2006年02月05日

【展】バーク・コレクション

上野・東京都美術館で開催中のバーク・コレクションを見てきました。
ニューヨークの日本美術収集家であるバーク夫人のコレクションの里帰り展です。個人のコレクションというと、コレクターの好みで作品や時代の趣向が表れそうなものなのだが、バークさんは縄文時代から江戸期に至る広範囲の時代をカバーし、絵画から仏像や陶磁器まで多彩な作品を収集。このような時代とジャンルとを満遍なく網羅した個人のコレクションは珍しいとのこと。



上の看板の絵は曾我蕭白の「石橋図」。一部分をアップにして写真を撮ってみると……


無数の唐獅子のこどもたちが、崖を駆け上がっていくのだった。これを見て、僕は「101匹わんちゃん」を想起してしまいました。「アニメのような…」という解説が付いていた作品だが、まさにそんな感じ。唐獅子のこどもたちの足音がドドドドド…と響いてきそうな…。

さて、次は…。



左は伊藤若冲の「月下白梅図」。
不思議な絵です。白梅の絵には思えない。若冲の絵は、凝視すればするほど、別の光景に見えてくる。梅の枝はぐにゃぐにゃと重なり合い、梅の花は気泡のようにも見えてくる…まるで水中の景色のようだ。というわけで、僕は勝手に「サンゴの産卵」と名付けました。たしか、サンゴの産卵は、水中で無数の卵が幻想的に浮遊するんですよね。
右が今回いちばん惹かれた、長澤芦雪の「月夜瀑布図」。
ピントをぼかした写真のような、朦朧とした作品。これを現代美術の抽象画として出されても、何の違和感もないかもしれない。こんなにもアヴァンギャルドだった(?)江戸時代。

と、いろいろと作品は展示されていたのですが、江戸期の絵画を熱心に眺めていました。
この時代の京都画壇は本当に面白い。さらに好奇心を掻き立てられました。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rock_garden/50335997