2007年08月27日

【本】日本建築デザインの基礎知識。2

日本建築デザインの基礎知識2Casa BRUTUS、マガジンハウス、2007/8

以前紹介した「知らないと恥ずかしい! 日本建築、デザインの基礎知識」の第二弾が、Casa BRUTUSの2007年9月号として発売されています。
前回は京都の建築が中心だったけど、今回は日本各地から歴史ある貴重な建築物の数々を紹介。それから、茶・茶道具・茶室……と、茶の湯の話題も豊富。
また、付録として「絶対に見るべき!日本全国・古建築ガイド45」と「京都で“茶味”満喫 厳選41軒」が付く。
写真も豊富に、ただぼんやりとページをめくっているだけでも楽しい一冊。

1. 日本の歴史をもう一度おさらい。建築・デザインの1300年。
2. 古いがエライ!?これで解決、寺院建築早分かり法。
3. 1300年でも新築?不思議の国の神社建築。
4. 茶と茶道具に凝縮された、日本人の美の感覚。
5. すべてに理由があります。茶室デザインをじっくり観察。
6. 日本の工芸の技と美は、茶の湯の世界に結晶する。
7. 茶碗から建築まですべて好きな物。目指せ、平成の数寄者。

http://www.brutusonline.com/casa/issue/200709/

この記事へのトラックバックURL