2005年09月17日

建仁寺・方丈

建仁寺は、東山という人気観光スポットにあるにもかかわらず、東大路通を挟んでちょっと外れたところにあるので、落ち着いた雰囲気である。しかも、ゆったりとした枯山水庭園があるので、縁側に座して心を落ち着ければ、しばし観光地の喧騒を忘れて寛いだ気分になれる、かもしれない。



方丈は銅板葺。庭園を望むと、法堂の屋根が見える。



この方丈庭園にはもっと人が訪れてもいいような気がするのだが、できればこの先も、観光地の外れの穴場的な場所として、適度な静かさを保ってほしいものだとも思う。

※写真をクリックするとちょっと大きな画像を表示します。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rock_garden/50110618
この記事へのトラックバック
花見小路の突き当たりにある日本最古の禅寺建仁寺は、鎌倉時代建仁2年(1202年)の開創 。臨済宗建仁派の大本山。日本に初めてお茶をもたらし茶祖と称される明庵栄西禅師が開山。800年の年月を経ても現在、禅の道場として広く人々の心のよりどころとなっています。国...
三都物語-京都-建仁寺●日本最古の禅寺【東京日和】at 2005年09月27日 06:54
この記事へのコメント
建仁寺にこんないい庭があったんですね
先日 東山散策でこの前を素通りしてしまいました
結構広い庭園ですね あ〜あ残念たっぷり時間があったのに・・・
いい写真をみせていただきました。
Posted by ひこぼし at 2005年09月18日 22:31
>ひこぼしさん
建仁寺は東山エリアのちょっと離れたところにあるし、すぐ北には花見小路の賑わいもあるし、ついつい素通りされがちかもしれません。
庭の写真、別のもアップしましたので、そちらもご覧になってください。なかなかオススメです。
Posted by 石庭 at 2005年09月19日 01:17