薔薇の年代記。
それはヴァンクーバーからやって来た幻想。

闇の香りがする薔薇は、幻惑と幻想を咲かせる。

永久に変わらない神域に響く
クリスティーサースク嬢の歌声が全てだろう。

確かに存在しているのに
その世界は美しく儚く、今にも消えてしまいそうに
輪郭は頼りが無い。

薔薇が美しく散るように、闇の香りを散りばめながら・・

rose choronicles






















////////////////////////////////////////////////////////////////////

ローズクロニクルズの
1枚目のフルレングスアルバムです。
クリスティーサースク嬢も参加する
デレリアムと同じレーベル
"NETTWERK"からのリリースです。

以下、収録曲です。

Shiver(1994)

1.Dwelling
2.Glide (Free Above)
3.Nothing's Real
4.Diedre
5.Brick And Glue
6.Undertow
7.Bottle Song
8.Visions
9.Shiver
10.Forgotten
11.Awaiting Eternity[Remix]
12.Visions

ついでに、その他の作品も
紹介します。

1枚目のEP

Dead And Gone To Heaven(1993)

1.Awaiting Eternity
2.Echo Of Angels
3.Hollow Sea
4.Clouding Doubt
5.Dead And Gone To Heaven

ラストアルバム

Happily Ever After(1998)

1.Bruise
2.Vicious Thorn
3.Blood Red
4.Voice In Jail
5.Breath Is A Dagger
6.Torn
7.Ornament
8.Acquiesce
9.Heaven Tide
10.Thrown To The Sand
11.Krayon
12.Spill
13.Lovely Psycho


薔薇の生涯は、本当に儚く、
たった2枚のアルバムと1枚のEPで散っていきました。