どうも、桃色です。
やらなさすぎて環境について行けなくなったので環境考察でもして机上論でバスターをフルボッコしてみたいと思います。


トップから試作型ののけバフォルダに行けるので、フォルダ製作の参考にしたい方はそちらを参照してください。


■バスターフォルダの基礎情報
まずのけぞりバスターフォルダとは、
改造カード、「ボムボーイのバスターで1マス右押し」効果と、「マグテクトのチャージショットで左吸い寄せ」効果と、バスター空打ちバグの暴発特性(一定確立でバスターがCSになる)を活かしたフォルダで、これにアンインデスマ等を加えた、メタ系フォルダの一種です。

・何が怖いか。
一見してバスターというものはストーリー攻略上では訳に立つものの、基本的に威力は弱く、普通のチップやCSの方が高い攻撃力を叩き出すことができます。グレイガバスターならまだしも、ただのロックマンのバスターなんて怖くないだろ、と思う方もいるはずです。
例えばスラッシュクロスのCSはアタック5で160という威力が叩き出せます。単発の威力的にはこっちのが断然上です。加えてうまく行けば被ダメインビジは発生しますが連発が可能です。(これがスラッシュが強いと言われている所以ですが)
普通なら、じゃあそっちのが強いじゃん。となるわけですが・・・

では何が怖いか。
まずバスターバグによる暴発。これで威力が10倍になる特性。
基本的にバスターを主体とするフォルダはバスターアップやら改造カードのアタック+を利用してバスター一発の威力を最大である10にすることが多いです。それどころかしてないのを見たことが無い。
バスターバグレベル3で暴発確立3/16・・・バグシュウセイを使えば空打ちはなくなるので、バスターに当たれば10ダメは確定。その内でほぼ1/4で100のダメが飛んできます。CSと違って待機時間0で連発できるので、試行回数が多いことも特徴の一つ。
あと、威力が10であるのでカワリミの発動を強要するというメリットもあります。

そして次に、「右押し」と「左寄せ」について。
この二つは一定確立で起こるのですが、この効果が起こるとき、「のけぞり、移動判定が出た瞬間に全てのモーションを中止し、移動終了までインビジ状態にならない」という特性があります。後者は誰かが放送で検証してたはず。うろ覚え。
そしてここで注視すべきなのは前者で、それはつまりCSへの溜めや、チップ使用動作なども全てキャンセルされる、ということ。
エグゼ6での対戦ではCSが重視される傾向があるので、「そのCSが封じられる=ダメージソースの消失」と取ることもできます。若干大げさである感じは否めませんが。
とはいえ、ダメージを稼げずに一方的になぶられるだけの試合になることもよくあります。
左寄せとアンインデスマを決めて、最前列でバスター連打でハメられて1000ダメ超過・・・なんてこともザラ。

最後に、このフォルダの「バスターをダメージソースにしている」点と「クロスを特定条件化でしか使わない」という点からココロバグが非常に使いやすい、バグデス(+マシーンソード)とは単純に相性がいい、下手すりゃグレイガ版でキラビスラとの混合型もあったり(一応大会で結果は残ってます)と、柔軟性が広く何をしてくるか分からないのも点。
一つ読み違えるだけで圧倒的不利状況に追い込まれたり、対策が薄いとそこを突かれて終わったりと、もはや何をどうすれば安定した勝ちが得られるのかイマイチ分からん。

言うべきことはこれくらいかな。


■フォルダ構築
汎用性の高いチップに、
・バスターアップ数枚(構築に依存)
・ラケット or 風系置物 or テングを合計2枚程
・フルカス1ヘビゲ2
・アンイン汎用+デスマッチx2
・バグシュウセイ
が確定で入ります。
ギガ枠は自由。個人的にはファルザー、ナンバーズ入り構築ならサイトバッチとバグデスがいいと思う。
キラビスラ混合型ならグレイガ、フォルテ、カネフォ辺り?
あとはその辺のフォルダを適当にメタれるチップをぶち込めばおk。

改造カードは『バスターが変更されない限りは』基本的に自由です。
ボムボーイ、マグテクトで29MBしか使わないので構築の幅はワリと広いです。
バスター威力の上がるスナーム、
チップリカバリー値の一番高いトトポール、
アーマー、ココロバグ、アタック+1と守備範囲の広いニドキャスター等が候補に挙がります。
あとはナンバーズとかナイトメアとか。

バグデスと組み合わせた耐久型ならHPの上がるドラグリンやアサシンメカ等。アサシンメカは特に麻痺との相性もいいのでオススメ。

2013/12/4 追記
タコバルはバスターバグレベルが下がるので外しました。

■立ち回り
基本的にはファルザー版で、ダストクロスしてバスターアップ、バグデス、バグシュウセイをさっさと引き当てて、アンインを決めて襲いにかかる、という感じです。




■対策方法
んんwwwwwwヤ倍ヤレイガで瞬殺ですなwwwwww
バスターにさえ当たらなければ何とでもなるので、インビジブルやバリア、オーラで透かして反撃、というのが単純で一番簡単な対策方法な上、他のバスターにも有効な対策になりますが、何より安定しないので、色々考えてみた。
対策といっても、正直
バスターを透かせるなら何でもいい
ので、他にも方法はあるかもです。


・ダスト解除を優先に考える。
ファルザー版限定。
ダストが無ければシュウセイやらアンインやらのセットを引くのが遅くなるので、その間に決着をつけることに重点を置いた対策方法。
マシンガン、マグナム共に一長一短な部分がありますので、プレイスタイルに合わせて合計3枚ほど投入する、ゲージを気にしないフォルダなら合計2枚+レギュラー指定する、等の対策方法があります。
大体はファーストバリアが張られていますが、アタック5で特攻すればすぐ剥がれるのでその点は大丈夫・・・だといいな(白目
この理論で行くとCSサークルガンも対策の一つになりますね。
CSマシンガン? いえ、知らない子ですね・・・
マグナムにインビジカットインとか夜戦フラ重フラタカットインと同じくらいの絶望感。秋E4行ったことないけど(

・クイックゲージ
ファルザー版限定。
のけバは状況を整えた次ターンにヘビゲ+デスマでハメ殺しが勝ちルートなので、それを読んでクイックゲージを忍ばせておくことも対策の一つになります。
フォルダを回されて無敵時間を稼がれることは向こうにとっては致命傷なので、そこを突いた対策戦法です。
逃げフォルダならグレイガ版も一応対策できるけど。

・速攻決着
ヤレイガ  例えばトルコーン。ステガも無いので決まりやすいし、アンインデスマ入りスタンフォルダのトルコーンならどのフォルダにも決まりやすいのが特徴で、入れやすい上にフォルダのスタンスを崩さずにできる対策の一つ。
問題はコチラもダスト構築を強いられることくらいかな?
とはいえ向こうもHP1800以上は大体あるので、他に畳み掛ける方法も考えておかないと全突破は難しいかも?

・ステータス異常で時間稼ぎ
ビース㌧で速攻決着でもおkですし、バグデスも相手のバスター発射できる位置の縮小という意味では十分に役に立ってくれます。問題はそのダークサンダーを打つまでの必要時間内にCSを打ち込まれることですかね。こればかりはどうしようもない。
他にはフレーム凍結、凍結バスター等。
ステガが無い(ある場合はHPが低いのでそこまで脅威的じゃありません)ことを突いた対策方法。

・最奥オウエンカ
バスター系フォルダ全般に言えることですが、エリアを必要としないので、基本的にエリスチは入ってません。
そこを突いて最奥にオウエンカを設置して逆にハメる、ということも可能です。主にキラビスラで用いられる対策。3150()バグデスやファルザー系のスタンフォルダ(W主体とかその辺)、CSダークソード等でも断然アリだと思います。
キラビ混合型には特に効く戦法。エリア合戦に勝利することが大前提になりますが。

・白旗
勇気の切断や、降参読み降参など。



相性的に、逃げ系のフォルダは活躍しやすいと思います。特にパネスチ逃げ。
こうして新しい相性が生まれた・・・


以上考察でした。最近は初心者勢も増えてるって聞いたし、もし見てるなら色々役に立ててみてください。

2012/12/4
キラビ混合型についての考察も所々追加