カテゴリ: リニューアル店

ラーメン+ライス(1杯)
image




 永く喉奥に引っ掛かって全然取れない魚の骨のようなモヤモヤサマ~ズな気持ち・・・

 2014年3月始めのしょんべん横丁火災でお店は焼失…そこから約2年半・・・

 元の店舗から言えば、駅を挟んで反対側になる""昨年8月に復活オープン!



 はるか昔…大体20年前にベロベロに酔っ払った〆に行ったきりでよう覚えて無いんですが…何故か妙にホッコリとする味だった事だけが記憶に残っています。

 火災で全焼し、もはやコレまでか?…こんな事ならもっと行っとけば良かった!…なんて思いつつ、復活オープンされたって事で昨年の8月末のお昼に伺ってみたんですが…閉まってる・・・

 そう、コチラは夜営業専門のお店だったんだよね?




 そこから行こう行こうと思いつつ…なかなかタイミングが合わなくて (´д`|||)・・・

 今日遂に!…"やっと願いが叶うのだな・・・"と言う事で・・・
image
 やって来ました!

 到着したのは開店寸前の午後6時ホンのちょっと前・・・
image
 外待ち4名様…って、ここ外待ち出来るんや?



 定刻になりご主人が暖簾を上げて開店、先客さんに続いて店内へ進みます。

 カウンター奥よりの席に2人ならんで着席して先ずは恒例の卓調チェック!
image
 ドンッと丼に入った紅生姜・ニラキムキそして白菜キムチ!

 宮っ子のように蓋付きのSUS容器には・・・
image
 おろしじゃなくて刻みニンニクが!…後、粗挽き黒胡椒もありますが…うっすら残る記録を紐解いてみても・・・変わらないなぁ~・・・

 因みにコチラにはメニューなんぞ一切無くて、厨房上の壁に"お代 700.ー"とだけ書いてありますw…席に着いた瞬間にオーダー完了w

 コチラ特有のローカルルールとしてはライスが2杯までサービスで付いて来るのでライスの有り無しだけ伝えるシステムです。

 麺の通い凾(箱)には・・・
image
 大弘軒の焼き印?

 中崎町にある老舗製麺屋さんの麺を使用してます?



 厨房内は麺場に立つ店主さんと奥さまらしき女性お2人で…先のお客さん達は少なからず常連らしく店主さんもスッカリ馴染んだ口調でやり取りされてて…ワシもいつかそんな風になりたいのぅ~・・・

 急いでる風でも無いのに無駄の無い動きで調理を進める店主さん!…トッピングの段取りやサイド(ちゅうても白飯しか無いけどw)を絶妙のタイミングで出す奥さま!…さすがです。

 結構ユッタリしたタイミングだと思ってたんですが、実際には4分チョイで・・・
image
 ら~めんと・・・
image
 小サイズのライスが登場!

 記録を撮り、早速いただきます。



 先ずはら~めんから!
image
 何となく天下一品のコッテリスープのようにも見えるビジュアル!

 実際には全く異なりますが・・・



image
 色的にはほら…天一っぽく見えねぇ!?

 レンゲでスープを掬ってみると・・・
image
 サラッと抵抗無く救えるモノ…なんですが、色的にはやっぱり天一w←(シツコいな)

 ズビィ~ッ!と一口…怒られるかな?…最初に頭の中を過ったのは"フクちゃんラーメン"それもジンワリ優しくなったような味わいに感じました。

 サラッと軽く仕上げられた豚骨ベースのライト白湯スープからは何処と無く甘味も感じる優しい風味もあるので、香味野菜の他に鶏ガラも使用されてるような・・・

 醤油ダレもどちらかと言えば控えめな感じですが、過度な甘味も無く自然にスッキリとした味わい・・・それよりも昆布出汁のような旨味が思ったより強くて…結構花鳥さんバリバリな感じですw

 でも、コレが旨い!!

 1歩間違えればライトなスープ故に、スープは薄ッぺらく花鳥さんのクドさだけがどうも突出した感じになり兼ねない所を見事なバランスで纏め上げています!…ちゅうか、実のところライトだライトだと言ってもかなり骨太で丁寧に取られたスープだからこそ為せる業だと言う事は直ぐに解りました。m(_ _)m←(ホンマは"フクちゃん"や"げんこつ"もスゴいねんで!)



 薬味はサクサクと細かく刻まれた葱・・・
image
 ちょっと乾いてパサ付きが出てるようですが、風味は飛んでないしスープに浸せば問題無しw



 普通の太さの…コレは緑豆もやし!
image
 丼縁に沿ってバラッと散らすようにトッピングw

 チョイヤワしんなり仕上げでコイツがスープとメッチャ合うんやで!



 チャーシューは復活初期のモノ(とよつねさんブログ参照)とは異なる・・・
image
 大判のモモ肉チャーシューが2枚!

 適度に脂身の乗ったしっとり柔らかで噛み応えとジュワッと湧き出る肉の旨味!

 プリサクとした脂身からはコクと甘味だけで無く煮込み過ぎた脂身では出ないちょっとクセはあるけど赤身とは違う独特の旨味が!

 コレは旨い!…ちゅうか、もっと食いたい!!…因みに奥さま大絶賛のチャーシューですが、ワシもそう思うよ!



 そして麺・・・
image
 中細のストレート麺で、箸で掴み上げた感覚はとってもしなやかw

 某板では賛否両論の麺なのですが、食わない事にはどうにも言えない!…って事で・・・
image
 ズビィ~ッ!

 かなりしっかり茹でで表面はヌルッとした感じもあります…が、伸びてデロデロなんて事は全くありません。

 ちゃんとエッジの立った麺はしなやかなコシとシュルッとキレのある喉越しでスルスルと気持ち良く啜れるモノ!

 確かに柔らかめと言えばそうなんだけど…麺のアップを良く見たら糸一本分くらいの芯が…決して柔茹ででは無く、コレがこの麺を一番美味しくいただける茹で加減なんだ!!

 実際、スープとも相性もバッチリだしあまりの旨さに、麺だけ先に無くなりそうになって焦ったモノw



 デフォでの旨さを確認したら、やっぱりやらなアカンやろ?
image
 紅生姜とニラキムキ!

 合わせると旨味の強いライト系スープに辛味とコクが加わって…でも、もう一推し欲しいゾ!…ってな訳で・・・
image
 ニンニクパンチ!!

 フクちゃん度3割増し(爆)!



 でももっとフクちゃん度がアップする白菜キムチは・・・
image
 サービスライスでw

 ニラキムキもそうですが、コチラのキムチは、辛味やや強めで仄かに効いた酸味(勿論、旨味もしっかり!)もありとてもワシ好みな味わい!

 麺を一啜りして、ガッツリ白菜キムチを合わせた白飯と一緒にガァ~ッとカッ込むとメチャ旨です。



 結局麺が先に無くなり、辛味カスタムしたライト豚骨スープでキムチ飯をいただいたんですが、何となくパンチが?…ちょっとイタズラのつもりで・・・
image
 普段はあまり使わない粗挽き黒胡椒を一ふりしてズビィ~ッ!

 うわ!これマジ合うやんw



 そのままの勢いでキムチ飯をカッ込み、最後はグイ~ッとスープをデッド飲み!
image
 約8分30秒で美味しく2/3飲完食しました。←(ライスはちょっと奥さまに助けてもらったけど)



 店主さん! 奥さま! 今日は本当にありがとうございます。

 懐かしくも旨いラーメンを久々にいただきました。

 どうも御馳走様でした!♪
image


















小豚ラーメン(200g)ニンニク少なめ・アブラ,カラメ+チェダーチーズ1枚
image




この日はラーメン荘を愛するモノ達のイベント!
image
 サマー荘ニック2017Vol.…なんぼやったっけw

 に参加して来ました。



 そして今回の会場となったのはコチラ!
image
 超スピード移転を為し遂げた"歴史を刻め枚方店"での開催です。



 開店一時間前の午前10時に集合って事だったんだけど…なんだかんだと嬉しくて早く出過ぎちゃったワシは午前9時チョイ過ぎに到着した訳で・・・

 堂々の"はずぽーゲット"www

 ラーメン荘と言えばターコイズブルーが定番だったんだけど…コチラ(ピオルネ)の規則に抵触するためか、落ち着いたダークブラウン色のテントとなっており、テントに書かれた屋号は店主クニちゃん自ら書いたとの事ですw



 さすがにこの時間から店前でならぶのも迷惑なので、隣接する公園で暫しアカデミックな読書をw

 そうこうしてるウチに見た顔、知った顔(当たり前ぢゃ!)…初めてお会いする方も1名いらっしゃり総勢17人での開催となりました。



 開店40分前くらいになったところで店前に移動…迷惑がかからないように・・・と言っても、見た目は怪しさ大爆発(爆)!

 何も知らない道行く人々に"何者なんだ、コイツ等は?"と言う冷ややかな視線を受けつつ…恒例のプレゼント交換会等をしながら開店を待ちます。



 そして定刻となり無事開店!

 先頭から店内の券売機で食券を買って、次々にカウンター席に着いて行きます。

 人数的に直前の麺友さんから溢れたワシ等は店内中待ち席にて待機…因みにメンバーはまだ外にもおります。m(_ _)m



 約分、中待ちして空いたカウンター席に…そして今回も・・・
image
 すり鉢姫様はお隣にw

 今日はちょっと控えめに豚ラーメンの麺マシ1㎏…って・・・((((;゜Д゜)))

 そのポテンシャル!驚きを通り越して神々しさすら感じますw m(_ _)m



 それに比べてワシの出した食券と言ったら・・・
image
 ヘタレの証!白い洗濯バサミを付けたヤツw

 せめて豚らしく?…緑の食券とピンクのチーズ食券を付けた事がせめてもの抵抗…にはなっとらんわな・・・



 移転して僅か3日目!…旧店舗とは厨房配置がまるっきり反対になってる店内ですが、そんな事を全く感じないクニちゃん店主の調理!

 奥さまと間違われるくらいに息のあった女性スタッフさんとの連携も全く乱れず次々にラーメンを仕上げて行きます。



 そして席に着いて約22分でお待ちかねのコールタイム!・・・勿論、先客さん分の調理を経ての事です。

 コチラのヤサイマシはかなりエグいので今日もヒヨって「ニンニク少なめ・アブラ,カラメ」と言う身体に悪いwコールでお願いします。

 以前なら嫌言の一つも出たコールなんですが、今のワシのポテンシャルからすれば限界モードでお願いしてる事を判ってくれているのか何も言わずにパパッと盛り付けをしてくれる店主さん!

 そして・・・
image

image
 ドンッ!!

 ・・・やっぱり豚が・・・エゲつないボリュームですわw

 店に入るまでは場の雰囲気に飲まれて豚Wにしたろか?…とバカな事を考えてた自分・・・やらなくて良かったと心の底から安堵しつつ・・・

 記録を撮り・・・
image
 豚祭状態なラーメンに突撃しますw



 スープは・・・
image
 丼越しだと乳化してるように見えますが・・・
image
 レンゲで掬うと非乳…たっぷりブチ込まれたアブラの影響で若干乳化してる微乳化スープです。

 先ずは一口…ズビィ~ッ!

 スープ自体の飲み口は確かに軽め…ですが、豚の旨味はストレート!…花鳥さんとのバランスも良く、豚らしい旨味がしっかり全面に出て来ています。

 合わせられてる醤油ダレには味にコクと深みを加えるように甘味もちゃんと入っていますが、あくまでそれは脇役…醤油のキリッとした辛味とコクのある旨味が主役となったモノで、たっぷり浮いた背脂のコッテリ感が加わりスープを飲み応えあるモノにしてくれていてモノ足りなさは皆無の旨いスープ!

 移転しても枚方流ここにありです。



image
 少なめでお願いしたニンニクパンチも、微乳化スープのためビシッと効いてエエ感じ♪

 スープの旨味がより一層クッキリと感じられて旨いです。



 プリンプリンの味付け背脂(通称アブラ)がたっぷりかけられたヤサイ・・・
image
 は、液化したモノが多めなのでそんなにたっぷりには感じませんが、キリッとした醤油ダレで濃いめに味付けされた醤油ダレがよぅシュンで旨い!
image
 モヤシはシャキプリ!キャベツはサックリホッコリとしたチョイシャキヤサイ…マッチョテイストな細めに刻まれたキャベツ率高めのヤサイにアブラをしっかり混ぜてバクッ!!

 うみゃいがもう一押し!…スープをレンゲで一かけしてバクバクッ!!…うん、うみゃあ~~いw image
 ザクザクと一気にいただきますw



 ヤサイを片付けたら・・・
image
 ガッツリボリュームの極厚バラ豚と・・・
image
 ヤサイの熱で崩壊寸前になったチェダーチーズもろとも・・・
image
 天地本手返し!

 ブーストアップする前にそのままの状態で麺を!



image
 移転後、細くなった細くなったと言われる枚方麺…コチラは自家製麺なので、他の荘麺のようなギザギザは無く強くウェーブのかかるラウンドシェイプの平打ち太ストレート麺です。

 箸で掴み上げて感じたのは、細くなった?と言うよりカタ茹でで麺が膨らみ切って無いんじゃ無いかな?って事・・・
image
 ズッシリした重みとともに掴んだ箸から伝わるゴワゴワ感でそう思いつつ…早速ズビィ~ッ!

 うん、ガシガシ麺w

 ワシは小でお願いしてたので然程感じませんでしたが、確かに感じる鹹水臭(大にしたらかなり臭気がこもりそうです)・・・

 麺自体は掴んだ時ほどのゴワッとした引っ掛かりは無く、結構ズバッと啜り込む事が出来るのですが…やはりワシワシと噛み締めないとGGIのワシは喉を詰まらせて昇天しそうですw

 噛み締めると鹹水の風味も感じますが、それと同時にカタ茹で麺らしくオーション粉特有の甘味と旨味がブワッ!と伝わり醤油の効いた濃味豚スープにピッタリ!

 ガシガシな食べ応えと言い、好きな人には堪らないでしょう。←ワシは苦手じゃが m(_ _)m



 デフォ状態の麺をいただいたら…そろそろ本気で行くか?

 天地本手返しで沈めてトロトロに溶かしたチーズを麺にグリグリ絡めてから・・・
image
 別皿のマシアブラをドバッ!
image

 そして・・・
image
 卓調の一味&粗挽き黒胡椒を・・・
image
 バッサバッサw

 軽く掻き混ぜてズビビィ―――ッ!!

 苦手だよ…苦手なんだけど・・・

 マッタリコク旨なチェダーチーズがねっとり絡み付くガシガシ麺にプリトロアブラ!そして程好く辛い一味とピリリとした粗挽き黒胡椒がメッチャ合うんぢゃ!!

 我を忘れてズビズビと3分の2程の麺を一気に啜った所で、ガシッと箸の先に当たる豚で我にかえるワシw



image
 バラ豚なんだけど、枚方クオリティーなんで決してフワトロでは無いですw←(悪い意味じゃ無くて)

 ワシは3ロット目だったんですが、1・2ロット目は脂身が殆ど付いていないウデ肉豚…ワシとしてはそちらの方がありがたかったんじゃがw

 転じて3ロット目は積層脂身がしっかりと確認出来る王道的バラ豚で…脂身のプリッとした食感とジュワッと口の中に溢れるコクと甘旨味!

 赤身の所もバラ豚とは思えないほど旨味が強くてギュッとした肉々しい食感がありながらスッと噛み切れる柔らかさがあって・・・

 このバラ豚ならワシでも全然イケる!…ちゅうかメッチャ旨いやん!!

 脂身にはしっかりとした醤油風味を感じるのに赤身からは控えめにしか感じない味付け…赤身至上主義を改宗したくなる旨さですw



 ブーストアップさせたガシガシカタ麺をワシワシとカッ込みつつ豚をガツガツ!…正直かなり体力を使う組み合わせですが、これもまた魅力の一つ!

 最後は別皿カラメを全部ブチ込んでビシバシになったスープをズビッと一口デッド飲み!
image

 約10分25秒で美味しく残飲完食としました。



 移転してステージが変わっても、変わらず"我が道を往く"を実践しながら旨い一杯を追い求める店主さん!

 今日も美味しく楽しくいただけました!!



 クニちゃん! スタッフのおネェさん! 今日もありがとうございます。

 どうも御馳走様でした!♪
image
 バイバイバイ♪
image


ラーメン(大 400g)ニンニク少なめ・アブラ+持込みおにぎり3個(100g×3)
IMG_20150220_192458




 味あわせて貰おうか!新しいうさぎ屋の味とやらを!!
IMG_20150220_180745
 醤油を今までのモノから東京のカネシ醤油にわざわざ変えたと言うコチラ・・・

 気にはなっていたのですが、なかなか伺う機会に恵まれず・・・

 今日は京都方面での仕事だったので、併せて突撃!♪

 コチラは正午からの昼営業スタートッて事なので、今一ワシの段取り的には使い勝手が悪いンですが、今日はその辺も問題無しッて事で伺ってみました。



IMG_20150220_135940
 到着したのは午後1時になろうと言う頃・・・

思ったより予定の仕事が長引きましたw♪



 店の外には待ち無しで、店内待ちも無し♪

 丁度、席に着いてるお客さん(1人を除き全員学生!)6人分のラーメンが出来上がるところでしたw♪・・・ちょっと一安心・・・

 厨房内には今日もカヤマ店主さん1人・・・券売機で食券を買い・・・
IMG_20150220_180610
IMG_20150220_180538
 お久し振りの挨拶をして空いてる席に着きます。

 食券に挟むデカ洗濯バサミ、今日は1つだけwww
IMG_20150220_180656
 オプションの持込みおにぎりに合わせて麺量は控えめにしましたw♪
 ・
 ・
 それから・・・
 ・
 ・
 ・
 それからマツコ・・・
 ・
 ・
 待つこと約23分・・・先客は誰もいないゾ!!

 ようやくお待ちかねのコールタイムwww♪

 時間が無いときには向かないお店です(爆)!♪

 今日は"ニンニク少なめ・アブラ"のみでw♪

 元来から濃口の"うさぎ屋"スープ!!

 カネシ醤油にする事でどういう風に変わったか知りたいので(大体想像はつくけどw)、ヤサイマシも、勿論カラメもしないでいただきます。

 そして・・・IMG_20150220_192413
IMG_20150220_192534
 ドンッ!♪

IMG_20150220_192639
 アブラは食えない程ショッパかった時の為に保険代わりにお願いしました♪

 デフォでも程々のモヤシ山w♪←(うさぎ屋にキャベツの文字は無い!(爆)♪)

 卓調の一味でトウガラシブーストをかけ・・・
IMG_20150220_192812
 別皿アブラも揃った所で、再度記録を撮り、早速いただきます!♪



DSCF4374
 ベーススープは微乳化くらいの仕上がり。

 でも、液化した脂分やコロコロの背脂がたっぷり浮いてるのは仕上げの際に加えられた大量の別炊き脂の為ですw♪

 豚骨自体の旨味に関しては程々と言ったところ・・・いや、どちらかと言うと結構しっかりしてる筈なんですが・・・

 予想通り!醤油バリバリ!!www♪

 舌にガスッと突き刺さる尖った醤油の辛味w♪

 それも槍や矢のように鋭利なモノではなく、ウォーハンマーかモーニングスターみたいな打突系の強引さを持った感じ!!

 正直、コレは・・・ワシにはショッパ過ぎる・・・

 それにコノ油の量・・・昨年東京遠征の際、小でいただき、危うくゲキチンしそうになった松戸駅前店の味を思い出しましたw♪



DSCF4373
 ヤサイ・・・

 否、モヤシはw チョイシャキ仕上げです♪

 程好くプリッとした舌触りのシャキモヤシとキャベツ・・・は何度も言いますが、入っていませんw♪

 モヤシだけでも風味はしっかりしてるし、上からかけられてる強引系醤油ダレとアブラも良く合ってて旨いンですが・・・やっぱりモヤシだけじゃあ寂しいですねw♪



DSCF4375
 麺は・・・

 あれッ?こんなに細かったッけ??

 細めと言っても十分太麺ですがw♪

 ズズッと一息に啜ってみると、結構ズッシリとした重みのあるモノで、ガチッとした噛み応えとワシワシした食感の剛力麺!♪

 オーションらしい小麦の旨味と甘味がたっぷりあります。
IMG_20150220_193012
 表面はザラリとした口当たりでスープをドップリ絡める仕上がりで、褐色に染まった麺を米と一緒にガッ付くと旨い!旨い!♪

 極太の超ヘビー麺では無いので、おにぎり囓りながら麺を啜ッてスープでゴクンと飲み込む"正統ラーメンライス食い"で美味しくいただけましたw♪



IMG_20150220_192717
 豚は大判極厚のウデ肉!♪

 シングル仕様ですが、1つで十分過ぎるボリュームです♪

 適度に脂身も付いたモノで、肉はホロリ解れる柔らか仕上げ・・・

 味付けは、カヤマ店主さんが意識的に控えめにしたと言う事ですが、丁度イイ感じでショッパ濃いぃスープとのバランスも良好です♪

 ガブリと囓り、おにぎりをバクリッ!そのまま麺を少なめに一啜りしてからまとめてスープでゴクリ!♪

 ヤバい!この食い方、クセになりそうですw♪



 ショッパ濃いぃ味はラーメン単体でいただくにはちょっとアレですが・・・
IMG_20150220_193106
 白飯?を合わせるには丁度良く、ガツガツと約9分00秒程で残飲完食です。




 今回のカネシ醤油ダレも如何にもッて感じで決して悪くは無いんですが、個人的好みから言えば今までのモノの方がバランスがイイように感じました。

 良く来る近くの学生客の多くからも、そんな意見が多いらしく、近々元に戻す方向で考えているとの事・・・

 と言う事で、ある意味"限定"とも言える一杯ではありました。

 カヤマ店主さん! 今日もありがとうございます。

 どうも御馳走様でした!♪

極老とんこつ(老10)(極太暴れ麺)
IMG_20150215_194813




 昼に"影郎"のラーメン(並200g)にアップアップとなったワシ・・・

 スープが重い!麺がクソ重いw♪豚がヤバい(爆)!♪

 今日のコンディションで300g行ってたら、確実に逝ってました!!♪



 だが・・・

 所詮、麺量200g!!

 一時的な満腹感と油脂分のダメージが掃ければ腹は減りますw♪



 最初は、夜ポールを狙って武庫之荘の新店"和心"に行こうかと思っていたのですが・・・

 "和心"ッて日曜・祝日は昼営業だけなのねwww♪



 でも、何とかして"中華そば"が食べたい!食べたい!食べたぁ――い!!と思い、行き先を太子橋にある"ついてる中山"に設定!♪

 駄菓子菓子!!!←(しつこく使ってるんだw)

 通ったルートが悪かった!♪



 そう、丁度開店10分前の"天神旗"の前を通過・・・

 すると、苦手な人には悪臭以外の何物でもない・・・
DSC_0225-1
 "この、豚野郎"な匂いが(爆)♪

 あぁあぁぁ~~~・・・・・・堪らん!♪

 でもワシは"中山"に・・・"ついてる中山"に行くんだ・・・

 でも、"中山"のあのスープの匂いも・・・想いも今回は届かなかった・・・

IMG_20150215_194959
 気が付けば"天神旗"の前に立ってるワシwww

 午後6時20分頃の着でした。



 コチラでも外待ちは無かったので、そのまま店内に・・・

 すると店内テーブル席は全て家族連れやグループ客で埋まってます。

 カウンター席も2席を残して既にお一人様客でほぼ満席状態!♪

 なんだかんだ言ってもさすがに人気店です!!

 厨房内では、久し振りにお顔を拝見する大鶴店主さんが麺上げを、それに今まで麺上げをしていた店長さんらしき方が調理補助、ホールには女性スタッフという3人体制で切り盛りされていました。



IMG_20150215_195110
 入口入って直ぐの券売機で最初は新メニューの"極老つけ麺"にしようかと思ったンですが、並では今一足りないし、かと言って大盛や特盛を食い切れるコンディションでも無い・・・

 そして券売機を良く見ると・・・"極老豚骨"の文字が!!

 スープは今までと同様(老10)ですが麺が変わってる模様・・・なので、迷わず"極老豚骨"のボタンを押して食券をゲット!♪

 空いてるカウンター席に着きます。



 駄菓子菓子!♪←(ホンマにしつこいなw)

 左右の席で食べてるお客さんの一杯がなにか変だ!!

 麺の上にたぁ~~ッぷりのモヤシとキャベツ、そしてニラが載っかてる一杯?

 ?と思っていると、注文待ちをしていたカウンターのお客さんにホールのお嬢さんが「ちゃんぽんお待たせしました!!」・・・そうだよ!!

 たしかリニューアル時に"ちゃんぽん"がメニューに加わったンだ!?

 でも、券売機に"ちゃんぽん"の文字は無かったゾ?・・・ッて有るじゃん!!それも"極老豚骨"の左隣に(爆)!♪

 隣の文字が見えなくなるほど、ワシにとって極老は眩しい存在なのだwww♪←(次は絶対にちゃんぽん食う!!)



 ンな下らない事を考えてるうちに、約10分程でお待ちかねのラーメンが登場!♪
DSCF4239
 ホールのお嬢さんがテーブル席の接客中だったので大鶴店主さん自ら配膳してくれました。

 記録を撮り、早速いただきます!♪



DSCF4243
 このスープ・・・そもそもコレをスープと言ってイイモノ何でしょうか?

 この際だからハッキリ言います!!

 コレを一般的定義の料理として考えた場合、旨いか?不味いか?・・・料理として考えるなら、不味いです。(´д`|||)・・・

 味のバランスなんか無茶苦茶!!

 でも・・・だから!!・・・だからこそ旨い!!!

 それも中途半端ではなくとことん特化したからこそ実現した味です!♪

 レンゲで掬ったスープを見ての通り、色んなモノが混じってますw♪

 脂やら肉カスやら軟骨片やら●●●・・・読んだら食欲減退しそうなモノ迄(爆)!♪

 創業時よりただひたすら継ぎ足し続けた"豚"の命と"天神旗"そのものの歴史が詰まった一杯!♪

 不味い訳が有ろう筈がありません!!

 ただ豚骨が苦手な人には100%受け入れられない!けど、好きな人は"ド・はまり!"するスープです♪



 そして、麺!!
DSCF4244
 切り刃10番で製麺されたという極太手揉み縮れ麺!♪ コチラでは"暴れ麺"と言うそうなw♪

 キュウゥ~ッと引き締まった程好いコシにプリプリとした踊るような弾力♪

 モッチリ食感で極太麺ならではの小麦の風味と旨味が有って、ド変態級の超特濃豚骨スープにも飲み込まれる事なくしっかりと存在感を主張しています♪

 麺自体の重さは二郎系ほどヘビーではなく、饂飩と中華麺の中間くらいの感じ・・・

 麺量も200gとなかなか食べ応えのあるボリュームを持っています。

 それにしても、この手揉みのプルプル感は楽しいです♪

 豚骨の求道者であると同時に麺ヲタである大鶴店主さんらしい麺です♪



トッピングには・・・
DSCF4242
 大判の炙りバラ肉チャーシューが2枚♪

 しっかりした味付けでトロトロな仕上がりですが、炙りならではの香ばしさは・・・あんまり感じませんが、炙られる事で脂身の方が多いバラ肉もクドさは感じず、旨味と甘味が増していて美味しくいただけました。

後は・・・
DSCF4241
 メンマと粗めに刻まれた青葱・・・

 メンマはやや甘めで濃口の味付けです。

 粗めに刻まれた青葱は・・・スープの味にやや負け気味な感じですが、やっぱり良く合っています。



 最初はスープを半分くらいまで飲んで残そうと思ってたンですが・・・
DSCF4246
 誘惑に負けてw ・・・約8分05秒程で完飲完食です♪
 


 もう~~はちゃめちゃだけどw やっぱり旨い!♪

 ヤり過ぎ大王な極老豚骨スープ!♪

 極太暴れ麺も旨かったしwww♪



 大鶴店主さん! スタッフの皆さん! 今日はありがとうございました。

 どうも御馳走様でした!♪

↑このページのトップヘ