2008年08月13日

嵯峨野・二尊院

釈迦如来と阿弥陀如来の二つの本尊を祀ることから、二尊院と呼ばれるこのお寺。



総門をくぐって、「紅葉の馬場」と呼ばれる参道は、嵯峨野を代表する紅葉の名所。



そんな参道も、夏の強い日差しの下では人の気配もなく、蝉の鳴き声だけが賑やかな、人里離れた寺院としての佇まいを見せてくれるのだった。


本堂の脇には、小さな枯山水の庭。お寺の人にいただいた団扇で扇ぎながら、しばし休憩。



それから、本堂の裏手の石段を、汗をだらだら流しながら上りきる。
この高台には、二尊院を再興した湛空上人の廟所が建つ。



※写真をクリックするとちょっと大きな画像を表示します。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rock_garden/51225834