2005年11月07日

本法寺周辺散策

11月3日、文化の日の本法寺周辺。



今日庵のある裏千家家元邸前。雨上がり、晴れ間が広がってきた。




不審庵のある表千家家元邸の表門は、武家風の趣き。文政5年(1822)年に紀州徳川家から拝領したもの。





宝鏡寺では春と秋に人形展が行われる。ちょうど秋の人形展を開催中であった。



同じく宝鏡寺の境内。



※写真をクリックするとちょっと大きな画像を表示します。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
そのお寺の名は本法寺。 日蓮宗の本山です。 ここより下手の東西の道は寺の内通といい,西陣北部の幹線です。 そしてその名の通り周辺には多くの寺があり、何故か日蓮宗が多く、かつ寺伝には大抵豊臣秀吉の名がつきまといます。 つまり此の寺々の立地にも多くは秀吉...
西陣・余談(魔界その5)【blog;ノルマ!!】at 2005年11月12日 08:55
この記事へのコメント
裏千家家元邸と表千家家元邸の対照的な佇まいが面白いですね。
宝鏡寺、入ってすぐの綺麗に刈られた植え込みも見事です。
Posted by igu-kun at 2005年11月11日 00:37
大徳寺黄梅院のTBを頂きましたので、
お礼にこちらの記事に関連したページを、TBさせていただきました。

この界隈の諸々を拾い歩いたシリーズですが、この一編がややマトモな他は、どうも消化不良なのでどうかとおもいますが、ご参考迄に。
Posted by sango at 2005年11月12日 09:03
>igu-kunさん
お返事遅くなりました、コメントありがとうございます。
このところ、もっとカメラを使いたいなと思っていて、
igu-kunさんのように、東京散策の写真を撮ったりしたいな…と
考えています。なので、散策の際にはすごく参考になります。

>sangoさん
わざわざコメント&TBありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
Posted by 石庭 at 2005年11月13日 10:52