2007年12月20日

鎌倉・妙本寺

鎌倉駅から東へ。大町の妙本寺。



このお寺の紅葉は、他に比べると遅いとも言われ、境内にはぽつりぽつりと人がやって来る。


木によっては、まだまだ鮮やかな紅い葉をつけていた。





それから大きなイチョウの木。



すでに葉はほとんど落ちていたが、落葉して黄金の絨毯となった様から、いかにこのイチョウの木が立派なものであるかが想像できる。



この仁王門とイチョウの木のコントラストも見事だったのだろう…。
今度は葉の付いている姿を見てみたいものだ。



(※写真をクリックするとちょっと大きな画像を表示します)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rock_garden/50950424