2006年03月01日

【本】番外編:ひとり歩きシリーズの復活を願う

ひとり歩きの京都京都の旅の計画を立てるとき、僕はJTBの「ひとり歩きの京都」を長年愛用している。手元にあるのが1998年の改定第2版だから、もう、かれこれ8年。ソフトカバーなので、表紙の角は折れ曲がっているし、背表紙は日に焼けて色褪せているし、中のページもところどころ折れ曲がったり…という具合に、かなり使い込んである。おまけに8年前のガイドだから、情報の内容もところどころ古くはある。
他にも「ひとり歩きの山陽山陰」「ひとり歩きの東北」「ひとり歩きの北海道」「ひとり歩きの四国」なども持っていて、旅をするときは、いつもこのシリーズが何かと僕の助けになってくれたわけだ。

ところが(僕はまったく知らなかったのだが)この「ひとり歩きシリーズ」は、すでに絶版になってしまっていたのだ。
今年の夏、ちょっと南紀の方へ行ってみたいな、そういえば「ひとり歩きシリーズ」の伊勢志摩南紀があったはずだな…などと思いながら、新宿紀伊國屋の旅行書コーナーの前に行ってみると…「ひとり歩きシリーズ」が本棚にない、ないのである。
何ということなのだろうか。

「ひとり歩きシリーズ」は、情報の質が良い上に量が多く、かなりの良ガイドだった。写真はカラーではなかったが、このカラーではないところが、また良いのだ。白黒写真が旅の妄想をかきたてる。
キレイな写真を載せた見てくれだけのガイドでは満足できない人には、もってこいの旅行ガイドだったのだが…絶版とは悲しいかぎりだ、こういうことならば全シリーズを買っておくべきだった。

かくなる上は、古本屋を探すか、Amazonのマーケットプレイスか…。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
昨日、四国赴任から5年経ったって書きました。 そして、その時から、ずっと肌身離さず持っているガイドブック
本当にお勧め「ひとり歩きの四国」。 あまたの悲劇とともに。【(晶の) 四国☆ぶらり旅日記 (スタートです!)】at 2007年07月02日 01:21
この記事へのコメント
一人歩きの本があるのですね!全然、知らなかった・・。
じつは私、地図が全然読めない女なんですよ^_^; 自分の移動に合わせて地図を回してるうちに、何が何だか分からなくなってしまって・・。
なので、最近まで一人で出歩くってあまりしてませんでした。
昨日、瑞泉寺へ行ってきました♪とても、素敵なお寺でしたよ!立派な梅がたくさん植わっていたのですが、まだあまり咲いてませんでした。また、時期を見てもう一度お花見に行ってきます♪
Posted by teardrop at 2006年03月03日 14:37
たしかに、一人歩きにもコツみたいのがあるかもしれませんねぇ。
瑞泉寺の梅はまだでしたか。梅も満開でもおかしくない時期なのですが、今年はやっぱり寒すぎたせいか、遅れているみたいですね。
でも、今日、地元の駅まで歩く道すがら、近所の白梅と蝋梅がかなり花開いているのを見ました。梅の花は青空に映えますよね。ちょっとウキウキしました。
Posted by 石庭 at 2006年03月04日 19:58
はじめまして。
私も、中国地方に行こうと思って、大好きな一人歩きシリーズを探していたのに、どこにもない!!!!
もしや、絶版か!?と思っていたのですが、やっぱり絶版?
なんでなんでしょうかね。
売れないんですかね。
もっと、カラーだったりグルメだったりしなきゃ駄目ってことなんですかね。
Posted by 華庵 at 2006年08月13日 00:45
はじめまして。
そうなんです、絶版です。本当に残念。
私も「山陽山陰」は持っていますが……今、ちょっとamazonを見てみたら、
べらぼうな金額になってますね…。驚いた。
出品者によっては、良心的な金額で出したりしてますので、
マメにチェックするしかないですかね…。
私も、このあいだ「奈良」と「琵琶湖・若狭・北近畿」を買いましたが、
どちらも1000円程度で手に入りました。

キレイな写真とキレイな食べ物、そういう表層的なイメージの方が
旅行書としては売れるし、そういうのが求められているんでしょうね。
このシリーズは、完全に逆に向いちゃってますからね……
それだけに貴重だったのに!
Posted by 石庭 at 2006年08月13日 22:04
このシリーズ大好きなんですよ。

一昨日、やっとブックオフで『山陽山陰』を手に入れました。
残すは、『琵琶湖・若狭・北近畿』だけとなりました。
これが、Amazonのユーズドでも高い!

復刻してまた出てくれないませんかねえ。


Posted by ごうちゃ at 2007年01月06日 01:32
>ごうちゃさん
そうなんです、いいガイドだと思うんですけどねぇ。
Amazonのユーズドをまめにチェックして、
手頃な値段のものが出たときに買うしかないですね。
私も「奈良」と「琵琶湖・若狭・北近畿」はそれで手に入れたので。
Posted by 石庭 at 2007年01月09日 12:47
私も「ひとり歩き」シリーズの愛用者です。
他のガイド本はグルメ情報、ホテル・旅館情報だけ満載で、肝心な観光地の歴史や由来についてはお粗末すぎて使えません。
仕方がないので「四国」「山陽山陰」は中古で手に入れました。それほど充実しているガイド本なのです。
同じようなシリーズが再び発売されることを希望します。
Posted by ほりりょう at 2007年12月09日 06:21
>ほりりょうさん
ひとり歩きシリーズは、読み物としても楽しいですよね。
で、文章を読んで、その場所がどのような場所なのかを想像して楽しむ。
写真だと、その写真のイメージだけが頭にこびりついてしまいますから。

こうして昔の記事にコメントしてくださる人がいたり、
検索でこの記事を読んで下さる人がいたりで、
ひとり歩きシリーズのファンは、けっこういるはずなんですよね…。
Posted by 石庭 at 2007年12月09日 23:31
一年ぶりに再び書き込み。
まだJTBから再販されませんね。

まだ『琵琶湖・若狭・北近畿』が見つかりません。
他のシリーズはブックオフでよく見るのに、
特に『北海道』
北海道は確かに一人旅(ライダーなど)が多いから
出回ってるのも多いのかな?

そろそろ、意を決してアマゾンで買っちゃおうかな。

Posted by ごうちゃ at 2008年02月20日 14:10
>ごうちゃさん
Amazonで見てみると「琵琶湖・若狭・北近畿」は1200円台で出てますね。
まれに2000〜3000円台というべらぼうな高値で売られていたりするので、
1200円台なら定価以下だし、良心的なお値段では??
自分も「琵琶湖・若狭・北近畿」はAmazonで中古品をゲットしたんですよ。
Posted by 石庭 at 2008年02月21日 00:06