2006年09月23日

野仏庵から金福寺へ

詩仙堂を出て、野仏庵に寄った際、偶然に居合わせた方とお茶をすすりながら京都散策の情報交換などをした後、その方に同行して金福寺までやってきた。





ここで修学院離宮の拝観時間までの時間をつぶす。
同行した方は東京から来た方だったのだが、話を聞くと、実によく京都を歩いていて、実にいろいろなところをまわっているんだな、という印象を受けた。
世の中に京都が好きだという人は多いだろうけど、ちょっとやそっとの「好き」程度では出てこないであろうと思われるお寺の名前も出てきたりして、「ああ、あそこね、わかるわかる!」という感じで、とても面白かった。
あそこがいい、ここがいい……といくつか教えていただいた場所を、頭にインプット(そのうちのいくつかは、この旅行の中で実際に訪れてみた)。
お寺の高台には芭蕉ゆかりの芭蕉庵が建つ。



ここからの眺めは最高。



あれ……お堂の窓ガラスに何やら人影のようなものが……((( ;゚Д゚)))



これはきっと、僕の背中の後ろで写真を撮っていた人の姿が、窓に映っていたのだろう(というか、そうでないと困る)。
しばし散策を共にした方とも、この金福寺にてお別れ。
もうちょっと京都トークを聞きたいなという心残りとともに、良い旅をとお見送り……。

※写真をクリックするとちょっと大きな画像を表示します。

この記事へのトラックバックURL