2006年12月18日

晩秋の蓮華寺(1)

同じく12月10日。瑠璃光院から三宅八幡まで歩いて蓮華寺へ。
紅葉はわずか数本の木を残すのみで、ほぼ落葉していた。
それでも、この眺めは良いですね。蓮華寺の庭は、奥行きを感じる度では随一だ。



葉が積もり積もった地面を、すっかり冬らしくなった日差しがやわらかく降り注ぐ。



晩秋から初冬へ。まさに季節の変わり目という雰囲気。


日が陰り、また日が差して、庭の眺めは刻一刻と表情を変える。
風が吹くと、葉がものすごい勢いで散っていく。そんな景色も鮮やかで。



こうして見ると、葉が落ち、飾り気をなくした庭は、荒涼感さえ漂い始めている。
剥き出しになった冬の庭も、それはそれで良いものだ。



※写真をクリックするとちょっと大きな画像を表示します。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rock_garden/50485387