2017年09月10日

キング・クリムゾン アースバウンドのハイレゾ決定の衝撃

2009年に始まったキング・クリムゾン40周年記念のCD+DVDオーディオ再発シリーズ。カタツムリ並みのスローペースで発売されていき、ようやく去年「ビート」と「スリー・オブ・パーフェクト・ペア」がリリースされ、1990年代までの全スタジオ・アルバムの発売が完了しました(プラス、ライブ作の「USA」も)。

461881AF-DCFF-45BC-AD53-037037576739-1782-000002DD9D35CAE7








「次は2000年代のヌーヴォーメタルが蘇るか!?」と期待していたところで、誰もが「そんなことがあるはずはない」と思っていたことが発表されました。
カセットテープへの録音による劣悪サウンドで名高いライヴ盤「アースバウンド」が96kHz/24bit音源を収録したDVDとCDのセットで発売されるのです。

CC8CAFA8-FA24-423A-AD78-D0E1CC953FE1-1782-000002CDE92B9168








まさか、21世紀の文明の利器を駆使してサウンドを徹底的に改善したのか? 
また、元々の5曲に7曲を加えて12曲にするとのこと。現時点では曲目や使われる音源の収録日が発表されておらず謎だらけです。

現在の「アースバウンド」の内容は次のとおりで1972年のアメリカ・ツアー時の音源を収録しています。
21st Century : 2/11収録
Peoria : 3/10収録
Sailor's Tale : 2/26収録
Earthbound : 2/27収録
Groon : 2/11収録

DGMによるとこのツアーのセットリストの常連曲は、
Pictures Of A City
Formentera Lady
The Sailors Tale
Cirkus
Ladies Of The Road
Groon
21st Century Schizoid Man
Cadence And Cascade
で、これにインプロビゼーション曲が加わります。
多分、新生「アースバウンド」はアメリカ・ツアー再現を目指すのでしょう。3/6のピッツバーグ公演はサウンドボード録音で音質がいいらしいですが、元々の5曲と音質を合わせるためにこの日の音源は使わないでしょうね。

DVDにはさらにオマケが収録されます。
- オリジナル「アースバウンド」のレコード起こし音源
- 3/12のコロラド州デンヴァーのサミット・スタジオでのライヴ。これは元々ラジオ放送のために8トラックのテープに収録されたもので、演奏、音質ともに極上。メル・コリンズのサックスが冴えています。私はDGMでダウンロードして愛聴していました。今回、これのステレオ・リミックスと4chミックスが収録されます
- ライヴ盤「レディース・オブ・ザ・ロード」の2枚目に収録されていたSchizoid Man連続攻撃

「アースバウンド」の音質は期待していませんが、サミットのリミックスは聴く価値があると思いますので、買ってみようと思います。 



 

rock70s at 00:53│Comments(0) キング・クリムゾン 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
リリース情報
2017年
【5月26日】
ビートルズ「サージェント・ペパーズ」50周年記念

【6月2日】
ロジャー・ウォーターズ新作「 イズ・ディス・ザ・ライフ・ウィ・リアリー・ウォント?」

【6月16日】
チープ・トリック新作「ウィア・オール・オーライト」

【7月21日】
マリリオン「Misplaced Childhood」 スティーヴン・ウィルソンによるリミックス(5.1chあり)

【8月18日】
スティーヴン・ウィルソン新作「To The Bone」

管理人のオリジナル小説