2008年09月13日

坂本の町並み

京阪坂本駅前の蕎麦屋にて腹ごしらえ。



すぐ近くには老舗の蕎麦屋もあるが、この日は町の食堂風情の、この蕎麦屋で。
日差しの強い、夏の昼下がりのことだった。



そして、坂本といえば、石積み。
これらの石積みは、穴太衆(あのうしゅう)と呼ばれた石垣施工専門の職人たちによって造られた。
彼らは安土城の石垣を施工したことで、織田信長や豊臣秀吉らにその技術が認められ、江戸時代初頭にかけて各地の城郭の石垣施工に携わるようになったと言われている。



こうして石積みの町並みの景観そのものが残る場所として、坂本は文化財的にも貴重な場所である。
この美しい町の景観を維持し、後世に伝えていくためにも、電線の地中化などを進めてほしいな……と感じます。


日吉大社から西教寺への道のり。
琵琶湖の見える田園風景の中を歩いていく。とてものどかな道だった。



※写真をクリックするとちょっと大きな画像を表示します。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rock_garden/51248031