2015年10月11日

ハイレゾで聴くポール「タッグ・オブ・ウォー」

毎年恒例のポール・マッカートニーのリマスター再発、今回は「タッグ・オブ・ウォー」と「パイプス・オブ・ピース」です。
私はいつものごとくボーナストラックつきのハイレゾ音源をHDtracksからダウンロードしました。
まずは「タッグ・オブ・ウォー」のレビューから。



「タッグ・オブ・ウォー」はウイングス解散後に発表された作品で、プロデューサーにジョージ・マーチンを迎えた入魂の作品で、ポールのソロ作の中で最高レベルと呼ばれる名盤です。
今回の再発のニュースを見た際に驚いたのが「2015年リミックス」と記載されていたこと。
てっきり「ポールはアルバムの完成度に満足がいっておらず、この際にミックスしなおしたのか!?」と思ったのですが、実情は違っていました。
ポールの公式サイトによると、このアルバムのマスタリングは1982年当時に最先端の技術だった16bitのデジタル機器を使ったそうで、これでは現在の水準としてはイマイチなのでアナログ・マルチ・トラックテープからアナログマスター音源を作り直して24bitでデジタル化したそうです。リミックスにあたってはオリジナル・ミックスを再現するように心がけたとのことでした。
ハイレゾの力なのか、リミックスのお陰なのかサウンドはとってもクリアで音の広がりを感じました。また、分離がよくなったせいか音数が増えたように聴こえ豪華さがアップしました。エコーの深さはCDとは比べ物になりません。

【Take It Away (Single edit) 2015 Remix】



ボーナス曲は11曲収録されています。
Stop, You Don’t Know Where She Came From [Demo]はオリジナルアルバムには未収録。ニューオーリンズで流れているような感じのちょっと変わった声で歌う軽快な曲です。 
Wanderlust [Demo]は控えめなドラムを従えたエレピの弾き語り風。シンプルな構成が曲のしんみりさを引き立てます。Ballroom Dancing [Demo]も同じくシンプルな構成。Take It Away [Demo] はピアノのリズムの刻み方がビートルズのOb-la-diを連想させて曲の印象が違います。
The Pound Is Sinking [Demo]  はアコギ、ベース、ドラムをバックに歌っています。これを聴いた後で完成版を聴いたら「アレンジがコテコテしすぎ! そこまでやらんでもよかったのでは?」と思ってしまいました。この曲はこのデモくらいのアレンジでよかったかも。Something That Didn’t Happen [Demo]は完成版ではThe Pound is Sinkingの後半になっている曲。もともと2つの曲だったものを合体させて一つの曲にしたという経緯がわかりました。

【The Pound is Sinking】


Ebony and Ivory [Demo]  はエレピの弾き語り。すぐに終わって物足りないです。
Dress Me Up As a Robber/Robber Riff [Demo]  は面白い構成です。まずはアコギの弾き語り風になっていて、いったん間を置いて次にパーカッションとベースが加わったものが流れ、またいったん間を置いてエレキギターが加わったイントロだけが流れます。曲の進化の過程がわかり面白いです。
Ebony and Ivory [Solo Version] はその名の通りポールが一人二役したもの。Evonyの12インチシングルのB面に収録されていたものです。

【Evony and Ivory [Solo Version] 】


RaincloudsはEvonyの7インチシングルのB面に収録されていたフォーク調の曲。サビではリンダとデニー・レインがコーラスをかぶせています。後半に流れるカントリー風のバイオリン(?)が心地よく感じます。I’ll Give You a RingはTake It Awayのシングル盤のB面に収録されていた、いかにもポール的なポップな曲です。
デモ曲は「一回聴けば十分」と思う事が多いですが、これらの曲は意外と面白みがあって何回でも聴いてもいいかなと思いました。

なかなかよい出来に仕上がっていましたが、一つだけ不満なことがあります。過去の再発はずっと24bit/96kHzだったのに、今回配信されたのは24bit/44.1kHzなのです(HDtracksでは「ボーナストラックあり」も「なし」も44.1kHzだが、e-onkyoでは「ボーナストラックなし」バージョンは96kHz)。
なぜこのようなショボイことをしたのか理解できません。96kHzにして配信しなおして欲しいです(もちろんタダで再ダウンロード可能ということで)。

rock70s at 17:56│Comments(0)TrackBack(0) ポール・マッカートニー 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
リリース情報
2017年
【5月26日】
ビートルズ「サージェント・ペパーズ」50周年記念

【6月2日】
ロジャー・ウォーターズ新作「 イズ・ディス・ザ・ライフ・ウィ・リアリー・ウォント?」

【6月16日】
チープ・トリック新作「ウィア・オール・オーライト」

【7月21日】
マリリオン「Misplaced Childhood」 スティーヴン・ウィルソンによるリミックス(5.1chあり)

【8月18日】
スティーヴン・ウィルソン新作「To The Bone」

管理人のオリジナル小説