2015年08月10日

キング・クリムゾン スラック 豪華再発!

毎年秋の恒例となったキング・クリムゾンの40周年記念再発。今年は1995年に発売された「スラック」です。なんと12CD+1DVDオーディオ+1DVD+2Blu-rayのボックスセットが発売されます。



CD1 ジュラシック・スラック
レコーディング途中の音源を収録。

CD2 マックスVROOOM
スラックの発売前に予告編的に発売されたミニアルバムVROOOMと1999年にコレクターズクラブで発売されたThe VROOOM sessionsを収録。

CD3 スラック
2002年リマスターのオリジナルミックス

CD4 アタックスラック
複数のライブで録音されたThrakの中間にあるインプロビゼーションパートをつなぎ合わせたもの。同様のコンセプトで作られた既発売のスラックアタックとは音源が異なり、音質もアップ。

CD5 スラック
ジャコ・ジャクジクとフリップさんによる、2015年リミックス。

CD6 バイト・サイズ・スラック
シングルエディット、プロモライブ音源などを収録

CD7, 8 ケンジントン・スラック
1995年のイギリス公演を収録。

CD9, 10 ニューヨーク・スラック
1995年のアメリカ公演を収録。

CD Cover Photo

CD11, 12 アズテック・スラック
1996年のメキシコ公演を収録。

DVDオーディオ
ジャコとロバートによる5.1chとステレオリミックスのハイレゾ音源。
2002年リマスターのオリジナルミックスのハイレゾ音源。

DVD
1995年のサンフランシスコ公演の映像を収録。

Blu-ray1
以下の作品の5.1ch&ステレオハイレゾ音源
・スラックのオリジナルミックス
・スラックの2015年リミックス
・アタックスラック
・ケンジントン・スラック
以下の作品のステレオハイレゾ音源
・ジュラシック・スラック
・スラックアタック
・B'Boom(以前発売されていたライヴアルバム)

Blu-ray2
1995年のサンフランシスコ公演の映像
同年の日本公演の映像(既発売のdejaVrooomと同じ?)
トニー・レヴィン撮影の動画
などなど

これとは別途、いつものようにDVDオーディオ+CDが発売されますが、DVDオーディオの中身は発表されていません。

クリムゾンのボックスセットはこれまでに不朽の名作「宮殿」、絶頂期の「太陽と戦慄」、「暗黒の世界」、「レッド」が発売されています。これらは人気が高く、需要が多いのはわかります。しかし、「スラック」がそこまで人気があるとは思えません。
「ファンに高額商品を売りつけてガッポリと儲けまっか」的なレコード会社の思惑ではなく、フリップさんが「私はこの時代を大切に思っている。すばらしい音源をみんなに聴いてもらいたい」という思っているのでしょうか?

私は「スラック」の5.1chを心待ちにしていました。
90年代クリムゾンのセールスポイントは、ギター2名、ドラム2名、ベース(スティック、ウォーギター)2名のダブルトリオ。理論的に言えば、各トリオが別々のリズムを刻んで複雑な展開の曲になるはずですが、ステレオ音源では分離が悪いためかそこまでの凄さを感じる曲がないです。特にトレイ・ガンの存在感がほぼゼロです(トニーの演奏だと思っていたのがトレイかもしれませんが…)。5.1chによってどこまで生まれ変わっているか期待しています。



唯一心配なのがリミックスを担当したのがジャコだということ。彼がリミックスしたELPの「トリロジー」はあまりのショボさに落胆しました(私は買っていませんが、「頭脳改革」のリミックスもショボかったそうです)。フリップさんが「ジャコ、そのサウンドに私は納得しないな。スティーヴン・ウィルソンはもっと激しい音にしていたよ」なんてダメ出しをしてくれていると嬉しいです。

なお、ボックスセットの価格は日本円換算で17,500円(8/11の為替レート)。
なかなか手がでないので、DVDオーディオ+CDを私は買う予定です。



rock70s at 18:37│Comments(0)TrackBack(0) キング・クリムゾン 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
リリース情報
2017年
【5月26日】
ビートルズ「サージェント・ペパーズ」50周年記念

【6月2日】
ロジャー・ウォーターズ新作「 イズ・ディス・ザ・ライフ・ウィ・リアリー・ウォント?」

【6月16日】
チープ・トリック新作「ウィア・オール・オーライト」

【7月21日】
マリリオン「Misplaced Childhood」 スティーヴン・ウィルソンによるリミックス(5.1chあり)

【8月18日】
スティーヴン・ウィルソン新作「To The Bone」

管理人のオリジナル小説