2008年10月13日

【展】大琳派展

大琳派展NHK教育の新日曜美術館で紹介されるよりも早く、まだまだ会場が空いているうちに、東京国立博物館の「大琳派展」を見てきました。
常設展をぶらぶらと眺めてから、平成館の会場に入ったのは16時半。予想よりも空いていて、人だかりのできている作品もなく、最初から最後までストレスなくスムーズに鑑賞することができました。

お目当ては、根津美術館所蔵の尾形光琳「燕子花図屏風」。
根津美術館が長期の改装工事に入って以降、目にする機会に恵まれなかった国宝作品だ。2週間のみの展示なので、会期の頭に足を運んだという次第。
京都の養源院からは、若き日の宗達が描いたとされる杉戸絵(白象図、唐獅子図など)がやって来ていた。
他には、俵屋宗達、尾形光琳、酒井抱一、鈴木其一の「風神雷神図」が一堂に集まる…という目玉もあったりするのだが、こちらは10月下旬以降。今日見ることが出来たのは尾形光琳と鈴木其一のみ。
まぁ、宗達・光琳・抱一の揃い踏みは2年前の出光美術館で見ているし、それに、宗達の風神雷神はついこのあいだの「対決」展で見たばかりだし……というわけで、今回は会期後半にもう一度足を運ぶことはないでしょう(その頃にはものすごい混雑になっているだろうし)。

琳派とは、軽快なリズムだ。
「燕子花図屏風」も「月に秋草図屏風」も「鶴下絵三十六歌仙和歌巻」も、屏風や絵巻を五線だとしたら、そこに描かれる燕子花や秋草や鶴たちは音符だ。
宗達や光琳が紙の上に奏でるリズムは、目に楽しく、そして調和が美しい。

写真は琳派特集を組んだ最新号の「Brutus」(NO.649)
綴じ込み本として「琳派で巡る京都」が付いています。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rock_garden/51272283
この記事へのコメント
こんばんは〜。
琳派ってあこがれで、結構見に行っています。
関連書籍もかったりして。かっこよすぎの集団
ですよね。構図とか、いろいろ勉強になります。
僕は「酒井抱一」の作風が好きです。

根津美術館ってよかったですよね〜。なんどか
行きました。来年の10月に復活するみたいですね。
Posted by hayate at 2008年10月13日 23:55
>hayateさん
根津美術館は、早く復活しないものですかね。もうかれこれ、3年は経つのかな。。。
僕は、断然、尾形光琳(尾形兄弟)の面白さに惹かれちゃいますね。
作品もそうなんですが、彼の破天荒な生き方とか、本当にだらしなくてダメダメな人なんだけど、
その豪快さとか奔放さが、画にもよく表れているのが面白いです。
そんなダメダメな兄貴を持ちながら、兄貴を見捨てることもなく、
一緒に作品を作っちゃったりしている弟・乾山も、やっぱり常人ではないような懐の深さを感じますね。
Posted by 石庭 at 2008年10月16日 00:19