2006年03月27日

高台寺・傘亭と時雨亭

高台寺の写真の最後ですよ…。山内の高台にある二つの茶室、傘亭と時雨亭。
傘亭(下)の名は、内部から屋根を見ると、唐傘をひらいたように見えることに由来する。





傘亭は利休のデザインした茶室で、伏見城から移築したもの。
一方の時雨亭(下)。こちらもユニークなかたち。
茶室というと、狭く、光の入り込むのを抑えた暗い室内を想像してしまうが、この二つの茶室はやけに風通しも良さそうで、カラッとした雰囲気だ。時雨亭はどことなく南国風な味わいがある。



時雨亭の裏側は窓のかたちが独特で、幾何学的な抽象画のようだ。


※写真をクリックするとちょっと大きな画像を表示します。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rock_garden/50371366