2011年05月11日

ピンク・フロイド「狂気」 驚愕の6枚組セット

9月26日のピンク・フロイドのリマスター盤発売時には、「狂気」の2枚組セットと6枚組セットも発売されます。その内容が凄いです。

「狂気」のExperience edition(2枚組)
Disk 1: オリジナルアルバム
Disk 2: 1974年11月のウェンブリーでの「狂気」のライブ音源

「狂気」のImmersion edition(6枚組)
Disk 1,2: 同上

Disk 3
: 以下の音源を収録したDVD
・5.1chサラウンド(現行のSACDと同じミックス)
・5.1chサラウンド(上記の高音質版)
・2ch音源(Disk 1と同じ)
・4ch音源(1973年のアラン・パーソンズのミックス)
・4ch音源(上記の高音質版)

Disk 4
: 以下の映像を収録したDVD
・Live In Brighton 1972 (Careful With That Axe, Eugene/ Set The Controls For The Heart Of The Sun)
・The Dark Side Of The Moon, 2003 documentary
・Concert Screen Films: British Tour 1974, French Tour 1974, North American Tour 1975.

Disk 5
: 以下の内容を収録したBlu-ray
・5.1chサラウンド(96kHz/24bit)
・オリジナル2ch音源(96kHz/24bit)
・Disk 4の映像

Disk 6: 以下の内容を収録したCD
・アラン・パーソンズによる「狂気」の初期ミックス(1972年)
・The Hard Way (‘Household Objects’より)
・Us And Them, Richard Wright Demo
・The Travel Sequence, live from Brighton June 1972
・The Mortality Sequence, live from Brighton June 1972
・Any Colour You Like, live from Brighton June 1972
・The Travel Sequence, studio recording 1972
・Money, Roger Waters’ demo

Household Objectsとは、「狂気」の次回作として作成が進んでいた作品で、楽器を使わずにハンドミキサー、輪ゴム、ワイングラスを鳴らして曲にするという実験的なものでした。結局、うまくまとまらず、お蔵入りになったのですが、それがようやく日の目を見ることになりました。

The Travel SequenceとThe Mortality Sequenceは、それぞれOn the RunとThe Great Gig in the Skyのプロトタイプです。


im-darkside


凄すぎます・・・。


rock70s at 21:29│Comments(0)TrackBack(0) ピンク・フロイド | プログレ

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
リリース情報
2017年
【5月26日】
ビートルズ「サージェント・ペパーズ」50周年記念

【6月2日】
ロジャー・ウォーターズ新作「 イズ・ディス・ザ・ライフ・ウィ・リアリー・ウォント?」

【6月16日】
チープ・トリック新作「ウィア・オール・オーライト」

【7月21日】
マリリオン「Misplaced Childhood」 スティーヴン・ウィルソンによるリミックス(5.1chあり)

【8月18日】
スティーヴン・ウィルソン新作「To The Bone」

管理人のオリジナル小説