2007年08月26日

【展】金刀比羅宮・書院の美

金刀比羅宮 書院の美上野・東京藝術大学大学美術館で開催中の「金刀比羅宮 書院の美〜応挙・若冲・岸岱〜」へ。
あまり評判は芳しくないと聞いていたが……足を運んでみて、納得。
とにかく複製品が多いのにはがっかり。こと若冲の「花丸図」にいたっては、襖4枚以外はすべてコピー。おいおい、この程度で若冲を前面に出してくるのかよ……と、昨今の若冲ブームに便乗したような意図が見え隠れもする(というのは穿った見方をしすぎかな)。
いくらデジタル技術が発達したとはいえ、やっぱり実物を見たいもの。金刀比羅宮から実物を持ち出すには、いろいろと難しい問題もあるのかもしれないけれど、それにしても「Canonの大判プリンターで印刷しました」という説明書きを見るたびに、まるでCanonの宣伝を見に来たような気分にさせられるのには萎えた。

それから、会場の構成があまりにも悪いのには驚いた。
一階から入って→三階に上がって(第1会場)→地下二階に下りて(第2会場)→二階の会場出口→一階出口……と、なんでこんなになっちゃったんだというありさまで、おまけにエレベーターも混んでいたので徒歩で行ったり来たり。さらにマイナス加点でありました。

歌川広重 名所江戸百景のすべてと、ここまで不満ばかりだけど、応挙を見たい人には、オススメできます。
応挙といえば、まるっこい仔犬を可愛く描いたりするけれど、虎までもがまるっこくて可愛くなってしまっているのは……正直言って、あまり好みじゃないなぁ。

同時開催の『歌川広重「名所江戸百景」のすべて』の方が良かったです。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rock_garden/50787271