2008年02月19日

雪の中の清水寺(2)

白々と空が明るくなる頃…



風景はまるで水墨画の様相を見せ始めたのだった。



澄んだ空に朝の光が昇ってくる光景を目にしたいと思っていたけれど、この水墨画のような雪景色を目の前にしてしまうと、夜と朝の境界が曖昧な、ゆるやかな夜明けも悪くないものだと思った。



※写真をクリックするとちょっと大きな画像を表示します。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rock_garden/51044271
この記事へのコメント
いやぁすごいっす!神聖な感じ。寒気も
つたわってきて、今ぶるっとしました。
それは、寒さだけじゃない「何か」に
反応したのかもしれません(CMのぱくり)。

貴重な時間を過ごされましたね。

Posted by hayate at 2008年02月20日 21:39
これは!!すごいきれいです!!
人が造ったものと自然の為せる、調和の美しさですね!
こういう景色は、狙っても見れませんもんね、羨ましいです!
Posted by KEI at 2008年02月20日 22:04
>hayateさん
おかげさまで、意を決して早朝に行った甲斐がありました!
いつもは人であふれている俗っぽい清水寺の、違う一面が見れました。
写真では寒々しい雰囲気なんですが、かなりの坂道を上ってきたせいか、
寒さはそれほど感じなかったんですよね。

>KEIさん
3連休初日の天気が悪かったこと(雪…)は、
結果として、滅多にないタイミングの良さだったのかな、と思います。
旅館の人も「町の中がこんなに積もったのは久しぶり」と言っていたなぁ…
Posted by 石庭 at 2008年02月21日 00:13