2007年08月18日

東福寺の重森三玲(3)光明院

このブログでは、過去に何度も記事を掲載している東福寺光明院「波心庭」。
こちらの庭も、重森三玲の手によるもの。昭和14年(1939年)の造営で初期作品にあたる。



同時期に造られた東福寺方丈の前庭「八相の庭」を見た後に、こちらの波心庭を眺めてみると、受ける印象の違いに驚きもする。
八相の庭は、峻険な立石を所狭しと並べ、息が詰まりそうな緊張感を生み出しており、「激」「険」といった言葉を想起する。
それに対して、この波心庭は、広々とした空間の中で、波打つような丘がなだらかな曲線を描き、白砂を囲む柔らかな曲線と相まって、全体的に「穏」「柔」といった印象だ。配置された石と石の間にもゆとりを感じる。
また、この波心庭は、書院や本堂の中から眺める上で、どこからでも楽しめるような緻密な計算がされているようだ。三ヶ所に配置された三尊石の石組が、ともすれば締まりがなくなりがちな広い空間の中で絶妙なアクセントとなっており、建物内のどの場所からでも三尊石組の美しい立ち姿を見ることができる。

「波心庭」と「八相の庭」。
どちらが好みかというのは見る人の感性に委ねるしかないけれど、同時期に造り出した二つの庭で、異なる個性を見せた作庭家の仕事ぶりには、大きな興味を感じないではいられない。

※写真をクリックするとちょっと大きな画像を表示します。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rock_garden/50777170