2006年02月25日

【展】No Border - 「日本画」から/「日本画」へ

MOT(東京都現代美術館)にて“No Border - 「日本画」から/「日本画」へ”を見てきました。

NoBorder(東京都現代美術館)

「日本画」あるいは「日本画的な表現」に取り組む現代の作家7人の作品を取り上げ、いわゆる「日本画」と現代美術との境界(Border)を乗り越え、あるいは「洋画」と「日本画」といった枠組みの境界(Border)を乗り越える、という試みなのだろう。
いくつかの作品は面白く思ったのだけど、作家自身による自作の解説パネルを読むと、こうれがもう、小難しいことばかり書いてあって、訳が分からない。あるいは、その場では理解しても、10秒経ったら忘れちゃう。僕の理解度が低いせいか、問題意識が低いせいかもしれない。

というわけで、ひとつ感じたことは、むしろ現代美術に付きまとう小難しい理屈と、一般大衆(こういう書き方はズルいな…)とのあいだに、境界(Border)があるんじゃないかなということ。
いわゆる日本画(もちろん洋画が輸入される以前はそんな定義はなかったわけだが)は、一面には、もっと大衆的な部分もあったと思うのだ。町のデザイン工房だった俵屋ブランド、町衆出身でやはりデザインを手掛けた光琳、それから浮世絵だって大衆のものだ。
しかし、今日見た「日本画的な試み」は、ギャラリーの中にあって、とても遠いものに感じられたのでした…。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rock_garden/50351437
この記事へのコメント
こんばんは☆
絵も、波長が合うものと合わないものがあるから、難しいですね・・。
私も古い絵の方が、好きな絵が多いです。
話変わりますが、以前、石庭さんが書かれたブログの記事を見せていただきました。京都で行きたい場所がたくさんありました♪あと、サッカーの選手だったのですね!私は自分が運痴だからか、あまりスポーツ観戦はしない人なんです。なので、サッカーもあまりピンと来てない(スミマセン)のですが、夫は好きなので今度一緒に観てみようと思いました♪あと、リンクさせていただいてよろしいでしょうか?よろしくお願いしますm(_ _)m
Posted by teardrop at 2006年02月26日 18:58
>teardrop
こんにちは〜。
おーっと、サッカー選手じゃないんです…もぱっら観戦(笑)。
3月から12月くらいまでは、サッカー観戦中心の生活なのです。
あと、リンクの件、全然かまいませんよ、よろしくお願いします。
Posted by 石庭 at 2006年02月27日 12:46
こんにちは!
スミマセン、大きな勘違いをしてしまいました^_^;
かなり、天然が入っているので・・、また、ご迷惑をお掛けする事があるかもしれませんが、今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m
リンク、早速させていただきます♪
あと、前の記事ですごく気になったものにコメント入れてもよろしいでしょうか?すごーくキレイ!って思った画像とか興味を引かれる記事があったので・・。ご迷惑でなければ。。よろしくお願いします☆
Posted by teardrop at 2006年02月27日 16:44
>teardropさん
どうぞどうぞ、ご自由にコメントください。
励みになります。今後ともよろしくお願いします〜。
Posted by 石庭 at 2006年02月27日 20:56