2008年06月20日

岩倉具視幽棲旧邸

激動の時代の幽かな記憶。



幕末の騒乱期、公武合体派の岩倉具視は急進的倒幕派に敵視され、京都の政治の中心から追放されると、髪を剃り落とし、この洛北の岩倉村に幽居をかまえた。



だが、ただでは死なないのが、この岩倉具視という執念深い活動家の凄いところか。
この邸で息をひそめながらも、度重なる意見書を同志に送りつづけ、また、坂本龍馬・中岡慎太郎・大久保利通ら、幕末の志士たちとともに密議を重ねた。

この敷地内の資料館「対岳文庫」では、こうした時代の資料を見ることができる。
中でも興味深いのは、土佐藩の中岡慎太郎が変名で岩倉に送った文書。

左の写真は、対岳文庫の玄関からの眺め。

※写真をクリックするとちょっと大きな画像を表示します。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rock_garden/51180738