2005年11月24日

広隆寺

広隆寺。実は初めてです。
中学生時代の修学旅行のとき、となりの映画村には入ったのだけど、ここはスルーしたんだっけ…。



京福電鉄の太秦駅を降りると、目の前に仁王門が立っている(上)。
もはや多くの説明はいらないでしょうが、聖徳太子ゆかりの京都最古のお寺です。
そして、境内奥の霊宝殿には、穏やかな微笑みで有名な弥勒菩薩半跏思惟像、十二神将像、通称・泣き弥勒(弥勒菩薩半跏思惟像)などの仏像が安置してある。僕は仏像マニアではないのだが(むしろ仏像の鑑賞優先順位は低いくらいなのだが)、ここでは本当に鳥肌が立つような感動を覚えた。まず、入り口にずらりと並べられた十二神将像に圧倒され、自然と厳かな気分になる。そして、静かな室内で対峙する弥勒菩薩像は、ちょっと照明の加減で見にくくはあったけれど、なるほど聞きしに勝る存在感を放っているのだった。
弥勒さんの前には畳が敷いてあって、靴を脱いで拝むことができる……のだが、連れの人と二人して突っ立ったまま見惚れてしまい、「座ってご覧になってくださいよ」と注意されてしまった。
幸いに拝観客も多くなく、静かな雰囲気の中で拝観することができた。すばらしい。また来たい。
境内は観光客も多くなく、静かな雰囲気。



講堂前の色付いた木々。もっとも、ここは紅葉を売りにしているお寺ではないので…。



本堂(上宮王院太子殿)。



本堂裏はイチョウがきれいに色付いていた。



※写真をクリックするとちょっと大きな画像を表示します。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rock_garden/50184286
この記事へのトラックバック
十二神将十二神将(じゅうにしんしょう)元々は十二夜叉大将ともいい、それぞれ七千、総計八万四千の眷属夜叉を率いて薬師如来を信仰するものを守る武神。奈良の新薬師寺の十二神将像が、小ぶりではあるが造形に優れていて名高い。頭上には各十二支を形どっている。*宮毘羅大...
十二神将【神話&神々の研究】at 2005年12月04日 02:51