2007年11月17日

皇大神宮(内宮)・五十鈴川

恋する五十鈴川。



一の鳥居をくぐると、五十鈴川御手洗場。境内を流れる川の水は冷たく、清冽だ。
参拝の前に手を洗い、口をすすぎ、身を清める。



(※写真をクリックするとちょっと大きな画像を表示します)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rock_garden/50884878
この記事へのコメント
伊勢神宮・・・
やっぱり、その神がかり的なところが
他の神社とはちょっと違いますね。
木々の緑の深さ、川の水の透明感・・・
最近、こんな雰囲気なかなか味わえませんね^^:
Posted by 一休 at 2007年11月18日 22:17
そうです!木々の緑の深さ、川の水……。
伊勢神宮って、人も多いし、門前町なんてすごく俗っぽいんですけど、
あの神域のピリッとした雰囲気を保っているのは、木や水といった自然なんだと思います。
古来から日本人は自然に密接に関わったものを畏敬し、信仰してきましたから、
やっぱり信仰には自然界のものが果たす要素って大きいんだろうなぁ、と思う今日この頃です。
Posted by 石庭 at 2007年11月18日 22:35