2016年02月03日

ドリーム・シアター 新作「ジ・アストニッシング」を読む

ドリーム・シアターの待望の新作「ジ・アストニッシング」が発売されました。
CD2枚にわたる一大ロック・オペラということで、ストーリーを読みながら、サウンドを聴くことを楽しみにしていました。
もう、待ちきれなくて、発売当日にe-onkyoでハイレゾ音源をダウンロードしました。



し、しかし!!!
ライナーノーツがついていません。歌詞がわかりません。
もう、ビックリぽんです。

音源は聴きましたが、ストーリーなしでは2時間超も集中して聴きとおすのはしんどかったです。
まだ1回しか聴けていないので、「聴く」のレビューをできる状況にありません。

「どうしようか・・・ ライナーノーツのためにCD買うか? いや、そのうち雑誌に特集されるはずだから待つか・・・」と思っていた矢先、英語版のWikipediaにあらすじが書かれていることを発見しました。
読んでみて驚き。予想したのと全く違うストーリーでした。
以下、その概要です。画像はDTの公式HPからの引用です。

時は2285年。アメリカ合衆国の北東部はアメリカ大北部帝国という地獄郷によって支配されていた。

map_final












place2








娯楽と呼べるものは、ノーマックス(ノイズ・マシン)が出す電気雑音のみだった。
帝国はナファリウス皇帝、アラベル皇后、ダリウス王子、フェイス王女によって支配されていた。

12








宮殿から離れた場所にある町レイヴンスキルにガブリエルという男がいた。彼は音楽を作って歌うという天性の才能を持っていた。

r1








彼にはレイヴンスキル反乱軍の司令官をやっているアーリスという兄がいた。アーリスには亡き妻エヴァンジェリンとの間に生まれたザンダーという息子がいた。

ガブリエルが人々から救世主と呼ばれていると聞いた皇帝は、家族と一緒にレイヴンスキルを視察に行った。その時、ガブリエルは村の広場で演奏をしていた。

place1








皇帝のリクエストを受けてガブリエルは演奏を続け、人々は涙を流しそうになった。
彼の歌を聴きながら、フェイスは子供の頃に見つけた音楽プレーヤーをこっそりと持っていることを思い出した。
彼女とガブリエルの目があった時、二人は恋に落ちた。

4








皇帝はガブリエルの歌声に心を動かされそうになったが、彼の存在が統治に危機を及ぼすことを恐れ、町民に向かって、彼の身柄を3日以内に宮殿に差し出すか、さもなければ町を破壊すると宣告した。
これに反感を抱いたアーリスは弟を隠すことを決めた。

r2








フェイスは宮殿に帰ったもののガブリエルへの思いが募り、彼に再会することを決めてレイヴンスキルに戻っていった。
そのことを知った皇后はダリウスに彼女を追って保護するように指示した。父親がフェイスのことばかり気にして自分をないがしろにしていると感じていたダリウスは、ある目的を持ってレイヴンスキルに向かった。

3








町に着いたフェイスはザンダーを見つけ、彼の案内でアーリスに会った。アーリスは彼女が自分らを支援してくれると理解し、彼女をガブリエルの隠れ家に連れて行った。彼女はガブリエルに自分が父親の狂気を終わらせるとを誓った。

一方、ダリウスはアーリスの家を探し出してザンダーを誘拐した。彼は、ザンダーの身柄と引き替えにガブリエルを差し出すようにアーリスに迫った。ダリウスはこの行為を成し遂げることで父親の敬意を得ることができると狙っていた。
自分らの息子を守るという約束を亡き妻としていたアーリスは、要求をのまざるを得なかった。

xander








宮殿に戻ったフェイスは例の音楽プレーヤーが父親の持ち物だったということを知った。
皇帝は娘の訴えを受け入れ、「天国の洞窟」という円形劇場の廃墟でガブリエルに面会することを承知した。

place3_new
















アーリスはダリウスにガブリエルがその夜に円形劇場にいることを告げた。
円形劇場で待っている間にアーリスは思い直して、ダリウスと対決した。ダリウスは彼を圧倒して殺害した。その一部始終を見ていたザンダーが父親の死体に駆け寄っている時、ダリウスは自分に近づく人影に気付いた。それをガブリエルだと思った彼は襲いかかる。それが妹だと知った時はすでに遅かった。
兄の遺体と瀕死のフェイスを見たガブリエルは絶叫した。あまりにもの大声だったためにダリウスは聴力を失い、その声は皇帝、皇后、町中の人の耳に届いた。

円形劇場にやってきた皇帝と皇后は、ガブリエルに彼の力でフェイスを救うように懇願したが、ガブリエルはあまりにもの絶叫で歌うことができなくなっていた。絶叫を聞きつけてやってきた町民はガブリエルを励ますためにみんなで歌い始めた。歌う力を取り戻したガブリエルはフェイスの命を救うことに成功した。
皇帝はガブリエルとの抗争を終わらせることを決め、ノーマックスをシャットダウンした。ダリウスは犯行を許され、ガブリエルとフェイスはザンダーと一緒に家族となった。
皇帝は公平な指導者として帝国を統治し、音楽が称賛される新しい世界を築くことを約束した。

今回、記載は省略しましたがWikipediaの原文にはどのシーンがどの曲が記載されているので、場面を想像しながらアルバムを聴くことができます。
この週末、まとまった時間を見つけてじっくりと聴いてみたいです。








rock70s at 22:55│Comments(0)TrackBack(0) ドリーム・シアター 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
リリース情報
2017年
【5月26日】
ビートルズ「サージェント・ペパーズ」50周年記念

【6月2日】
ロジャー・ウォーターズ新作「 イズ・ディス・ザ・ライフ・ウィ・リアリー・ウォント?」

【6月16日】
チープ・トリック新作「ウィア・オール・オーライト」

【7月21日】
マリリオン「Misplaced Childhood」 スティーヴン・ウィルソンによるリミックス(5.1chあり)

【8月18日】
スティーヴン・ウィルソン新作「To The Bone」

管理人のオリジナル小説