2008年01月21日

【展】福沢一郎は今日から歩き出す

福沢一郎大きな美術館でかしこまって見ずとも、街の中には、ちょっと時間が余ったついでに、低料金でサクっと入ることのできる小さな美術館もあります。
ここ多摩美術大学美術館も、そういう小さな美術館。
「福沢一郎は今日から歩き出す」展は、お手軽な料金で300円也。

福沢一郎という画家のことはまったく知らなかったのだが、華やかなりしエコール・ド・パリの時代にパリ留学し、すでにその地で活動をしていた佐伯祐三らとも交流のあった人だった。
作品の好みはさておいて……パリ時代の作品などを見ると、ちょっとシュールで隠喩的な作風はなかなか個性的。とてもチープで仰々しい機械を画面に登場させたりするなど、SFチックでもあり、コミックアートっぽくもある。
んんん……けっこう、ヘンだ。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rock_garden/51001360