2015年11月14日

ザ・ビートルズ「1」 リミックス音源に魅了される

11月6日にザ・ビートルズの「1」のCDやDVD/Blu-rayが発売されました。
最初、発売予告のニュースを見た時、レストアされて甦った映像を収録したDVD/Blu-rayが主役で、CDはなんちゃってリマスターされただけの添え物程度だと思いました。



「どうせ、ビデオなんて一回見たら二度と見なくなるに決まっている」と思ったので、今回の発売はスルーしようと決めました。その後は「1」のニュースがあっても自分には関係ないものだと無視してきました。

しかし、3日前になってたまたま見たニュースで「ステレオ・リミックス」、「5.1chミックス」という文字を見て、急に興味を惹かれました。
リミックスと言えば、1997年に発売された「イエロー・サブマリン・ソングトラック」。中期の名曲を現在風の音のバランスでミックスしなおした作品です。このアルバムはけっこうお気に入りで、当時「他の曲もこのようなリミックスで聴いてみたい!」と感じたことを思い出しました。
そうなると居ても立ってもいられなくなって、即座にCD+Blu-ray2枚を注文しました。

beatles-1-package-433








まず、CDのレビューから。
すごい変わりようです。初期のロックンロール曲はボーカルとベースがどっしりとセンターに定位することで安定感とパワフルさが増しました。
Eight Days a Weekは今まであっさり目だったのが濃厚になって「週10日間」という印象。Day Tripperは強烈さがアップ。イントロのギターが厚みを増して両スピーカーからサンドイッチ状態で鳴る中、中央でポールがベースを自在に動かしながら歌う。やや左サイドで鳴るリンゴのスピーディーで確実に刻むリズムがカッコ良い。
Paperback Writerはさらに度肝を抜かれます。出だしのコーラスが左右にぐーーーんと広がって、直後にギターがセンターで鳴り始め、ポールがベースを速弾きしながら歌う。カッコいいーーーーー!

次のYellow Submarineが始まったところで、ふと思いました。今回のリミックスと「イエロー・サブマリン・ソングトラック」の音は違うのか?
そこで両方ともに収録された曲を聴き比べてみました。
まずYellow Submarine。これは「ソングトラック」の圧勝です。SEで入っている波の音が全く違います。「1」の音が穏やかな瀬戸内海的な音だとしたら、「ソングトラック」は太平洋の大波です。酒場(?)の音も「ソングトラック」の方が人数が多く感じ、最後の合唱も豪華に聴こえます。Eleanor Rigbyはどちらも弦合奏が広がって聴こえていい感じです。唯一の違いはサビのところで「ソングトラック」ではダブルトラックになっているのに「1」ではシングルになっているところ。どっちがいいかは好みが分かれるでしょうね。All You Need is Loveは文句なしに「1」。クリアーで音数が多く聴こえ豪華さが違います。



こうなるといろいろと比べたくなり、ステレオミックスが確立してきた後期の曲で「1」とハイレゾUSB(44.1kHz/24bit)を聴き比べました。
Come Togetherはハイレゾの方がベースの音が厚くてねちっこくて圧勝。Somethingは「1」はひとつひとつの音がはっきりしていてクリアで、ハイレゾはソフトな感じ。どっちも個性があって甲乙つけがたいです。Let It Beは「1」の方が音の分離がよく、サビのところでオルガンが中央で鳴り、その両脇で女性コーラスが入るという定位の違いがはっきりして豪華に感じました。The Long And Winding Roadは甲乙つけがたし。「1」ではストリングの音がはっきりとしていて細かい動きがわかる一方、音のふくよかさと温かさと言う点ではハイレゾの方が上です。

「1」はこれまでに3種類発売されました。
最初に発売されたのは2000年。このバージョンはコンプレッサーかけまくりでやたら音がでかく、高音がキンキンとしていて耳障りで嫌いでした。次に発売されたのは2011年。こちらは聴いていませんが2009年リマスター音源を使ったそうなのでアナログ的な優しい音になっていると思います。
そして、今回。Phile-Webの記事によると「EMIに保管されていたミキシング前の1トラック、2トラック、4トラック、8トラックのマスターテープにさかのぼり、楽器やボーカルのバランスごと新しくリミックスする「ザ・ビートルズ再生プロジェクト」である」とのこと。まさにサウンドが生まれ変わり、曲の魅力がアップした感じです。
「リミックスしたことで曲の雰囲気が変わった。これは冒涜である」と言われるオールドファンがいるかもしれませんが私はけっこう気に入りました。



rock70s at 00:24│Comments(0)TrackBack(0) ビートルズ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
リリース情報
2017年
【5月26日】
ビートルズ「サージェント・ペパーズ」50周年記念

【6月2日】
ロジャー・ウォーターズ新作「 イズ・ディス・ザ・ライフ・ウィ・リアリー・ウォント?」

【6月16日】
チープ・トリック新作「ウィア・オール・オーライト」

【7月21日】
マリリオン「Misplaced Childhood」 スティーヴン・ウィルソンによるリミックス(5.1chあり)

【8月18日】
スティーヴン・ウィルソン新作「To The Bone」

管理人のオリジナル小説