bandicam 2018-11-07 17-56-48-955

引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1541545857/

1: 風吹けば名無し 2018/11/07(水) 08:10:57.38 ID:nGGawXstr
 根尾には、通算2480安打を放った立浪和義の「3」を背負ってほしいという期待もある。だが、「1」は友永翔太が、「3」は高橋周平が2015年からつけている。

「成績が低迷し、心機一転変更することはあるが、“剥奪”の印象は拭えない。しかも、それを高卒ルーキーに渡すとなると、チームの雰囲気に影響しかねない。
“単なる数字”と片付けられないデリケートな問題です。ショートでのデビュー後、内外野を守り、選手会長も務めた森野将彦(昨年限りで引退)の『7』が空いているので、そこに落ち着くのではないかと言われている」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181105-00000011-pseven-spo

2: 風吹けば名無し 2018/11/07(水) 08:11:29.11 ID:+NfWuNO3a
1でいいだろ定期

5: 風吹けば名無し 2018/11/07(水) 08:12:08.60 ID:rDE8Tcyl0
3でええやん

6: 風吹けば名無し 2018/11/07(水) 08:12:25.44 ID:EjfX4qu4d
何で友永が1なの

9: 風吹けば名無し 2018/11/07(水) 08:12:43.07 ID:wzcjdPxy0
1が空いてるだろ

13: 風吹けば名無し 2018/11/07(水) 08:13:23.29 ID:3okAGgYUp
>>9
空いてねーよフザケンナよお前

27: 風吹けば名無し 2018/11/07(水) 08:15:35.44 ID:eFNVb3apa
>>13
友永さんごめん

30: 風吹けば名無し 2018/11/07(水) 08:16:40.78 ID:fmzZvVuEd
>>13
一軍で出てないんだから空いてるも同然

10: 風吹けば名無し 2018/11/07(水) 08:13:01.88 ID:/AeqC9q20
剥奪しないのもしないで悪影響ちゃうか

11: 風吹けば名無し 2018/11/07(水) 08:13:19.40 ID:oYOJK9dp0
森繁が落合に気を遣ってるなんてことはないと思うけどなんでや

16: 風吹けば名無し 2018/11/07(水) 08:13:31.71 ID:UYKRWrO0a
友永が5年間背番号1ってむしろ罰ゲームだろう。

17: 風吹けば名無し 2018/11/07(水) 08:13:46.02 ID:xFxnmuBO0
今年は適当なのつけといて1が空いたら上げたらいいじゃん

18: 風吹けば名無し 2018/11/07(水) 08:14:04.05 ID:iR8rZWzWH
1が空いてる定期

19: 風吹けば名無し 2018/11/07(水) 08:14:06.29 ID:qdMCXgqjd
森野の前の背番号7って誰やったっけ?

25: 風吹けば名無し 2018/11/07(水) 08:15:11.84 ID:/sg3bLdJ0
>>19
李炳圭しか記憶ねーわ

20: 風吹けば名無し 2018/11/07(水) 08:14:21.42 ID:UYKRWrO0a
友永は来年トリプルスリーを狙いますか?

24: 風吹けば名無し 2018/11/07(水) 08:15:08.41 ID:Vlv1eDK1d
3は埋まってるけど1空いてるぞ

26: 風吹けば名無し 2018/11/07(水) 08:15:14.80 ID:ORdl6V5b0
即戦力外ドラフトのやつらが即戦力外になるよりも悪影響もたらしてるの草

28: 風吹けば名無し 2018/11/07(水) 08:16:10.71 ID:fmzZvVuEd
7→9→5→1で2年毎にシャッフルしてここ数年売れなかった番号のユニ売り捌こうや

29: 風吹けば名無し 2018/11/07(水) 08:16:12.84 ID:UYKRWrO0a
井領26と遠藤23も剥奪だろ。
投手番号は梅津、勝野がつける。

152: 風吹けば名無し 2018/11/07(水) 08:30:42.99 ID:a5MICy+Kd
>>29
13や20があいている

437: 風吹けば名無し 2018/11/07(水) 09:03:09.09 ID:zf6NUxQo0
>>152
ぐうエース級番号付けさせるのか…

37: 風吹けば名無し 2018/11/07(水) 08:17:41.86 ID:QIQiTr9H0
中日ファン「友永って誰?」
これが現実