D+ress のラストアイテムである
「疎外」を久しぶりに地下室の
倉庫から引っ張り出して聴いた。

sogai

















その昔、通販専門のCDショップ
「アンダマン」で手に入れた「疎外」。

決してクオリティーが高いとは言えない
アマチュア作品なのだが、
その陰鬱な歌詞が描きだす、
閉鎖された世界観は
折にふれて、聴きたくなる中毒性を持っている。

ヴォーカルが下手なのが
難点なのだが、前作「破戒」に比べると
弱さは目立っていない。

(疎外、収録曲)
TERRITORY
ダス・ゲマイネ
素晴らしき疎外感

sogai ura
























ギタリストのセンスの良さは、
当時のシーンの中では
抜き身出ていたのでは?

こんなものも見つけた。
VAPが出したオムニバス
「SACRED SEEDS」に収録された
D+ressの名曲「See saw」

おそらく、これがD+ressがリリースした
最後の音源なのではないだろうか。

この曲は珍しくヴォーカリストが
歌詞を書いている。

疾走感がある曲なのだが、歌詞に
切迫感が出ていて、素晴らしいんだ。

see saw





















1995年当時、「見えない雨」という
秀逸な歌詞表現を
既にしていたバンドが存在した。

ギターソロもカッコいいし、
もったいないバンドだった・・・

ちなみにベーシストのKEISUKE(写真右)は
マスドス時のSPEED-iDで
サポートしていた。

member