2007年11月10日

【展】KYOTOきぬがさ絵描き村

KYOTO きぬがさ絵描き村永徳展のあとに訪れた堂本印象美術館「KYOTO きぬがさ絵描き村」
衣笠周辺で活動した日本画家たち、堂本印象、福田平八郎、徳岡神泉、小野竹喬、山口華楊の活動を紹介する企画展でした。永徳の荒々しく猛るような作品群を見せられた後では、とても目に優しく映る穏やかな作品が多かった。

山口華楊の動物画が良かった。崇高な生命の佇まいを感じる。福田平八郎の、対象を独特なトリミングで描いた作品も、抽象画風でユニーク。
他には、堂本印象の初期作品の「兎(三思図)」や西洋画的な「メトロ」などが良かった。

堂本印象美術館

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rock_garden/50877234