2008年10月21日

東福寺界隈〜光明院

覗き見る。



ここからも覗き見る。



視覚の演出。



またまた東福寺光明院。
この波心庭は、縁側に座って眺めるより、部屋の中から眺める方が楽しむことができます。
たとえば、部屋と縁側を仕切る戸。戸の上半分はすりガラスで視界を遮り、下半分で外の風景を見せる。さらに、一枚の戸の真ん中に枠を加える。
額縁庭園と呼ばれる庭は多くありますが、ガラス戸によって視界を限定して横長に見せることにより、まるで屏風絵のようにも見えます。
この写真は、さながら八曲の屏風絵をひらいたようです。

※写真をクリックするとちょっと大きな画像を表示します。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rock_garden/51278425