2006年08月17日

清涼寺 経蔵

清涼寺の境内、お経を読む声のする方向に歩いていくと……経蔵が建っています。
(お経はカセットテープ)



正面に善慧大士像、両脇に普浄・普現像を祀る。
指が折れちゃっていたり、塗料が剥がれちゃったりで、かなり痛んでいる様子。



経蔵にはお釈迦さまが説いた一切の法(経典)が収められている。
この中にある法輪を1回まわせば、すべてのお経を読んだことと同等の功徳が得られるのだそうな…。
昔の人って、けっこううまいことを考えるものだな…。




※写真をクリックするとちょっと大きな画像を表示します。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rock_garden/50442492
この記事へのトラックバック
【2月8日 京都ひとり旅の足取り】 天龍寺(前編) 塔頭 → 天龍寺(中編) 庭園 → 天龍寺(後編)散策 → 渡月橋 → 奥の庭(昼食) 野宮神社 → 落柿舎 → 嵯峨野の里あるき 嵯峨野の里を歩き、心から開放的になった私。 最終地点と決めたのは、地元の方に「釈迦堂さん...
清涼寺【Saku*Latte Cafe】at 2006年08月20日 13:20
この記事へのコメント
石庭さん、こんばんは。

清涼寺は今年2月に初めて行きました。
この像、ユニークですよね。
すっごく印象に残ってます。

閉門間近だったので内陣だけ案内してもらったのですが、
とても思い出深いお寺になりました。

良かったら私の記事も読んでみて下さいね。
「思い出深い…」の厚かましい意味が分かると思います^^;

TBさせていただきまーす^^
Posted by マイキー at 2006年08月19日 22:52
こんにちは。マイキーさんの記事も拝見しました〜。
そうですか、マイキーさんもあれこれ説明をしていただいたんですね。
偶然に釈迦如来像を見れたのもラッキーでしたね。
別の記事に釈迦如来像について書いたけど、私も「たまたま」見ることが
できたので、やっぱりラッキーだったんですね。
お寺の方にあれこれ説明していただいた場所は、より印象に残ります。
今度はこのお寺の霊宝館などを見てみたい。
Posted by 石庭 at 2006年08月20日 12:22