引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1576167299/

1: 風吹けば名無し 2019/12/13(金) 01:14:59.88 ID:LuvdwIlB0
img_a52ace6d805b6cd2ef294d55bf28a347694914
ただ、さらにさかのぼれば栄光を築いたと思われがちなメジャーリーグのボストン・レッドソックス時代も実を言えば現地での評価は芳しいものではなかった。華々しく移籍した1年目の2007年シーズンはローテーションの一角として15勝をマークし、チームのワールドシリーズ制覇に貢献。だが12敗を喫し、防御率も4・40と不安定な投球内容がかなり目立っていた。翌2008年シーズンは18勝3敗、防御率2点台とし、数字的にみればかなりいい成績を残したように思える。

ところが当時を検証する地元ボストンの主要メディアは辛らつで今現在も「セイバーメイトリクス(統計学的に分析した野球に関するデータ)でも松坂は07、08年ともに〝運〟と〝味方の打者〟に大きく助けられている」などと酷評している。総じて与四球率が高く〝イライラさせる投手〟であることも、現地ビートライターたちの印象を悪くしていたのかもしれない。

2: 風吹けば名無し 2019/12/13(金) 01:15:39.70 ID:LuvdwIlB0
その後は股関節痛など多くの箇所でコンディション不良を繰り返し、2011年には右ひじのトミージョン手術を受けている。09年以降は2けた勝利に一度も届くことなく、レッドソックスでの6シーズンを終えた。総評としてボストンメディアの中からは「松坂の獲得は失敗だった」と断罪する声まで聞こえてくるほどだ。

レッドソックスは西武からポスティングシステムを行使した松坂の獲得に5111万1111ドル11セント(当時のレートで約60億1000万円)もの大金を入札金として投じた。さらに松坂とはインセンティブを含め総額5200万ドルと入札金とほぼ変わらない額で6年契約を締結。当時としては、そんな破格のカネを東海岸の名門球団がわざわざ工面したのだから入団前から〝さぞや日本のマツザカという男はスーパーピッチャーに違いない〟との期待が膨らむのも当然だった。ちなみに米国内で論争にまで発展した「マツザカはとんでもないジャイロボールを投げる」という根も葉もないウワサが立ったのも、その流れである。

4: 風吹けば名無し 2019/12/13(金) 01:16:10.21 ID:LuvdwIlB0
しかしながら、いざフタを開けてみたら「大枚をはたいた割に、それほど大したことはなかった」というのが、6シーズンをともに過ごした松坂に対するボストン球団内外の結論。だから日本の人たちが想像する以上に、松坂はボストンでもいいイメージを持たれていないのだろう。2013年から3シーズンに渡って在籍し、クローザーを含め中継ぎとして大活躍した上原浩治氏を「レジェンド」と評する声は今もボストンで多く聞かれるが、松坂には「皆無」と言い切っていい。悲しいかな、これが現実なのである。

とはいえ、このレッドソックス時代の松坂には気の毒な一面もあった。「チーム松坂」と呼ばれる専属トレーナーら日本人スタッフ複数人がべったりと付き、どこへ行くにも常に一緒だった。日本人が周りにいれば、孤独感を味わうことなく安心できる。だが、これは本人も気付かないうちにチームメートたちとの「壁」を作り出す要因になっていた。これに危機感を覚えて松坂本人がブロークンイングリッシュでもいいから懸命に会話をしようと試みていれば、主力たちは受け入れてくれていたかもしれない。

6: 風吹けば名無し 2019/12/13(金) 01:16:41.79 ID:LuvdwIlB0
だが移籍1年目なのに、まるで大名行列のように毎度のごとく日本人スタッフを引き連れて来る松坂に、チームの面々の大半が眉をひそめていた。さらに大勢の日本人メディアもクラブハウスにドカドカと入って来ることで「FU〇〇」と口にしたり、舌打ちをしたりする大物選手の姿も当時は多くの人に目撃されていた。

16: 風吹けば名無し 2019/12/13(金) 01:20:42.43 ID:9+xZ73OB0
>>6
がちで不快よな日本メディア
八村とか久保の時もやけど群がりすぎやろ
代表者一人にインタビューさせろや

22: 風吹けば名無し 2019/12/13(金) 01:24:03.33 ID:vP/cdWtd0
>>16
毎回同じこと聞くから記者に大坂なおみがまたそれーって言ったの可愛いかった

7: 風吹けば名無し 2019/12/13(金) 01:17:19.78 ID:KBHcF0Myp
向こうの人もけっこう覚えてるよな
今年もケイイガワ思い出してたし

8: 風吹けば名無し 2019/12/13(金) 01:17:49.33 ID:LuvdwIlB0
それもあって、あの当時の彼はレッドソックス首脳陣の助言に聞く耳を持たず、メジャー流の調整法も頑なに拒否し続け、ブルペンでは既定の球数以上の投げ込みを繰り返したことで投手コーチから段々と睨まれるようになっていきました。1年目のシーズン前半、スランプにあえいでいた時に日本からやって来た西武時代の元監督で恩師の東尾(修)さんをブルペンに入れ、指導を仰いだことはかなりヒンシュクを買っていましたよ。レッドソックスの首脳陣からすれば〝どういう覚悟でメジャーに来たのか〟という思いになったはずですから」
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/58565
※ 西武復帰の松坂大輔が今もRソックスで嫌われる理由 古巣復帰でプロ野球人生の集大成を見せられるか(1/3) | JBpress(Japan Business Press)


9: 風吹けば名無し 2019/12/13(金) 01:18:01.65 ID:iOiDLQs10
これが現実

12: 風吹けば名無し 2019/12/13(金) 01:18:58.39 ID:KEzwYCVOp
アメリカでうまくやってる松井すげえわ

28: 風吹けば名無し 2019/12/13(金) 01:29:43.32 ID:m7S6D1b60
投球間隔が長すぎて試合見てられんレベル
※ 関連記事



13: 風吹けば名無し 2019/12/13(金) 01:19:09.49 ID:96ZU4Niq0
イライラするのはわかる
日本人投手って外人に比べると間を滅茶苦茶取るんだよな
日本人からしたら森福がせんぱつしてるようなもんやろ
そんで四球が多いとストレス溜まるわな
※ 関連記事



15: 風吹けば名無し 2019/12/13(金) 01:20:33.00 ID:16oMb45z0
それでも18勝3敗はすごいやろ

17: 風吹けば名無し 2019/12/13(金) 01:20:55.94 ID:cfJWHyHS0
>>15
運じやん

25: 風吹けば名無し 2019/12/13(金) 01:26:48.41 ID:kOxaY33Pd
>>15
打線とリリーフが良かったから平均イニング5回でも勝てただけ

19: 風吹けば名無し 2019/12/13(金) 01:22:40.52 ID:w46o3wEC0
まぁ一朗さんも似たようなもんや

20: 風吹けば名無し 2019/12/13(金) 01:22:46.23 ID:nUqSxUHK0
行くとこ行くとこで嫌われるのはしゃーない
本人が悪い
※ 関連記事



24: 風吹けば名無し 2019/12/13(金) 01:26:37.78 ID:wkjdeOK70
18勝のときも5回で降りること多かったよな

27: 風吹けば名無し 2019/12/13(金) 01:29:01.24 ID:c9MsQPjm0
やっぱりカワサキがナンバーワン!

29: 風吹けば名無し 2019/12/13(金) 01:31:44.90 ID:sOUwez6/0
勝ち投手なんて元々運なんだからそこは関係ないやろ
勝ち運なんて言葉があるぐらいだし

31: 風吹けば名無し 2019/12/13(金) 01:31:52.42 ID:ur2LJ0Wl0
サンキュー上原

30: 風吹けば名無し 2019/12/13(金) 01:31:46.40 ID:NsuOIwMKd
間隔が長くても勝てるってことはそういう事やろ
ありがたいと思えや

33: 風吹けば名無し 2019/12/13(金) 01:32:04.20 ID:FpEGsM5f0
上原は四球が少なく投球テンポが良いから結果を残せばかなり好かれるタイプの投手

32: 風吹けば名無し 2019/12/13(金) 01:31:57.99 ID:vP/cdWtd0
MLB松坂は手で首をサワサワしてる印象しかない