え"みたいな名前の一皿w

 メインの仔牛の低温ローストは・・・
IMG_20190216_142949
 見事なレア仕上げ?…低温でじっくり熱が通されてるので旨味もしっかり活性化しています。

 肉本体の味付けは塩胡椒のみ・・・

 ギュッと歯応えある食感で、噛み締めれば噛み締めるほどに肉の旨味がジュワジュワと!

 脂身は皆無なので牛脂特有の甘味や香ばし甘さはありませんが、それゆえ肉そのもののコク旨さをしっかり味わえます。

 下に添えられたソースは甘く香ばしいカラメルみたいなソースで…ワシ的には苦手な部類の味なんですが、コレがメッチャよく合う!?

 ほぼ生に見えるくらい赤いレアなんやけど、火の通りも絶妙でレアで時折感じるクセや臭み(仔牛なんだろうけど)も全く出ていない。

 さすがの旨い一皿です。

 が・・・それだけや無いんやで!

 メインのローストと供に添えられた玉葱のキッシュ!
IMG_20190216_143055
 ロースト肉が割と淡白な味に対して、コチラはマッタリ濃厚でクリーミーな味わい!

 ホワイトソース?とチーズの濃厚でコクたっぷりの旨味が、しっとりした柔らかな玉葱の甘味とコクが更にクッキリ?・・・"ウミャイ!!!"(©️まーちんさん)

 濃厚クリーミーな旨味がまた、シンプルで淡白な仔牛のローストの旨さを引き立てます。

 温野菜は・・・
IMG_20190216_143240
 金時人参(多分)に最初は南瓜と間違うた黄色い人参wに吹田くわいとトロットロの玉葱が一欠片・・・

 金時人参が甘いのは当然として、黄色いのは甘味はやや控えめですが人参のクセのある味が自然?でメッチャ食べ易いタイプw…ワシは人参クッサ~な風味が結構好きなんだけど・・・

 トロットロの玉葱は甘く、ほろ苦な吹田くわいがまた!!

 ワシは言っちゃ何だがくわいマニアだw

 吹田くわいは小振りだけど、栗よりホンの少し柔らかながらホクホクさとコロッとした食感のバランスが秀逸で、ほろ苦さの後からやって来る甘味のタイミングが堪らんのです!



 メインの一皿と供にパンも無くなった頃を見計らってホールのおネェさんがデザートを!
IMG_20190216_143406
 デザート・・・メッチャ豪華や!!

 2種のムースとガトーショコラのセットです。

 先ずは甘王苺とホワイトチョコのムースから!
IMG_20190216_143807
 先の甘王の所はかなり酸味の効いた酸っぱそう甘ァ~な感じw

 ですが、甘味とコクの強いホワイトチョコん所と一緒にいただくとコレが丁度エエ甘口具合に!

 ココアパウダーとグラニュー糖がフリフリされてる所は甘さは抑えられる代わりに甘王苺の酸味が抑えられた感じで苺自体の甘さが良く味わえます!

 二品目は栗のムース!
IMG_20190216_143707
 コチラは栗らしい濃厚なコクとホワッとした甘味のあるヤツ!

 苺のムースもそうだけど、このムースの口あたりのなめらかさが堪らんです!!

 クリーミーで濃厚なムースなんでちょっと濃い~かな?と思ったら、下に添えられた酸味と仄かな甘味のあるラズベリーソースを一緒に・・・

 合うの?と思ったら・・・コレが合うんだよw

 最後は一番個性の強いガトーショコラを・・・
IMG_20190216_143740
 ムースと比べると少しボソッサクッとした食感!

 本生のショコラクッキーみたいやねんけど、コレがメッチャ旨い。

 甘味はギリギリまで抑えられたチョコのコク旨さとビターな風味が堪らんヤツ!!

 グラニュー糖のかかった部分もほんのり加味された甘味がエエやん!

 飾り添えされたミントリーフは食えたけどちょっと刺激が強かったなw

 甘王苺はムースより添えられた半切りの苺の方が甘かったけど(爆)!←ワシにはムースの方が食い易かった。



 一皿一皿は少ないな?…なんて思ったけど、ゆっくりと味わっていただいのと緩急付いたコース料理ならではの味の変化でデザートを食べ終わった頃には満腹大満足にwww

 フルコースまでは行きませんが、コース料理の妙をたっぷりと味わいました←逆にフルコースやと食い切れんかったかもw



 店主さん! ホールのおネェさん!←もしかしたら奥様かも? 今日はありがとうございます。

 眼から鱗なことばかりで美味しく勉強させていただきました。

 どうも御馳走様でした!♪
IMG_20180913_223549

 

↑このページのトップヘ