2007年09月21日

清荒神(護浄院)

京都御苑の東、寺町通を挟んだところにある鴨沂高校(おうきこうこう→この学校名は読めなかった)の裏手……この場所に建つ護浄院は、清荒神(きよしこうじん)の名前で知られ、また、洛陽三十三所観音巡礼の第三番札所や京の七福神めぐり(=福禄寿)としても知られている。
いわゆる観光寺院ではない、街の中の小さなお寺だ。



合掌の心。
佛様に合掌すれば信心となり。父母に合掌すれば孝養となり。
長上に合掌すれば敬慕となり。事物に合掌すれば慈愛となり。
自分に合掌すれば修養となり。お互に合掌すれば幸福となる。
家庭の平和も世界の平和も所詮は合掌の心から生まれる。

大原三千院に行ったことがある人は、同じような言葉を目にしたことがあるのではないでしょうか。
そういえば、この清荒神も三千院も、天台宗のお寺だ。



※写真をクリックするとちょっと大きな画像を表示します。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rock_garden/50818392